眞子さま「大正天皇例祭」に笑顔でご出席 秋篠宮殿下とは対称的なお振る舞いに物議


文/高山麻子

大正天皇例祭の儀に臨まれた陛下

25日、大正天皇の命日にあたり、皇居で「大正天皇例祭の儀」が斎行された。午前9時過ぎ、お住いの赤坂御所から皇居へと移動された陛下は、天皇の装束「黄櫨染御袍」に着替えられ、歴代天皇や皇族方が祀られる「皇霊殿」に拝礼された。11月8日の「立皇嗣の礼」で、代々の皇太子に受け継がれてきた「壺切御剣」を伝授された秋篠宮殿下も、紀子さまとともに装束姿にお着替えになり、昇殿し拝礼されたとのことだ。

また、小室圭さんとの結婚問題の渦中にある眞子さまも、この日の祭祀にはしっかりとご参列された。11月13日のお気持ち公表から、眞子さまを巡っては国民からの様々な懸念が上がる中、ご本人はそのような声を一掃されるかのように、努めて平静に、淡々と公務に励まれている印象を受ける。

装束に身を包む秋篠宮ご夫妻。殿下の険しい表情と紀子さまの笑顔は対称的。

ネットニュースの声

しかし、ネットニュースなどを中心に、国民からは次のような声が挙がっている。

〈お車代が出るのかな?家族総出で頑張ってますね〉

〈皇嗣としてのこの状況の考えを会見してもらいたい。男系に胡座をかいてるとご先祖さまに叱られますよ〉

また、眞子さまのご出席に関しては以下のような声が。

〈どうして、長女の眞子さまと、記載するのですか?存在感をだして、皇女創設の必要性のアピールですか?伊勢神宮の斎主は唯一の皇女であり聡明な愛子さまが相応しいと思います〉

秋篠宮家の公務については、このような声が上がり続けている状況で、宮内庁の電話も日々同家に対するご意見で溢れかえっているという。

秋篠宮殿下は悲痛な表情

このような状況の中、当日の秋篠宮殿下の様子を同家職員の一人が明かす。

「宮中祭祀は大変尊いものであり、天皇陛下のように澄んだお気持ちで望んで頂くのが理想なのですが、秋篠宮殿下の状況が状況ですから、終始浮かない顔でいらっしゃいました。来年も、眞子さまと小室圭さんの件が世間を賑わせ続けるのが確定している状況の中、殿下は『この件とはもうサヨナラしたい』というお気持ちでいらっしゃるのかもしれません。紀子さまとは、仕事上の会話を交わされるのみで、眞子さまや佳子さまとも距離を置かれていました。かつての穏やかで温かな秋篠宮家に戻っていただきたいです」(秋篠宮家の職員)

また、眞子さまのご様子について次のように話す。

「眞子さまは殿下と違い、とてもお元気でいらっしゃいます。殿下が公に結婚を認めると発表されたこと、小室圭さんの留学生活もラストスパートとなり、いよいよお二人での生活が目前になっていることが、眞子さまのお元気な様子に反映されているのでしょう。眞子さまは、皇女制度にも非常に前向きでいらっしゃいますから、国民に今のうちからご自身の大切さを知っていただきたいという思いなのかもしれません」(同前)

眞子さまの感覚と、国民の感覚の間には、大きな溝が生じているようだ。

1件のコメント

朝日新聞の【大正天皇】の本に載ってるホームレス風の男性の写真(28才の大正天皇?)と、今まで大正天皇とされる人物の写真が余りにも違っていて驚いた!!ので私も昨日記事にしたばかりでした。大正天皇とされる人の御真影はよく見たらイラスト(肖像画)!!明治天皇もイラスト!! 旧宮家の香淳皇后の血を引く平成天皇と今上天皇(浩宮様)は明治天皇・大正天皇より以前の日本人の皇統なので幼少時代のお写真も愛らしいし、何と言っても「身長」体格が日本人と同じ。しかし他の宮家(秋篠宮家など)は、明治初期から異常に背が高くて180cm超えで当時の日本人の平均身長160cmからかけ離れている!! 大正天皇の池沼の写真は「大正天皇 画像」でネット検索すると下の方に出てきて見られます。貴乃花・若乃花も次男の貴乃花に父親が輪島疑惑が有り、ダルビッシュの嫁の紗栄子も次男がヒモだったベビーシッターに生き写し!とネットに出ています。皇室も早くDNA鑑定されるべきと思います、それで天皇陛下(浩宮様)の正当性が示されたら、他の宮家の姫君(眞子さま・佳子さま)たちではなく、次は愛子さましかおられないのでは?

124
2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。