眞子さま「事実婚」を選択か 小室佳代さん「二世帯住宅」を軽井沢に購入!


文/伊藤友香子

2021年まで持ち越された眞子さまと小室圭さんの結婚問題。昨年12月10日、宮内庁の西村泰彦長官が小室家の「説明責任」に言及したが、今の所小室圭さん、佳代さん、代理人の上芝直史弁護士らの動きはない。昨年末、世間に嵐を呼んだ眞子さまの「結婚宣言」からの経緯を改めて振り返りたい。

眞子さまの熱い想い

とうとう眞子さまが“お気持ち”を発表された。11月13日の金曜定例記者会見で加地隆治皇嗣職大夫はメディアに対して配ったA4用紙二枚からなる文書がそれだ。「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と結婚への固い決意を表明された。また眞子さまは「両親の理解を得ている」と文中で述べられており、この意味について加地皇嗣職大夫は「結婚することについて理解を得ているということです」と補足した。

また同月20日に収録された、秋篠宮殿下の誕生日会見(30日公開)では、結婚について問われた殿下は「二人の結婚を認める」と述べたことがこれを追認した。もっとも「国民からの祝福が得られていない」ことから、秋篠宮殿下は“納采の儀”を執り行うことについては否定的な見解を示した。

「眞子さまは、❶“納采の儀”が執り行えるよう、国民からの信頼と祝福を勝ち取るまで待つという選択肢と、❷“納采の儀”を経ずに結婚を強行するという選択肢の二つがあります。どのような道を歩まれるのかは眞子さまのお気持ち次第になるのではないでしょうか」(全国紙社会部記者)

「結婚の行く末はどうなるのか?」と宮内庁に問い合わせても、「日程などは解りません。眞子さまのお気持ち次第」という回答が返ってくるだけだ。

佳子さまお誕生日のご近影。小室圭さんには美しき眞子さまが「札束の山」に見えるのだろう

眞子さまのお気持ちは?

結婚という選択肢を選んだ二人——だがそれがどのようなストーリーを描くのかは解っていない。秋篠宮殿下も今年の誕生日会見で「時期は本人たちが考えるだろう」と述べられ、突き放した形だ。秋篠宮家のオクに通じる関係者は、眞子さまの近況について次のように証言する。

「佳代さんの金銭トラブルも未だ解決しておらず、国民感情としてお二人の結婚を祝福するのは難しいでしょう。そのことは秋篠宮ご夫妻のみならず、眞子さまご自身も十分に痛感していると思います。ですが眞子さまにとって小室圭さんは、あらゆる意味で“はじめての男”です。今も小室圭さんへの熱い想いはいささかも揺らいでいません。

毎晩のように部屋からは圭さんと会話する声が聞こえます。盗聴対策で眞子さまは部屋の壁に吸音材を貼りつけていらっしゃいますが、それを通り越して“熱い声”が毎晩のように廊下まで響いています」(秋篠宮家のオクに通じる関係者)

小室圭さんがフォーダム大学へ留学して2年以上も二人は逢っていないが、その熱い想いは揺らいでいないようだ。元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように推測する。

「来年10月に小室圭さんはNY州の弁護士資格を取り帰国予定です。その後は眞子さまはお忍びで小室圭さんと“同棲生活”されると思います。さすがに国民から総スカンされた状態での結婚には勇気がいります。ですから皇族の身分を捨ててまで“突然結婚”ということにはならないと”信じています。そんなことをしたら秋篠宮家の威厳が揺らぎますから、両親も必死に説得されるでしょう。

眞子さまとしても秋篠宮家としても“社会的責任”を果たす義務がありますし、それを果たしたいと誠実に思われているに違いありません。

ですから駆け落ちに近い形で、事実婚を選択肢として取られるのではないかと思います。つまり日本国内どこかに住居を購入し、そこで休みの日は小室圭さんと事実婚生活を。仕事のある日だけは東京に戻って公務をするといった具合です。こうすれば国民感情を不用意に逆撫ですることなく、お二人の甘い生活が過ごせるというわけです。その次はご懐妊の一報が、結婚のきっかけになるのではないでしょうか?」(小内誠一さん)

国民の眼から逃れて国内に生活できるかは疑わしいが、佳代さんも雲隠れしたままで何とか生活できている。皇室の財産をつかえば、ステルス二重生活も不可能ではないだろう。

佳代さん二世帯住宅を購入

まさに「賽は投げられた――」という状況だ。だがその賽を握っているのは、秋篠宮ご夫妻でももちろん国民でもなく、眞子さまと小室母子が握っているようだ。何とその佳代さんが、謎のパートナーと軽井沢に出没しているという目撃談が相次いで寄せられた。

「サングラスとマスクをかけていましたがあれは佳代さんに間違いありません。隣にいたパートナーの方も、『カヨたん』『カヨっち』と親しみを込めて呼んでおられました。

お二人が軽井沢にこれらた理由はずばり別荘の購入のようです。奥まった場所にある300坪の別荘購入を真剣に検討されていました。国内ではどこに行っても目立つため、人気のない軽井沢に安住の地を求めているのかもしれません。すでに購入されたという情報も入ってきています」(軽井沢の不動産業N氏)

小室佳代さんが京都や葉山、軽井沢など、皇室ゆかりの地に出没していることは様々なメディアがすでに報じている通りだ。このN氏の証言と、先ほどの秋篠宮家関係者の証言をあわせるならば、もしや小室圭さんと眞子さまが事実婚生活を送るための住居を、佳代さんは探していたのかもしれない。

平成と令和、二つの時代を股にかける仰天事件。小室圭問題は11月30日の秋篠宮殿下の誕生日会見で再び動き出す。


3 件のコメント

  • 400万円の返済できないパートのご婦人と無職の息子がどうやって軽井沢の物件を購入できたんでしょうね。

    176
    2
  • 佳代さんの新パピーと眞子様と一緒に暮らす二世帯だよね。

    皇室特権狙いの新パピー、何が目的なのか考えると恐ろしい。
    ショーライノテンノーのご親戚になりたいよね。

    76
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。