小室佳代さん「香典強奪事件」で取り押さえ 眞子さまも愕然…圭さん「祖父の自殺」一部始終

Princess Mako's fiancee, Kei Komuro, answers questions from the media a day after their engagement news was announced, on May 17, 2017, Tokyo, Japan. Local media reported early this week that Princess Mako will marry her former classmate at International Christian University in Tokyo. According to the Imperial House Law, the granddaughter of Emperor Akihito will become a commoner once married. (Photo by Rodrigo Reyes Marin/AFLO)

文/佐藤公子

眞子さま結婚延期問題

眞子さまは11月13日に、延期が続いている小室圭さんとの結婚について文書を発表し「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と強い意志を滲ませた。憲法24条で保障されている通り、結婚は両性の合意によってのみ成立するから、眞子さまと小室圭さんが「今もなお結婚する気満々」である以上、破談の可能性は露に消えたといってもよい。

ただし秋篠宮家が「イエ」として二人の結婚を容認しているわけではない。今月20日、秋篠宮殿下は11月30日に公開される誕生日会見の収録に臨まれ、そのなかで「二人の結婚を認める」と明言しながらも「結婚と婚約は別問題」「現在、多くの人が喜んでくれる状況にあるとは認識していない」と語った。

「今回の秋篠宮殿下の言葉の背景には、2018年11月の誕生日会見で仰った『多くの人が納得し、喜んでくれる状況にならなければ、納采の儀(正式な婚約)を行うことはできません』があると思います。現状、小室家は課題となっている金銭トラブルについて、秋篠宮殿下が求めた『それ相応の対応』をとっていません。ゆえに憲法の精神を重んじ結婚は認めるが、イエが執り行う“納采の儀”(婚約)については認めないというカタチで決着をつけたいのでしょう。眞子さまも“結婚強行”を覚悟しているものと拝察いたします」(宮内庁OB・小内誠一さん)

だが“納采の儀”を経ずに結婚となれば、近代に入ってから初めての「異例の事態」になる。同じく宮内庁OBの山晋司下さんも「結婚に伴う一連の儀式を経ずに婚姻届けを提出することで皇籍を離脱されるという前代未聞のことになるだろう」と自身のブログに綴っている。

隷属の眞子さま

小室圭さんがフォーム大学に留学のため渡米したのは2018年8月のこと。それから2年以上のあいだ眞子さまと小室圭さんは離れ離れだが、2人の愛はより一層強固なものになったといえる。『週刊新潮』2020年11月26日号では、精神科医の片山珠美さん(ラカン派精神分析)は、眞子さまが小室圭さんの「言いなり状態」にあると指摘している。

「眞子さまは、ご両親や国民よりも、小室母子の言葉を信じています。懸案の金銭トラブルについても、小室家側の説明を信じ『あれは贈与!贈与!問題ない!圭くん大好き!しゅき~!佳代お義母さまのことを心から尊敬しています!』と何度も絶叫されておられます」(秋篠宮家職員)

だが問題は金銭トラブルだけではない。それを期に明らかになった小室家の「本質」が国民に問われている。筆者は小室圭さんの母・佳代さんの金銭トラブルが明らかになって以来、取材を続けているが、その闇の底はいまだ見えていない。

今回紹介したいのはいまだよく知られていない、小室圭さんの父方の祖父・善吉さんの「自死」についてだ。小室家では三人の連続自殺が報じられており、本サイトでも父・敏勝さんの自殺現場を訪れるなど特集を組んできた。

今回は第二の「自殺」である父・善吉さんの最期を追ってみたい。

小室家の菩提寺を訪れる

「ここは小室本家の菩提寺でもあります。このお墓も、佳代さんではなく、敏勝さんの母が建てたものです」

そう言って小室家の近縁者Xさんは、藤沢市善行坂の某寺院にひっそりと佇む小室家の墓を見せてくれた。そこには小室圭さんの父・敏勝さんの名前がしっかりと刻まれていた。X氏は当時のことを次のように振り返る。

「敏勝が自死したと連絡があり、(敏勝さんの父)善吉さんは(本家の)すぐ近くに住んでいたので、一族郎党が小室本家に召集されました。憔悴しきった善吉さんに代わり、本家当主の蔵造さんが『嫁の佳代さんのせいで、敏勝が追い込まれてしまったようだ。せめて遺骨だけでも取り返そう』と述べ、その場全員の同意が得られました。

敏勝さんのお通夜で佳代さんが開口一番『葬式するカネがない』と言い出したので、葬式代一式を実家が負担することで、お墓を本家の菩提寺に建てる交渉はすんなり進みました」(小室家の近縁者)

既に別の記事で紹介したように、小室家は当時かなりの金欠状態だったことは間違いない。これは住宅ローンの返済が全く進んでいなかったことからも裏付けられる。小室母子が住む横浜のマンション登記簿を調べる限り、

小室家の墓。整備が行き届いており、故人を熱く偲ぶ小室本家の誠実さがうかがえる。

香典受け取りと喪主の“仰天行動”

その後、敏勝さんの葬式は横浜のマンション近くの葬儀会場で滞りなく執り行われたという。だが、小室佳代さんの“仰天行動”が起きたのは告別式の日のことだ。

「佳代さんと善吉さんの間で“香典”の取り扱いについて口論になりました。善吉さんと小室本家は『お坊さんたちへのお布施を含め、葬儀代はこちらが出しているのだから香典の幾分かはこちらで会計したい』とお願いしたのですが、佳代さんは『香典は喪主のものです!まして、今は金欠で大変なので、びた一文たりとも渡せません!』と強く主張しました。

その場には佳代さんのご実家の方々よりも、小室本家の近縁者のほうが多くいました。小室本家は地元でも有名な大地主であり『小室家』という強い結束意識があります。

そのため佳代さんは、多勢に無勢と思ったのでしょうか、その場はおとなしく『一考します』と引き下がりました。ですが、お斎の準備で慌ただしくしている隙に、佳代さんは金庫に入れられた香典を強奪して猛ダッシュで走り出したのです。敏勝さんの遺骨を置いたままにしてです! 慌てて本家の縁者が佳代さんを追いかけ、駅近くで“取り押さえた”のですが、既に香典は佳代さんの口座に入金されてしまった後でした」(同前、小室家の近縁者)

香典の扱いをめぐりご遺族で揉めることはよくあることだ。確かに佳代さんの主張通り、裁判例によれば、香典は喪主に贈与されたものになるらしい。だが世間の常識というのものは、時として法律だけでは計れない。まして、葬儀代費用を一切負担せず、香典を持ち逃げしてしまう喪主とは未聞だろう。

「香典と共に消えてしまった佳代さんに、小室本家関係者一同、大激怒だったのですが、角田家(佳代さんのご実家筋)は『佳代さんの気持ちもわかってやれや』とどこ吹く風。こういうやり取りがあったため、小室本家は、佳代さんのご実家との関係は極めて険悪なものになりました」(同前、小室家の近縁者)

失意の善吉さん

このような佳代さん(および角田家)の振舞に、心痛を極めた故に善吉さんは自死に至ったというのがこの近縁者Xさんの推測だ。

「お斎の席では喪主だった佳代さんの姿はなく、恥をかかされた善吉さんは失望のあまり倒れてしまいました。佳代さんへの不信感と憤りは筆舌に尽くしがたいものがります。

おそらくこれが原因になったのでしょう。一連の葬儀が終わるや善吉さんは自宅で首を吊りました」(同前、小室家の近縁者)

驚くべき小室佳代さんの行動力——。そんな小室家と近縁になろうとしている秋篠宮家は一体何を思うのか。


9 件のコメント

  • これで内親王を結婚させるとおっしゃった秋篠宮は何を考えておられるのか。皇族の矜持ゼロの秋篠宮御一家。
    自由を希求する御一家なので、皇籍離脱をなさったほうが宮家にとっても国民にとってもベストではないでしょうか。

    皇籍離脱の場合は、一人頭1億5千万として5人分で7億5千万が手に入りますから、それを元手に生きていけるでしょう。支援者もいるかもしれませんし。

    345
    2
  • 小室佳代の実家の角田家っていったいどんな家たのだろう。
    先祖代々は勿論、親戚一同調べてもらわないといけないですね。
    恐らくろくでもない一族なのだろうけど。

    341
    1
  • 今年も宜しくお願い致します。

    拝読しながら、立派なお墓を拝見しながら、
    切なくなったり、怖くなったり悍ましくなったり、どんな気持ちでお父さん、ご両親が亡くなったのか…と思うと悔しくてやり切れませんでした。涙が出ます。
    小室家は心優しく、きっと穏やかな一族なのです。

    角田家のあの母子は全て、お金に関しても、また人間性を見ても絶対に皇室とは関わってはいけない方々です。そして、反社との繋がりがあるだなんて普通の家庭では知り合う事すらあり得ないのに、お付き合いがあるのですよね。その世界の方と生きて欲しいです。
    眞子さまも、どうしてもと仰るなら、皇籍離脱して一般庶民になる事です!
    あれもこれも手に入れる、とは虫が良すぎますよ!国民は決して諦めません。国民をバカにしないで頂きたい!

    229
    1
  • 佳代さんの弟どうしたの?
    何処でどうしているのかな?
    週刊誌も追わないのかな?不思議?
    そういえば、九州から一家総出で横浜に来たという
    ご親戚とは何繋がりなんでしょうか?

    206
  • オータムが亡くなった後も、同じような事が起こるでしょうね。
    今度は桁違いに額が大きいから,
    大喜びのk与さん親子

    145
  • こんなにすごい一族と結婚したい眞子さんは尋常ではないと思います。それを認めた秋篠宮家は全員皇籍離脱したほうがよいと思います。皇太子がしていた公務も信子様に丸投げの秋篠宮ですから高円宮家や三笠宮家等の他の皇族の方もその方がいいと思います。コロナで国民が大変な時34億の豪邸を建てたり豪華な衣装ばかり作るだけの自己中家族ですから

    173
  • 結婚してしまえば、角田家も皇室の親族だから、皇居に住めるのでは?紀子さんと同じですよ。特権。特権。なんでも特権で出来ますから。特に秋篠宮家は家族には、なんでもOKでは?

    131
  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。