眞子さま「結婚裁可」求め、両陛下に直談判 “焚き付けた”紀子さまの一言とは


文/伊藤友香子

秋篠宮殿下の結婚許可宣言

2021年も続く眞子さまと小室圭さんの結婚問題。昨年11月20日に行われた秋篠宮殿下のお誕生日会見が波紋を呼んだ。秋篠宮殿下は、長女眞子さまのご結婚に関する記者からの質問に、「結婚を認める」とはっきりと宣言されたのだ。

(記者)眞子さまは11月13日に発表された文書で、「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択」と現在のお気持ちを明らかにされました。皇嗣職大夫は会見で、両殿下が「お二人のお気持ちを尊重された」と説明しましたが、「お気持ちを尊重」とは具体的にどういうことなのか、今後のスケジュールや見通しと共にお聞かせください。(中略)

(秋篠宮殿下)それは結婚することを認めるということです。これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています。

秋篠宮殿下 会見より

昨年の誕生日会見にて、秋篠宮殿下は公の場で初めてご結婚を認める発言をされた。「結婚することを認めるということです」という殿下の一言に記者会見の会場は一時騒然となったという。

「今回の会見では、ご結婚に関してある程度踏み込んだご発言がなされるものと期待されてはおりましたが、殿下がここまではっきりと結婚を認めると発言されたことに会見に訪れた記者らは大変驚いていたようです。

また、殿下は、結婚を認めるとご発言された一方で、“多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない”とも仰られました。

殿下のお言葉からは、結婚は認めるしかないという諦めと、それでも結婚は賛成できないというお気持ちとの間で深い葛藤を抱かれている様子が伝わってきたそうです」(全国紙社会部記者)

ついに結婚を認められた眞子さまと小室圭さん
一方で、「多くの人が納得し喜んでくれている状況ではない」ことも事実だ

眞子さまは天皇皇后両陛下へ直談判

秋篠宮殿下は会見の終わりに、「結婚と婚約は違います」と述べられ、さらに、ご自身は結婚に賛成されていないとして「結婚については(中略)両性の合意のみに基づくということがある以上、そうでないというふうには私はやはりできない」とも仰られた。

「殿下は会見の中で、結婚を許可すると発言された一方、小室圭さんの借金問題に関して、目に見えるかたちで納得できる対応を取っていない、として非難するご発言もされております。

また、ご結婚の許可に関して、憲法上の“婚姻の自由”を持ち出して、ご自身にはどうしようもないという主旨の発言をされました。これは、苦渋の決断であったというアピールだったようですが、見方を変えれば、責任逃れの発言であるとも解釈できるでしょう」(前出の社会部記者)

このように、秋篠宮殿下がご結婚に関して、厳しい見方を示される中で、眞子さまはご結婚を広く国民に納得し、祝福してもらうために驚くべき手段に訴えられたようだ。

「おそらく、眞子さまは、秋篠宮ご夫妻に結婚に賛成して頂くことは難しいと判断されたのでしょう。

そこで、現在では作戦を切り替えて、秋篠宮ご夫妻ではなく、天皇皇后両陛下に結婚を認めていただくよう様々な手段に訴えられているようです」(皇嗣職)

眞子さまは、昨年11月29日に行われた日本の議会開設130年を祝う「議会開設130年記念式典」に、天皇皇后両陛下と共に出席されたが、そこでなんと両陛下に対して、結婚を裁可を下していただくために直訴されたそうだ。

「式典では、天皇陛下がお言葉を述べられた後に、退席されたのですが、その直後に眞子さまは雅子さまに縋り付き“助けて~、圭くんは素敵な人なんです!”と泣きつかれたようです。

突然泣き出す眞子さまのお姿に雅子さまは困惑しながら“突然どうしたのですか?”と聞かれたところ、眞子さまは“天皇陛下に結婚の裁可を下していただきたいのです”と述べられたそうです。

もちろん、それほど重要な問題についてその場で決断を下すことなどできませんから、両陛下は“眞子さん、落ち着いて。また今度ゆっくり話しましょう”といって宥められたようです」(前出の皇嗣職)

雅子さまへ責任押し付ける紀子さま

実は、今回眞子さまが両陛下に対して、突然こうした要求をされた背景には、ご結婚問題にの責任を雅子さまへ押し付けてしまおうという紀子さまの思惑が関係していたようだ。

「秋篠宮殿下は、会見にて結婚を許可する発言をされましたが、ご夫妻は共に眞子さまに対しては、“もう勝手にしろ、自分たちは婚約も許さないし、納采の儀も行わない”と宣言されているようです。なので、現在、眞子さまはどうすれば良いのか途方に暮れておられます。

そうした中、眞子さまは、紀子さまに対して“どうすれば良いのですか?”と質問されたのです。すると、紀子さまは“雅子さんになんとかしてもらえば。私よりあの女の方が偉いのですから、あちらを”と仰られたそうです。

そこで眞子さまは、“それならば”と今回、両陛下と同席される機会を活用し、思い切って直談判をされたのでしょう」(同前)

現在、天皇皇后両陛下は多くの国民からの絶大な信頼と尊敬を得られている。眞子さまも、そんな両陛下からご結婚の許可を得られれば、万事上手くいくと考えられたのだろう。

秋篠宮殿下は正式な婚約の手続きを許可しないということも述べられたが、一方眞子さまも思い切って婚姻届けを提出し小室圭さんと駆け落ちするだけの決意はされていないようだ。おそらく、今後も、この問題を巡って皇室内では、今回と似たような様々な混乱が発生しそうだ。

4件のコメント

両陛下はまったく関係ありません。
平成の間に散々ないがしろにしたくせに、いまさら何を言い出すかと思えば。
皇室はあなたちのいるべき場所ではありません。
憲法談義をしたいなら、まず一家そろって皇籍離脱してください。
いくらでも自由に結婚できます。
国民はそうやって婚姻の自由を得ています。

473
1

紀子さん、貴女は母親です!責任を皇后陛下に転嫁しては行けません❗️例え先に妃になったからといえ『御位』が違います❗️あの女❓恐れ多くも義姉であり天皇家の頂点である天皇陛下の御后様です!一宮家の妃と同じ言葉遣いや悪知恵を使うのは恥❗️と知りましょう!娘の結婚は親である秋篠宮ご夫妻で解決すべき問題です!何時も誰かに解決してもらっていた『付け』が返って来てるんですよ!一度位は真剣に眞子さんの事について考え解決して下さい‼️天皇家を巻き込む事のないよーに‼️其れから皇女は『敬宮愛子内親王殿下』だけである‼️と頭にインプットしておいて‼️

342

天皇陛下皇后陛下を巻きこむな。
親子そっくり。品格、気品のないはりぼて皇族

343

本当に秋篠宮一家の恥ずかしげも無い言動には、最早常軌を逸していますね。
実の両親で有る秋篠宮夫妻が解決しなくてどうするのですかね❔❔
紀子さんは、何としてでも雅子皇后に責任転嫁をして、ほくそ笑みイチャモン付ける気なのが見え見えですわね。

大体、平成時代に前天皇夫妻から初孫として特別に可愛がられていたのですから、前天皇夫妻と秋篠宮夫妻で解決しないと駄目ですよね。
高齢者と謂えども、雅子皇后や天皇家に対して要らぬ苦言を呈するだけの元気がお有りなんだから、逃げるのは許されませんよ❗

人格者の徳仁天皇雅子皇后には、絶対に擦り付けるな❗❗と叫びたいです。

254

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。