秋篠宮さま「結婚容認」の裏にあった、小室圭さん“号泣電話2時間”「オレの人生を返してくれ」


文/伊藤友香子

秋篠宮殿下がお誕生日を迎えられる

昨年11月30日、秋篠宮殿下が55歳のお誕生日を迎えられた。「立皇嗣の礼」が11月8日に挙行され、11月23日には「新嘗祭」で初めて昇殿し、天皇陛下とともに祭祀を執り行った秋篠宮殿下。本来ならば、多くの国民からの「秋篠宮家万歳!」の祝福を受けて、晴れやかなお顔をお見せくださるはずだった。しかし会見での殿下のお顔は以前よりも一層おやつれになり、終始緊張感を漂わせながらお言葉を発された。

秋篠宮殿下は記者から「13日の眞子さまのお言葉を受けて、皇嗣職大夫の加地隆治氏から『ご夫妻はお二人の気持ちを尊重された』と説明があったが、これは具体的にどういうことか」と問われ、以下のようにお答えになった。

それは結婚することを認めるということです。

これは憲法にも結婚は両性の合意のみに基づいてというのがあります。本人たちが本当にそういう気持ちであれば、親としてはそれを尊重するべきものだというふうに考えています。

秋篠宮皇嗣殿下お誕生日に際し(令和2年)

一方で、「殿下は以前(2018年11月)の会見で“多くの人が納得し喜んでくれる状況”が納采の儀を行う条件とされたが、この条件は満たされたとお考えなのか」と問われると、「あくまで私の主観であるが、そういう状況にはない」ともお答えになった。

秋篠宮殿下。記者会見でのご発言には、記者団からのどよめきが上がったという

小室家の一件

眞子さまの婚約延期の発端となったのが、お相手の小室圭さんの母・佳代さんと、その元婚約者との間に起きた金銭トラブルにあることは周知のとおりだ。結婚延期が発表されてから2年10ヶ月が経過した中でも、当事者間での話し合いは平行線をたどっている。小室佳代さん側は、金銭授受に関して「贈与」と主張、一方の元婚約者側は「貸与」との主張を崩さず、11月にはこの金銭の一部、約20万円に関して「消滅時効」を迎えた。

このような状況の中で、秋篠宮殿下が「結婚容認」を口にされたことは前言撤回に等しい。ある皇室ジャーナリストは次のように話す。

「国民の多くが望むのは、眞子さまの笑顔とお幸せです。それは、秋篠宮ご夫妻にとっても同じことでしょう。これまで、小室圭さんの米国フォーダム大学留学までの経緯、特に、メガバンクへの入社、眞子さまのフィアンセと名乗り、同大の最高峰の奨学金を獲得したことなど、国民は彼に対して“皇室利用で特別待遇を得ようとする人物”とのイメージを持っています。

金銭トラブルに関しても、あくまでも母・佳代さんのプライベートな問題ではありますが『解決済み』と一方的に主張し、国民から理解を得ていこうという努力がイマイチ見えない。秋篠宮ご夫妻はなぜ、問題が片付いていない段階で、眞子さまのお気持ち発表を許可されたのか、また、2018年の殿下ご自身の発言を翻し、結婚容認宣言をしなければならなかったのか。その解釈をめぐり、物議を醸しています」(皇室ジャーナリスト)

小室圭さん「オレの人生を返してください」と迫る

多くの国民が、秋篠宮ご夫妻には眞子さまの説得を、眞子さまには状況を冷静に見つめ直すことを期待していた中。眞子さまの「お気持ち発表」と、殿下の記者会見での「結婚容認宣言」は、いわば国民への裏切りだ。なぜ「国民の意見を大事にする」と言われる秋篠宮家が、人々の想いを軽んじてまで、結婚容認発言をしなければならなかったのか。ある皇嗣職は、その内幕を次のように話す。

「小室圭さんは、眞子さまとの交際のかなり初期から秋篠宮邸に出入りし、ご夫妻や佳子さま、悠仁さまとも家族ぐるみのお付き合いをしてきました。秋篠宮殿下は当初から小室圭さんを高く評価していましたし、将来は眞子さまとともに皇族として様々な公務に携わってもらい活躍して欲しいと願われていました。実際に小室さんに対して、女性宮家創設の可能性が高いことを説明し、『皇室は色々と息苦しいこともあるが、苦労はさせないから眞子と悠仁を頼むよ』とおっしゃったこともあったそうです。

こういった殿下の発言は、一人の国民の人生を左右することに等しい。小室さんもその殿下の発言を信じて、メガバンクを退職、さらなるキャリアアップに挑戦した面もあるでしょう。殿下が過去に小室さんに話した内容を翻して破談を言い渡せば、小室家側はこれに強く抗議してくる可能性が高い。実際に、この3年間度々小室母子から殿下の発言を“録音”したものをちらつかせられ、『私達の人生はあなたによってめちゃくちゃにされた!俺の人生を返してくれ』と電話を通し2時間にわたって号泣されながら迫られてきた経緯もあるようです。殿下は少し軽薄なところがあるものの、心が優しいお方です。ご自身が小室圭さんに言った『一生安泰だと思って』との発言の責任を取るために、お二人の結婚を許可せざるを得なかったのではないでしょうか」(皇嗣職の一人)

8件のコメント

どっちもどっち。似たもの同士で、中身も変わらないから、結婚させても良いのでは?秋篠宮と紀子さんだってそう、変わりはないでしょが!どうせ、好き勝手な生活するんでしよ?似たもの同士でお似合いです。両家、ご家族もそっくりさんですから問題なし。

117
58

秋篠宮御一家が、皇室離脱して一般人としてなら大賛成です。
皇室に、更に大きくなったタカリ一族が居ましたら税金の無駄遣いです。

319
1

結婚していただいて構いません。
ただし、皇嗣は返上して、一家で皇室を離脱してください。その後は女性天皇、旧宮家復帰、養子、最悪は令和で終了など、国民がしっかり考えます。

秋篠宮は若いころから自由奔放に過ごし、皇室特権を利用して国民を愚弄しただけでなく、少し立場が変わると、とたんに天皇陛下への諫言など数々の無礼を働き、世が世ならば流刑の憂き目にあったとしてもおかしくありません。
紀子さんが若いころご実家のアパートのベランダでたそがれている写真が最近出回っていましたが、想像以上の貧相さでドン引きしました。徳川将軍家ですら正室にはなれないレベルの身の上で、皇室に裸一貫で上がりこみ、妃殿下と呼ばれ、国母だと威張るとは小室家とたいして変わらないのではと皆思っています。もし、万が一、今後皇后陛下と呼ばれる身分になったとしても、国民の多くはその後ろにあるあのたそがれたお姿を常に重ねながら、陰で嗤っているのです。

何事にも、ほどほどとつり合いが、つまり、「身の丈にあった」結婚をされることが後々肝要かと・・・

297

そうですね、両家とも、とてもお似合いです。

ただし、皇室を離脱されてからお願いします。

291

紀子妃を迎えてからこれまでの秋篠宮夫妻のお振舞いが、
因果応報となって返ってきているのではないでしょうか?

真に天皇皇后両陛下をお支えする気持ちでいらっしゃるなら
小室家との因縁もなくなるのでは?

265

日本版エプスタイン事件と言われたプチエンの「皇族A」の噂があった頃、これと並行して『パパ大好き』というビデオ(秋と13歳の馬を撮ったもの)があるというのも同時に出ていました。最近秋家の職員らしき方からの情報がネットに上がり、秋家にその時できた娘が住んでいる(あのゴミ袋ガウンにあった「ゆう」?)とのこと。これが事実なら、眞子は被害者ということになります。これが小室、そして眞子が握っている爆弾ではないかと思います。これが公になれば秋篠宮は破滅です。美智子もそれを分かっているので、小室を優遇せざるを得ない。
しかし、小室を皇族扱いし続け、血税を使い続けるくらいなら、この秘密を暴露してもらった方がはるかにましです。皇室にとっては再起不能なくらいのダメージでしょうが。

32

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。