眞子さま「本当の悲劇のヒーローは圭さんです」 元婚約者X氏の告白に猛反論


文/高山麻子

眞子さまのご結婚

昨年11月13日、小室圭さんとの結婚について改めて現在のお気持ちを発表された眞子さま。11月30日には秋篠宮殿下のお誕生日に伴う記者会見が公開され「結婚の意志を認める」という発言も飛び出した。同日発売の『週刊現代』では、小室佳代さんの元婚約者X氏の「お金の返済は求めないので、どうか幸せになってください」とのインタビューが掲載され、表面上、この件の障害は無くなった形だ。昨年12月10日には、宮内庁の西村泰彦長官が小室家の「説明責任」について言及。あとは、小室圭さんや佳代さんが記者会見などを通じて国民にこれまでの経緯を理解してもらう段階に入ったものと思われていた。

一方、小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士は、この元婚約者の告白に猛反論をしている。『女性自身』(2020年12月27日配信)によれば、X氏は交渉の前段階の双方の認識をすり合わせる時点で、応答が鈍くなり、むしろ誠実に話し合いを行おうとしていたのは小室家側であると主張している。

更に上芝氏は「2019年1月、小室圭さんは文書を公表時し、双方が十分に理解し納得した形で解決することを目指していた」として、X氏が最初から話し合いのテーブルに着かず、金銭の返済の必要性についても認識の食い違いを埋めることも出来ないまま、一方的に話を都合よく終えてしまったとしているのだ。

眞子さまもX氏の告白に衝撃

ある秋篠宮家の職員によれば、眞子さまもX氏の独断での暴走には動揺されているという。

「眞子さまは、小室圭さんの誠実さや真摯な訴えが国民に正しく理解されて、『小室圭は素晴らしい好青年。有能で勇気ある誠実な人物だ』と祝福されることを望んでいました。なので、元婚約者が『幸せを祈っている、金銭の返済を求めない』と言ったことについては、まるで元婚約者が悲劇の主人公のように感じられて、違和感を感じられているのです。『本当の悲劇のヒーローは圭くんです。X氏はなぜ一人で嵐を起こして美談に酔いしれているの?』とおっしゃっています」(秋篠宮家の職員)

この件について、皇室ジャーナリストの木下聡氏は次のように話す。

「元婚約者のX氏の独占告白により、小室家についての印象が“追い込んだ方”に傾くことになった。眞子さまとの結婚を人々に理解してもらうには、小室家のイメージを好転させる必要がある。そういった意図があって、『むしろX氏の方が不誠実な対応を繰り返してきたんですよ』と主張したいのでしょう。もちろん真実が明らかになり、小室母子が逆転勝利という結果になる可能性もわずかに残されていますが、今の段階では、人々のイメージをひっくり返すには弱いと感じますね。すでに小室圭さんへの懸念は金銭授受に関することだけでなく、皇室利用による留学や就職の経緯というところにまで広がっていますから、これらについてもしっかりと説明する必要があるでしょう。眞子さまにも、秋篠宮殿下にも言えることです。ここまでの問題に発展した以上は、国民の納得と理解を得られるように、今後の皇室を信頼して良いのだと思わせるような、しっかりとした説明があって然るべきだと思います」(皇室ジャーナリストの木下聡氏)

「彼は誠実で優しい人」眞子さまの目には小室圭さんがそう映っている

2件のコメント

眞子さん、自分の主張を貫いて美談に
持っていこうと躍起ですがもう、あなたの人間性に納得する人はいるのでしょうか?日本死ね❗️国民は虫酸が走る!何ていいながら更に血税で自分が6000 万も豪遊して婚前旅行したり小室に大金貢いだ説明がまだです、履き違えていませんか ❗️

313
1

お金を貸してくれた人が週刊誌の求めに応じて話してくれたことに、むしろ感謝すべきなんじゃないでしょうか。私はそう思いました。

皇室なら身元調査をしていると思ったのですが、秋篠宮は全くそんなことをなさらない。一般人なら興信所は高いので親が近所まで行って見て回ったり話を聞いたりするものですが、そんなことは宮内庁がやってくれるものだと思っていました。

こんな話が出てきたら、私が親だったら結納を交わす前で良かったと心底思います。本人ははじめは悲しむかもしれませんが、時間がある程度たてば理解するのが普通です。

秋篠宮家の皆さまの常識外れぶりには驚くばかりです。

223
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。