雅子さま、愛子さまが語られた「東宮バッシング」とは 「過去のことを申し訳なく思っている」の真意


文/高山麻子

ユーモア溢れ、笑顔の絶えない天皇ご一家

12月1日、19歳のお誕生日を迎えられた天皇皇后両陛下の長女・愛子さま。当日には、お誕生日のご近影が公開された。中でも注目を集めたのは、2009年に、生後二ヶ月で譲り受けた保護犬「由莉」とのツーショットだ。

「雅子さまは1998年のお誕生日記者会見で、由莉の先代の愛犬“まり”と“ピッピ”について『今、犬がおりますけれども、この、犬がいるというのも夫婦の仲にとって、とても良いように思います。よく“夫婦喧嘩は犬も食わぬ”と申しますけれども喧嘩の種は割とよく拾って食べてくれるような気がいたします』とお話されたことがあります。

また陛下も、犬のリードを腰に繋いでジョギングしていた際に『運悪く犬が猫を見つけてしまった暁には、大変、引っ張られることがございます』ととてもユーモラスに語られています。本来とても朗らかで楽しく、笑いの絶えないご家庭である天皇家を、実によく表していると思います」(宮内庁OB小内誠一氏)

愛子さまは12歳の頃、学習院初等科の卒業文集に「動物たちの大切な命」という作文を寄せられ、その中で次のようなメッセージを綴られている。

《私はこのような、人と動物の絆の素晴らしさや、命の大切さを広く伝えていかれたらよいと思います。そして、犬も猫も殺処分されない世の中の実現に向けて、たくさんの人に動物の良さが理解され、人も動物も大切にされるようになることを願っています》

「愛子さまにとって12歳の頃は、お母様のことや報道のことで、最も大きな壁にぶつかっていた頃でした。お辛いときでもユーモアを忘れすに、笑顔で朗らかにご成長された背景には、動物たちとのふれあいにより学ばれた、生きとし生けるものすべてへの敬意という、深い洞察があったように思います」(同前)

愛子さまと愛犬の『由莉ちゃん』

東宮バッシングの思い出

素晴らしい絆と愛で結ばれていた天皇ご一家が長い冬の時代に入ったのは、2003年12月頃のこと。雅子さまが帯状疱疹を患われたことをきっかけにしてだった。帯状疱疹の主な原因は疲労やストレス、加齢などによる免疫力の低下で、雅子さまはこの時公務を春頃までお休みすることになった。

「当時の皇太子一家は、宮内庁内部や上皇両陛下などからの「お世継ぎづくり」の圧力に苛まれておられました。愛子さまのご誕生という、陛下と雅子さまにとってはこの上ない喜びも、皇室内ではむしろ『早く男児を出産しなければ』という声を高めるきっかけになりました。

初めての育児、本来味方であるはずの、皇室内部からの心無い声、美智子さまの視線、雅子さまが次第に追い詰められていったことは明白です。そして、体調が安定せず、長期療養せざるを得なくなりました。それから、週刊誌などを中心にいわゆる“雅子さまバッシング”が激化し、そのあおりは娘の愛子さまにまで飛び火することになったのです」(同前)

数ある週刊誌報道の中でも、特に雅子さまが傷つかれたのが『週刊新潮』(平成22年6月10日号)に掲載された「イジメっ子対策で「給食に向精神薬を混ぜては」と提案した「東宮」」との記事だ。東宮時代のご一家に仕えた元職員のAさんはこう話す。

「陛下と雅子さまは、当時から一般生徒の父兄とも親しく交流されていらっしゃいました。それだけに、この記事をご覧になった際にはとても驚かれて『一体誰がこのような話を…』と絶句されていました。その事をよく覚えています。本来雅子さまはとてもまっすぐなお方で、人を疑ってかかるということをなさりません。長年に渡る苦しい境遇が、雅子さまを追い詰めてしまったのでしょう」(Aさん)

愛子さまの慈悲深いお心

このような冬の時代は実に15年近く続いた。一方で、幼かった愛子さまが聡明で素晴らしい皇女として成長されていることは誰の目にも明らかで、次第に東宮バッシングは勢いを失っていった。2018年5月に「令和」が始まると、雅子さまは早速、外交官としてのご経験と、元々のお優しくユーモアあふれるお人柄を存分に発揮され、皇后として輝かしいご活躍を見せられた。すでにご一家を阻むものは何もなく、人々は次第に平成時代の報道の異常性を認知していった。

雅子さまと愛子さまは今、過去の事をどのように思われているのだろうか。天皇家の内情に通じる皇室ジャーナリストは次のように話す。

「ご一家は、過去のつらい経験を振り返られることが殆どないようです。正確には、過去を思い出して悲観されるようなことがない、と申しましょうか。雅子さまは即位礼関連行事で何度か涙を拭われる場面がありましたが、そのどの場面でも、恨みつらみといった感情が一切みられない、美しく澄んだ眼差しでいらっしゃいました。どんなご経験も、全てを糧にされる強さと清廉さを持っておられるのです

雅子さまも愛子さまも『いろいろな人が過去の事を心配して、未だに声をかけてくれる。それはとてもうれしくてありがたい』と思われているようです。一方で、『自分たちが可哀想な思いをした人たちだと思われ続けることで、今も傷つく人がいるのではないか。それが申し訳ない』と懸念されていらっしゃるのです。このように、常に周囲の人の気持ちを第一にお考えになる愛子さまのお人柄は、12歳の頃に知られた動物愛護の精神、つまり生きとし生けるもの全てへの慈悲の心に通じるように思います」(皇室ジャーナリスト)

《学び舎の冬日あかるき窓の辺に集へる友の影重なりて》

これは、2020年末に発行された学習院女子中・高等科の同窓会「常磐会」の機関誌「ふかみどり」に掲載された愛子さまの御歌である。楽しかった女子中等科、高等科時代の事を読まれた御歌だ。

「この歌にも、愛子さまが如何に周囲の人に感謝し、愛を持って接してこられたかがよく現れているように思います。愛子さまは来年成年皇族となられますが、今からそのご活躍が楽しみでなりません」(同前)

9件のコメント

自分達に辛く当たった人達にさえ愛を持っておられる両陛下と敬宮内親王。
まるで阿弥陀如来か観音菩薩か、キリストかマリア様かといった趣き。聖人に連なる方々に見えます。
日本の至宝。

シモジモが上皇后!秋篠宮!紀子さま!眞子さま!小室圭!と目くじらを立てていますのに、御当人たちが達観しておられる様子に感嘆の思いとともに、それらの方々に若干の悔しさ忌々しさも。お慈悲に甘えているんじゃない!と言いたい気持ちになってしまいます。

360
2

私もそう思います。敬宮様を慈しんでお育てになっているのがよく分かります。天皇ご一家を拝見する度に心にが暖かくなります。

299
1

その通りです。雅子皇后陛下も愛子内親王殿下も素晴らしい御育ちだからこそ、汚れなき御心をお持ちなのです。やはり、卑しい出自の人は生涯卑しい。中には努力して変わられる立派な方々もおられますが雅子皇后陛下を憎む、あの妃だけは始末に追えない!

378
1

今上天皇ご一家はまさしく国の象徴に相応しく、我々国民にとって心の拠り所です。実際に直接お会いしたわけではございませんが、陛下ご一家には今まで皇室から感じたことのない、真の温かさといいましょうか、何ともいえぬ優しさをテレビ越しからも感じられます。

どうか令和の時代が長く続きますよう、陛下ご一家が恙無く幸福に暮らせますよう、心よりお祈りしております。

365
1

敬宮愛子内親王殿下の作文に、お祖父さんや祖母がいたから両親が居て私がいると云う内容を読み今上天皇陛下と皇后陛下からの愛情いっぱいに育てられ人を侮る事など微塵も思っていない純な御心を知り一重に皇太子様になって頂きたく思います‼️

289
1

天皇皇后両陛下は本当に素晴らしい方々です。
敬意を抱き、敬愛を抱いてる方々です。

このようなご両親に育てられた敬宮さまこそが次代の天皇になって貰いたい。
国民から敬愛される象徴天皇としての敬宮さまの御姿を拝見したい。

291
2

皇后雅子様の涙は清らかで素敵な涙でした
真っ直ぐで周りへの配慮を欠かさない方、雅子様のなさり様は愛子様にも受け継がれているようで喜ばしいことです  このご一家は必ずや良き日本にゆっくりと導いてくだる事でしょう

293
1

雅子さまも愛子さまも、この記事通りのお人柄であれば、身近な人達は全員味方だったでしょうね。
学習院の保護者会とクラスメイト達、三笠宮家、高円宮家、お付き合いのある海外の王室、みんなで雅子様と愛子さまを守り続けて来たんだと思います。悪質デマの元凶も知ってただろうし。

それにしても、努力で積み上げた「実績」「結果」というのは何よりも強いですね。
雅子さまのハーバード大学、外務省時代の功績。
愛子さまの達筆、文才、駿足、組体操。
サボりだの豆腐メンタルだの自閉症だの、デマだというのがすぐわかる。

171
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。