小室佳代さん「パピーの生命保険は私に!」婚約者に送ったメール、衝撃の真相…


文/宮本タケロウ

小室家は悪くない

先日、小室さんの借金問題は「小室家がお金を返さない」のではなく、むしろ「元婚約者にお金を受け取る意思がない」というのが真相ではないだろうか、とする記事を掲載しました。

小室佳代さん「1000万円にしてお返ししますわよッ!」の余裕

記事では元婚約者の“代理人”を50代の週刊誌記者(『週刊現代』の契約ライター)が務めていることを紹介し、「金銭トラブルを解決する意思がないのは、実は元婚約者のほうではないか?」としたわけですが、これについて、お褒めの言葉も頂きましたが、多くの反対意見もありました。

しかしながら、調べれば調べるほど、元婚約者は400万円を受け取ろうとしないだけでなく、むしろ、元婚約者が50代の週刊誌ライターと一緒になって問題を作っているという構造が徐々に明確になってきました。

というのも、マスコミで報道される“小室家の情報”には、爽快なほど不思議な点が多くあるからです。

(麗しい眞子さまと小室さん。婚約内定会見のころは小室さんの人格を絶賛する喜びの声で日本中があふれていた)

佳代さんが元婚約者に送ったメール

例えば、2018年3月、『週刊現代』の「紀子さまが激怒した小室圭さん母からのメールー生命保険の受取人を私にして」という記事で掲載された小室佳代さんが元婚約者に送ったとされる一連のメールを見てみましょう。

『週刊現代』記事では、小室圭さんが学生時代の2010年に佳代さんが元婚約者に送ったとされる次のメールが掲載されていました。

(小室佳代さんが元婚約者に送ったとされるメール)

〈2010年9月5日の小室佳代さんからA氏へのメール〉
・お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う

・その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事

・パピー(A氏のこと)の生命保険の受け取り人を私にしてくださる事。

・先ずは以上を実践する=事実婚をします。
そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する。

『週刊現代』2018年3月17日号

恋人が婚約者に送るとは思えない異常な内容と言ってよいメールです。

しかしながら、注目していただきたいのは、黄色で下線を引いた所、「パピー(A氏)の生命保険の受け取り人を私にしてください」と佳代さんが元婚約者に嬉々としてお願いをしている箇所です。

この一文をもって、「お金が目当て」「保険金〇〇か!?」「保険金でウキウキのハッピーライフを送りたかっただけだろう」という声が小室佳代さんに対して起こりましたが、この点は明確に論駁できます。

なぜなら、生命保険の受け取りを指定できるのは親族だけだからです。

佳代さんは生命保険の受取人になれない

アクサダイレクト生命のホームページにはこのように書かれます。

ー生命保険の受取人を他人に指定できる?ー

基本的な受取人の範囲

生命保険の受取人は、原則として戸籍上の配偶者と2親等以内の血族である法定相続人のみです。2親等以内には、子と両親、祖父母・孫・兄弟姉妹が含まれますが、婚姻によって親族となった人は含まれず、血のつながりがある「血族」が対象となります。

生命保険は、何かあった時に被保険者とその家族の暮らしを守るためのものであり、保険金に関わる犯罪を未然に防ぐためにも、受取人はごく限られた人に限られているのです。

アクサダイレクト生命、ホームページ

厳密には、事実婚夫婦でも保険金の受取が生命保険会社に認められる場合もありますが、そのためにはおおむね3年の同居実態(3年間住民票住所が同じ)や生計を共にする証拠が必要となります。

実際に夫婦生活を送る(事実婚)か戸籍上の婚姻関係を結んで初めて保険金の受け取りができるようになりますので、本当に佳代さんが保険金を狙っていたのであれば、「生命保険の受取人を私にしてください。これを実践しましょう」という趣旨のメールを送るのはあまり合理的とは言えないのです。

よって、この『週刊現代』(2018年3月17日号)に掲載された佳代さん“生命保険”メールの内容に関しては、元婚約者サイド、つまり、元婚約者と『週刊現代』契約記者が一緒になってメールを創作した可能性が非常に高いと言えるのではないでしょうか。

小室家側からの反論がないことをいいことに、週刊誌の読者が喜ぶ“ネタ”を創作して、それが大成功したということではないでしょうか

「佳代さん“生命保険”メール」は元婚約者サイドの“創作”?

これは何も「思い付き」ではなく、その可能性を示唆する状況証拠にあふれているのです。

勘の鋭い読者の方はすでにお気づきかもしれませんが、今回紹介した2018年3月『週刊現代』に掲載された「佳代さんメール記事」をスッパ抜いて称賛された記者こそが、現在、元婚約者の代理人を務める50代の契約ライターなのです。

ここで「何かが怪しい」「何かが繋がっている」と思うのは、きっと私だけではないはずです。

先日の記事に述べた通り、小室家側ではなく、元婚約者サイドが問題を引き延ばしてリベンジポルノをしているという可能性が濃厚です。

そう考えれば、佳代さんが元婚約者に送ったとされる一連のメールも、おそらく現在代理人を務める契約ライターと元婚約者の創作であると言ってよいでしょう。

数年来、沸きに沸いているKK問題ですが、元婚約者サイドの欺瞞性に突っ込んだのは本サイトが初めてではないでしょうか。

多くの国民の認識とは正反対で、小室家は本当は素晴らしいご一家なのかもしれません。

数年後は巷でささやかれている「真実」が良い意味でひっくり返るかもしれませんね。

28件のコメント

本当に創作なら訴訟すれば慰謝料取れるから角田佳代なら訴訟起こすでしょ。
ダンマリ決め込んでるということは、裁判に勝てないから=事実だということ。

角田佳代が保険の細かいルールを熟知してたのか?
最後はゴネればどうにかなる、と思っていた?
私はそう予想しますね。

257

小室佳代さん、本当は素晴らしい❗️
宮本タケロウサンの記事らしい❗️‼️‼️
素晴らしい人柄が分かるような行いをする女性なら、あんな行動はしないでしょう…というような言動ばかり。
それでも庇う、10年後の真実に期待⁉️
宮本タケロウサンも、小室佳代さんと同類なんですね(ー_ー;)。

宮本さんの小室家擁護には無理が有ります。保険金名義が家族間限定であり鬼の首を取ったかの勢いですが、カヨさんの腹は取れるものは全て自分の物にしたかっただけの本音が出ただけの話です、カヨさんのワルは遡ってみれば病む敏勝さんを実家から強引に連れ出し夜中出て行く彼を追って行った処、河原で自死していた処を、発見した言う偽証をしているのです、その後義父母を追い込み不審死とさえ、思われています。保険金名義の執着より保険金受け取りを現実に手にした、カヨさんの経緯の追跡を調査された方がいいと思います。

251
1

生命保険の話、事実でないなら、しっかり説明すれば良いわけで、400万円を返却する意思があるなら、小室家側から返せば良いでしょう。
 なぜ、しないんですか?
高校の時に、いじめて退学に追い込んだ話や、父方の祖父母の相続時のアヤシい話などたくさんあります。
 それらはどうやって、説明するんですか?

257

借金していたかどうかではなく、その他諸々の疑惑が出る時点でアウトです。

それを認めた秋篠宮や上皇上皇后も同じくアウトです。

問題は解決済みとだけ言い放ち、後は何も対応していない。
借金が嘘か本当か、疑惑がでっち上げであろうともはや何も変わりません。
小室家・秋篠宮家・全天皇夫妻は皇族に相応しくありません。

245

宮本様

平素お世話になっております。
興味深いご指摘です。
しかしながら,宮本様もご指摘のとおり,3年間の事実婚等の実態があれば生命保険の受取人になれるという事実があります。

メールを読んでも,以上を実践する=事実婚をしますと書いてあります。
つまり,生命保険の受取人と事実婚はイコールで結ばれており,同時並行の趣旨だったと理解するのが自然かと思います(A氏の生命保険の受取人を小室佳代氏にする時期は,事実婚の最初の時点ではなく,4年間と想定されていた事実婚の間のどこかと考えるのが自然です)。
メールのそれ以外の条件についても,必ず事実婚当初に実践する趣旨だったとまでは読み込めません。

そう考えると,4年間の事実婚の間にA氏の生命保険の受取人を佳代氏にすることは可能であり,メールの文面に矛盾はありません。

なお,問題となるメールは以下の文面です。
・お互いの総収入+主人の遺族年金でお互いの生活を賄う事
・その他預金や財産に関してもお互いのものとしてみなす事
・パピー(A氏のこと)の生命保険の受け取り人を私にしてくださる事。
・先ずは以上を実践する=事実婚をします。
そして4年後パピーの年金取得時に改めて入籍する。

私は,A氏が単純な被害者だったとまでは思いませんが,当該メールがでっち上げだったと主張するには論拠が不足しており,論理の飛躍があると思われます。

ご検討いただければ幸いです。

235

マスコミと一般大衆を巻き込んだ壮大な親子代理戦争という可能性もありますね

99

元婚約者をそそのかしている大物が後ろで金をばら撒いて画策してるのかもしれないですね。いつもの手口のあの方方かも!マスコミ利用してやるいつものやり方にそっくりですね!又、親しい記者に頼みましたか?

82
19

小室家はまた脅迫と金で真実をひっくり返すのですかね。A氏宅にヤクザが乗り込んでくるのでしょうか。恐ろしい。

181

保険代理店をやってる者です。
確かに受取人は身内に限られます。事実婚でも数年の同居などの限定があります。
しかしながら、この事を普通の方は知りません。保険加入される方で、死亡保険金を家族以外に指定したいと言ってくる人は、少なからずいます。
メールで送った内容は本当でしょう。実際には受取人にはなれなかっただけですよ。

240

宮本さん
小室が本当に素晴らしい一家だと3年後にいわれる確信をお持ちなら今その証拠を示してもらえませんか。
メールが佳代さんの書いたものではなく婚約者の捏造だなんてよく平気でいえますね。
佳代さん本人が、宮内庁で内容を詰めて聞かれて内容を説明されていますよ
本人が書かれているから例えば物質についても答えられたのですよ
自白あり。

207

全くそうは思わないね。

これまでの小室佳代の生き様を見れば、「3年以上の事実婚」を偽装するつもりだったとしか思えない。
1. 年金は受け取りたいから、戸籍上の夫婦にはなりたくない。
2. 年金受け取りは役所が相手。保険金の受け取りは保険会社が相手。相手が違うから、役所に対しては「事実婚も含め、再婚の事実はない」と主張し、保険会社に対しては「事実婚である」と主張するつもりだったんでしょ?

宮本さん、頭がお花畑なんじゃないの?

242
1

借金問題は最早前菜でした。
小室側の三名の自死、反社の繋がり、宗教問題、息子の虐め、新しいパトロン、、
まあ後から後から凄いお料理で、お腹いっぱい。

貴方に娘さんが居たとして、これだけ疑惑がある家に嫁がせますか?
小室側の肩を持って何がしたいのでしょう?
うちは一般人でもお断り案件です!
敬える皇室に入れたくない人物なのです!破談一択です。

232

宮本様
この問題のメールを直接確認されてはいかがでしょうか?
もし偽造メールであった場合はとっくに上芝弁護士から抗議文がでていると思うのですが。

231

別サイトの記事に紀子さんが依頼して宮内庁職員とマスコミでパピさんに近づき創作メールを書かせた❗️と有りましたけどね❓パピさんは途中で抜けたけれど、、、その後に紀子さんから報酬を受け取ったのかしら❓ドロドロとした裏話は必要無い❗️どうせ結婚させる茶番だもん‼️国民は秋篠宮も小室親子も信じないし皇室離脱のみを願います‼️

186

生命保険の受取人を、自分にすることを婚約の条件にする人は、初めて聞きました。
改めてメール読むと、遺族年金を受け取り続ける気は、満々ですね。
婚約後、三年経つ前に、婚約破棄して、婚約者さんと子ども達は、安堵されているのではないでしょうか?
お金はもどらなくても、命まで奪われなくてよかったです。

145

宮本さんこの常識なら友達居なくて会社全部落とされただろうな。だから私大の大学院なんて行って秋篠宮の提灯記事書いてるんだろ?小室圭と同じだね。

148
1

この人の書いた記事をまともに受け取ってる人は最早いないのでは?
【宮本タケロウの記事は全てネット上の噂をまとめただけのもの。取材をしていて書いていますという記事は皆無】が定評なんですからね。

81

タケローさん、佳代さんと付き合ってみては如何ですか?貴方様の資産根こそぎ持っていかれるどころか、命まで危ない目にあいますが・・・
それでも宜しければご自由に持論を述べてくださいませ

72

タケロヲ氏が、つくづく振り病気なんだってことを告白したエントリーですね。
3年後? 秋家なんてなくなってるんじゃない?
パトロンは細く長く、選んだ方がいいですよ。

この人のエントリーには虫酸がはしります。
早々に切るのが貴社のためかと。

74
2

この「菊のカーテン」って、どんなシステムになっているのでしょう。
何故宮本タケロウのような、出鱈目な輩に記事を書かせるのですか?
誰でも書いていいのですか?
宮本タケロウさんの評判は、こちらでの皆さんから書き込まれたご意見を読んでもわかるように、散々なものです。
そうなるのも仕方ないほど、内容が酷すぎます。
管理人の方に伺いたい。
何故、宮本タケロウにここの記事への投稿を許しているのか?

38

確か、この人の記事をいれる事がサイト継続の条件なんじゃ?
コメント欄消されたり、前のサイトを潰されたり。
提灯記事も入れないとサイトを継続出来ないようですよ。
この人の記事は不快で不要だと思いますが、
サイト継続のため我慢です。

11

同意です。
タケローさんは、このサイトじゃなくて、ご自身のサイト作れば?
色んな意見があって然りだとは思いますが、タケローさんはあえてこのサイトじゃなくていいと思います。

31
1

平成はロクなことがなかった へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。