小室佳代さん実家がハマった「新興宗教」の真実


文/宮本タケロウ

大山ねずの命神示教会

 2018年3月1日の週刊新潮で、小室佳代さんの実家が「大山ねずの命神示教会」(以下、大山ねず教会)という新宗教の信者だという報道があった。

大山ねずの命神示教会とは:

横浜で銭湯を経営していた稲飯定雄(供丸斎)に「大山ねずの命」という神が降り、供丸斎を「神の使者」として1953年に設立された宗教。神からの預言(神示)や病気直しなどの奇跡を基に70、80年代に伸長したことで知られる。初代の供丸斎は「守護神」、二代目の供丸姫(森日出子)は「神の直使」とされる。

『新宗教辞典』等から抜粋編集

佳代さんは大山ねず二世信者

 週刊新潮によると、佳代さんの母が病気を患い、大山ねず教会に救いを求めたのが入信のきっかけだという。記事は佳代さんが少なくとも大山ねず教会の(元)二世信者であり、精神的不安から霊媒師に心酔していたことを述べているだけで、実際に大山ねず信者がどのような信仰の下に生きているのかは述べられていない

 今回は佳代さんのような大山ねず教会の二世信者に焦点を当て、親の信仰と子供の人生の葛藤を見ていきたい。

二世信者の苦悩/精神の虐待

 子供は親を選べず、よって親の宗教も選ぶことはできない。たまたま生まれた自分の親が社会と乖離の多い宗教を信仰していた場合、その子供(二世信者)は植え付けられた信仰と社会との間で折り合いがつけられず、非情な「生きづらさ」を経験し、心に傷やしがらみを持ちながら生きることになる。

 これは、一般に「二世信者問題」と言われている問題で、信教の自由(信じることを選択する自由)に対して、二世信者のように「信じることを選択する自由を奪われる」ことをスピリチュアルアビューズ(精神の虐待)と言う。

大山ねずを捨てると不幸になる…

今回、取材に応じてくれたのは、朝子(仮名)さん、28歳。小室圭さんと同い年の大山ねず二世信者である。大山ねず信者の両親から生まれた朝子さんは物心つく前から母親に宗教的世界観を植え付けられてきたという。

大山ねずを捨てると不幸になるという話を聞かされてきました」

朝子さんは幼い頃から教会行事に無理やり参加をさせられたり、友達関係も制限されたりして、信仰に嫌気がさす時期もあったが、信仰を捨てる恐怖感がずっとあったと語る。

「(宗教が)嫌な存在になってたんですけど、信仰心を捨てると祟られるって…母親から植え付けられてたんです。教会の悪口を言ったら祟られるんじゃないかって…」

「神をバカにするな!」

 悩みながらも信じていた中学生の頃、一度、嫌になって「供丸姫(二代目教祖)バカヤロー」と何枚も紙に書いて部屋にまき散らし、家出をしたことがあったらしい。

 家出をして帰ってきた朝子さんに、なんと母親は心配するより先に「神をバカにするな!」と怒鳴ったという…

朝子さんは家出の後、母親からテレビと携帯電話、インターネットを中学・高校の6年間禁止にされた。「娯楽がなくてつまらない」と訴えたが、「じゃあ教本を読めばいいじゃないか?」と取り合ってもらえなかったという。

「信じられない自分がおかしいんじゃないか…?」

 それでも朝子さんは、親が押し付ける「カミサマ」を悩みながら信じ続けたのだそうだ。

「嫌だったけど、母親が間違っているはずはない自分がおかしいんじゃないか?と…自分の母が変な宗教に入るはずない、あそこはホンモノの神様なんだって、大学生くらいまではずっとそう思っていました。でも、大学受験の後にすごく怯えながら「大山ねず」ってネットで調べたんです。そしたら、2chで普通に叩かれてて、知恵袋とかでも(笑)。でも…結局怖くなっちゃったんで、途中で調べるのやめちゃったんですけど…」

 朝子さんは昨年Twitterを始めて、様々な宗教の二世信者に共通する声に気づき、自分を縛るスピリチュアルアビューズの呪縛からようやく逃れられた。それは、インターネットで「大山ねず」を初めて調べてから10年近く経った時のことだった。

それまでは「親の言うことだから、(それに疑問を持つ)自分が間違っているんじゃないか」とずっと悩んできたらしい。

神に奪われた親の愛

「親に悩みを相談しても、「祈願しなさい」と言われるだけで…両親が話を聞いてくれないから、私も一度、神さまに必死に「親を返してください」って祈願したことあったんです。供丸姫先生が(私から)親を奪っているって思って…」

 子供から親を奪う神様とは一体何なのだろう…「朝子さんにとって大山ねずはどんな存在ですか?」と聞くと、少し考えて「ただ、ひたすら憎いです」と言って、こう続けた。

両親を奪った存在ですね…親は私と喋っている時も大山ねずを通して喋っているというか…ぜんぜん私としゃべってくれてないというか。何事も神様神様って。邪魔をされていたっていうか…だから、本当に人生ぶち壊した…憎しみしかないっていうか…」

 家族愛を説く宗教が「親を奪う」。それが本当なら神は本物でも、その信仰は偽物だろう。

 母親は今、朝子さんが信仰から離脱していることは恐らく知っているという。そんな朝子さんに、

神を学べば素晴らしい人間になるのに、本当のアンタじゃない…どうして学ばないの?ラクになりたいでしょ?

 母はそう繰り返すらしい。

国民の「空気」

 ちなみに、朝子さんは巷で話題の「皇統の議論」には全く興味がないそうだ。理由は「私は自分が生きるのに必死だから…」だという。

 男系だの女系だの、自分に関係ない皇統の論争など、どうでもよく、日々生きるのに精いっぱい。きっと、そんな国民が大半ではないか。日々を生きる一人一人の国民が、一つの大らかな「空気」として皇室をまつろい、支えているのが日本の現状だろう。

小室佳代さんも被害者

 毒親から「カミサマ」を植え付けられ、それからの離脱に苦しみ、生き方に悩む。朝子さんが被ったのはまさしくスピリチュアルアビューズ(精神の虐待)である。

 多くの読者の反感をあえて承知で述べるが、小室佳代さんも母親から宗教を強要されたスピリチュアルアビューズの被害者といえないだろうか。母親から「カミサマ」を押し付けられた歪な二世信者として生まれた佳代さんは、強要された「カミサマ」への復讐として、一人息子を「王子様」に育てあげることで精神の虐待を解消させようとしたのかもしれない。

 そして、苦心して育てた息子は今、皇室を貴びまつろう国民の「空気」によってアビューズされ(もてあそばれ)ている

ナショナリズムという宗教

「日本人は天孫降臨と神武建国以来、君民一体で平和に暮らしてきた」…心地好く語られる日本民族の神話も、「横浜の銭湯に神が舞い降りた」という大山ねず教会の神話一つの宗教としては平等だ。神道は宗教であり、ナショナリズムも宗教であり、そして新興宗教も宗教である。信じる人間のリアリティはみな等しい

 そして、日々を生きる人間の苦悩とその人生の価値は、朝子さんも、小室さんも、佳代さんも、そして眞子さまも、みな平等だろう。

終わりに 神との宿命

朝子さんは、「カミサマ」を信じる母から生まれ、育てられた。それは宿命かもしれない。

眞子さまは、神を祀る皇室に生まれ、国民に敬愛される義務と宿命を背負った。

小室圭さんは、「カミサマ」を押し付けられた佳代さんの下で生まれる宿命を背負い、幸か不幸か皇女と恋したことで、皇室をまつろう国民の好奇の目にさらされる

「そんなこと、皇女との婚約内定者という公的立場であるから仕方ない」という理由が説得力を持つがゆえに、重い問題だ。

 大山ねずの神も、皇室の神も、人間を不幸にする神ならば、そんな神には呪われる価値もないと私は思う。朝子さんのように、日々、苦闘して生きる人に寄り添う皇室が、永久に続くことを私は願う。

(※本記事はあくまで朝子さんのインタビューに基づいたものでり、大山ねず教会の信仰を一般化したものではありません)

11件のコメント

天皇制とねずの会を同等のステージに並べることは勘弁して欲しい。

私も普段の生活で天皇制を深く考えることはないけれど、各国要人との交流や国民と触れあうお姿を拝見すると、誇り高く神々しいものを感じます。
でも、A宮にそのような気持ちを感じることは今後一切ありません
意識がまるで平民以下でびっくりするような事ばかり。

小室母に至ってはただただ我欲の固まりでしかない。
皇室とは本来遠いところにあるべきはずの存在です。

168

>人間の苦悩とその人生の価値は、朝子さんも、小室さんも、佳代さんも、そして眞子さまも、みな平等

『なので眞子様を狙ってもいいのよ僕が』by圭。何たるカン違い親子、思慮不足親子。
平等なのは【命の権利】なの。
能力と資質、品性、は、それぞれなの。ワカル?

皇族に相応しいモロモロを身に付けてから顔を洗って出直して。
そうそう、その前にママの疑惑は晴らす必要がある。
が、息子も共謀だと文書でウッカリ自白してしまった以上は、出直しは許されないかも。

温泉と勘違いしたか「野ツボ」みたいな親子に嵌り込んでいる御一家、国民は歯ぎしり。
臭い臭い。洗い流そうにも、今の処は書き込みというバケツリレー。

もーし水、放水~消防署さん、モトイ、検察?公安?神奈川県警?政府?どこ?
おやおや宮内庁は水枯れ?
めげずにバケツリレーを続けましょう。
保険金と遺族年金問題はもっともッと炎上させなければ、真剣に。

最早お支えするのもバカらしい御一家。

110
1

宗教を尊いと思う人と、それを利用してお金儲けをしている人達がいるのも事実です。タケロウさんもご存知と思いますが、高野山管長が宿老と云う高い位になられて何故か?京都から上京してホテルでお祝いをするそうで、発起人には安倍さんはじめ沢山の政治家に何でも参加の櫻井女史!コロナ禍に何百人も集めて命を説く人がやる事❓と思った‼️政府は国民に4人以上で飲食するな‼️といい自分達は別格だと思ってるの❓
安倍さんは、統一教会なのに?祈祷もするそうですが、高野山でする方が意義があると思うのは私だけ?ホーチキの父親も何処かの阿闍梨と懇意とか関係ないのかな?タケロウさん、是非にレポートしてみては❓

85

◀小室圭さんは、「カミサマ」を押し付けられた佳代さんの下で生まれる宿命を背負い、幸か不幸か皇女と恋したことで、皇室をまつろう国民の好奇の目にさらされる。▶

ゆっくり何度も読んだけど、迷路に引き摺り込まれるような感じ。

『「カミサマ」を押し付けられたカヨさん』┅これは分かる。『そのカヨさんの下で生まれる宿命を背負い』┅何かおかしくなってきた。

『幸か不幸か皇女と恋したことで』┅間違いがあるけど、文意は分かる。

『皇室をまつろう国民の好奇の目に晒される』┅いや、違うでしょ❕「国民の好奇の目に晒される」原因が、 コムロ氏の宿命や 皇女に恋したことにあるのではない。
コムロ母子の生き様・複数の他人から金を騙し取って 身の丈以上の生活を維持してきた卑しさ等に、嫌悪感を持ち拒否している。
論理展開に無理があるというより、無茶苦茶なこじつけ❗️

大山ねずの会の信徒みんなが、コムロ母子のような生き方をしているのなら、「背負った宿命」が原因と言えるかもしれないが❕

なお、「皇女」とは、天皇陛下のご令嬢を指す言葉で、マコサンは皇女ではない。

大山ねずの会では、凄惨な殺人事件も起こしている。その点は、コムロ母子の周囲の不審な自殺者が5人いる。ここを 調査追及すれば いいのではないか。

33

宮本さんの記事、いつもは後で気分が悪くなるから読まないんですが、信仰についてというので頑張って読んでみたら・・・
意味が分からない・・・。
まったく関係のないことを宗教というテーマで無理やり関連付けようとしただけ。
おかしいですよ、大丈夫ですか?

99

私も、宮本タケロウの記事と分かると、読みません。本当に気分が悪くなる。コメント欄だけ、読む方が良いかもですよね。

27

宗教には高低浅深があり、非科学的な事、道理を無視しているものは偽物だと思っています。
神道も良くわからないが、現在のように国民に強要せず、先祖崇拝のような形が一番良いと思う。
政治家は票の為に、あちこち入会しているだけではないでしょうか?

53

>政治家は票の為に、あちこち入会して

票に寄り添うのですね。
国民に寄り添って頂きたいのは某宮家だけでは無かった。

53

大山ねず教会というのを、小室圭・佳代トラブルで初めて知った。
この名前を聞いて、不謹慎だが、「大山鳴動して鼠一匹」のことわざを思い出してしまった。
信者の方々、申し訳ない。他意はないので、お許しください。

43

この記事は 何を言いたいのでしょうか?

親が子供の枷となっている?

当たり前ではありませんか?
二親を持たない人間はあり得ません。

親のDNA 体質、生まれたところ 教育環境 全ての人間は生まれながらにそういった「しがらみ」背負って生まれてくるのです。

生まれてきた子は 又 柵(しがらみ)背負ったその親によって育てられて社会に出る。

家族を超えた親戚学校職場地域社会で、そこで色々学んで、親から受け継いだ柵にどう向かっていこうかと考える。

KKも眞子さまももう30です。
自分の至らなさを親のせいにする時期は過ぎています。

そのしがらみに真っ当に向き合ったならば
国民も納得するかもしれません。

—-

殺すな 盗むな 姦淫するな 騙すな 基本的などんな社会にも共通する規範さえまともに理解していないことが この二人とそれを取り巻く家族の問題だとだと思います。

56

宗教の恐ろしさは「神(あるいは崇め奉るもの)を免罪符にすれば、全て許される」と言う一点に尽きる。

これで思考が停止してしまうと、アウトである。
人間は幼児期が長いので、その間親との信頼関係が全てであるが、親が機能不全であると、何かで代替させ、それに依存してしまう。

これは本能なので、仕方がない。
対策としては経験値を上げて、自立自活し、自信を持つしかない。

宗教では必ず「御本尊」を仰ぎ見るところに置く。
教会や仏像など、皆そうである。
目線を上に上げる=親の顔を仰ぎ見る、幼い子供の思考
嫌なことを忘れ、指示を待つ心理を利用して、宗教は巧みに心に忍び入る。

宗教とは、
一人で思えば妄想であり、
共有すれば信仰となる。
金が動けばビジネスである。

14

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。