天皇に輸血したら「万世一系」が途絶える? 侍医は陛下に触れずに検診、今も残る「玉体論」の驚き【皇室見聞録】


監修/小内誠一

体に触らすに脈を取る「糸脈」法

かつて天皇の体は「玉体」と称され、手を触れることさえ恐れ多いとされていた。明治天皇のころには、医者といえども直接体に触れるわけにいかないので、絹の糸を天皇の手首に結び、その糸の震えで脈をはかったという(これを“糸脈”という)。

昭和天皇の時代になると、さすがにそこまではやらなくなった。しかし、近臣に「玉体」という意識は根強く、戦後になっても簡単には消えなかった。手術などもってのほか——という意見は大変根強かった。かつて秩父宮薙仁親王(昭和天皇の弟)は結核の気胸療法が受けられず、死期を早めたといわれている(昭和28年1月4日に逝去)。また、昭和44年の美智子さまの肋骨手術にさいしても、当初はメスを入れずに様子をみようということになった(彼女は「平民」の出だから問題ない、と言い出す医者もいたという)。

昭和62年秋の昭和天皇の開腹手術にさいして「玉体論」が吹き出し、戦前を知らない多くの国民を驚かせた。だが平成24年に時の天皇陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けられ、令和元年に美智子さまが令和になり乳がん手術を受けられたさいに「玉体論」が出たという話は聞かない。

とにかく、天皇の体に変調があっては大変だというので、過敏なくらいの体調チェックがなされていた。朝晩2回、侍医が「おぬる」(体温)と「お脈」の調子をしらべ、「おとう」(便)の具合も毎日、侍医がその目でみるのである。こういった煩瑣なしきたりが簡略化されたのは平成に入ってから。侍医は、顔色や体の様子を検診し体調について問うだけ。いちいち「おぬる」を計ったり、「おとう」をみることはしない。皇太子時代からそういうやり方をしていたので、それをそのまま踏襲したのである。

そのかわり、というべきか、定期的に精密検査を怠らない。上皇陛下は皇太子時代の昭和48年、40歳になるのをきっかけに成人病チェックを始め、人間ドックにも入られるようになる。血液検査、胃のバリウム検査、レントゲン検査など、検査項目は我々のそれと変わらない。以降、毎年続けている。天皇陛下もまた同様に、毎年のように精密検査を受けている。

天皇に輸血をしたら万世一系が途絶える?

宮内庁病院

天皇・皇后や皇太子(皇嗣)は、ほぼ毎日のように侍医が体調をチェックしているので、カゼ気味になれば、すぐに処置がなされる。

簡単な処方で手におえない場合には、宮内庁病院に出向くことになる。宮内庁病院は、皇居東御苑にある国立の病院である。昭和39年に建てられた2階建ての建物で、皇族のための専用室を持っている。内科、外科、歯科、産婦人科など10の診療科がある。手術を要するほど重い病気になると、たいてい皇族はこの宮内庁病院に入院する。だが最近では東大病院と連携し、治療にあたることが多い。

ある手術のエピソードを紹介したい。

昭和62年9月14日、拡大侍医団会議は、昭和天皇の「腸の通過障害」を取りのぞくため開腹手術をすることを決めた。現職侍医団に前2代の侍医長も加わったこの会議で、「陛下の体(玉体)にメスを入れるのはいかがなものか」という意見が出され、ひとしきり議論がかわされた。輸血の問題もあった。ご存じの通り皇統は万世一系とされる血のリレーだ。玉体に非男系の血を輸血しては、万世一系が絶たれてしまうのではないか——そんな信じがたい議論が真剣に交わされた。ある侍従は「輸血をしては万世一系の血脈が途絶えるのではないか? 輸血はまだしも骨髄移植の場合には血液型も変わると聞いている」と侍医に質問していた。さすがに手術実行・輸血OKで決着がつき、宮内庁病院で開腹手術が行われた。

昭和天皇は、昭和63年9月19日、大量に吐血。以後、昭和64年1月7日まで闘病を続けた。このときにはもう宮内庁病院ではなく、吹上御所の寝室に移っていた。その部屋で侍医団は懸命の介護を続けたわけである。

皇族妃が妊娠したときは、宮内庁病院の産婦人科がかかりつけとなる。美智子皇后はこの病院で3人の子供を生んだ。紀子さんも員子内親王を出産。ただ、かならずこの病院でなければならないということはない。三笠宮寛仁親王妃信子は渋谷の日赤医療センター、高円宮憲仁親王妃久子は港区の愛育病院で出産した。最近では皇族方に何か疾病があった場合、宮内庁病院ではなく、より症例の多い東大病院を利用することが多くなった。世界的に見ても、王族専用の病院があるというのは珍しい。宮内庁病院はその存在意義が問われているが「皇族方の健康情報は最高機密であるから、病院が必要」というのが彼らの言い分である。

ところで、宮内庁病院は一般の人の診療もしている(ただし宮内庁の職員、医師などの紹介が必要)。

参考資料:稲生雅亮 『そこが知りたい! 皇室探検』新森書房、1993

25件のコメント

天皇の時代も昭和天皇まででしょう。昭和までは国民との一体感があり、まず天皇は国民を裏切らなかった。平成令和と天皇もかわり、眞子問題では、上皇家天皇家秋篠宮家が一体になりptsd報道では、眞子への国民の誹謗中傷で、病気になったと国民を恫喝して無理やり結婚を早めさせた。また眞子の祖父の死も、なんと三家結託して、死亡時期をずらして発表した。そして反社の一族に嫁いだ眞子の生活費、警備費用は国民の血税をくすねて与え続けている。こんな皇室は未だかつてなかった。皇室と現天皇制も昭和まで、国民を騙し続ける日本の皇室、天皇は早く消滅して頂きたい❗️

42
8

古いですね!日本赤軍はもういません。在日でも共産党員でもありませんが日本の皇室は天皇上皇含めて秋篠宮家擁護で国民騙してるのが現実ですよね。私も皇室は終わりだと思います。

16
12

天皇家は関係ないのでは?
何でも天皇家を巻き込むのはやめていただきたい
上皇・上皇后と秋篠宮家が結託して事を進めていただけ
天皇陛下は表立っては言わないが結婚に反対していた

16
1

 小室母の問題が出てから、天皇だけではなく皇族みんなが反対してると思います。
 なのに皇室あげて結婚を認めざるをえなかった。
それはなぜ? 問題はそれでしょう。
 つまり皇室が腐っているからです。
どうして天皇は違うと言えるのか?

6
4

それほど血(血筋)を重んじる日本の皇室。
ネット上に秋篠宮父親安西氏と、どう見ても親子の写真が出回っています。
血筋の証明は避けて通れません❗
そして一部コメントは内部告発では?秋篠宮家のブラックな印象は増すばかり!
秋篠宮の血筋の証明と秋篠宮家の会計監査を直ちに実施すべきです❗
応じられないのであれば皇室から出ていくべき❗

84
2

 皇室は、絶対にDNA検査などしないと思います。
したとしても誤魔化すでしょうから、国民がいくら正当な意見を言っても無駄だと思います。
 だったら、どうすればよいか考えなくては。

45
5

もうそういう時代ではありません!
イギリス王室でさえ導入されています。
応じなければ上皇様の子ではないと認めたと同じです!
皇室に居座り続けることはできない❗

47

 え? 眞子の祖父の死亡時期をずらした?
本当ですか? 詳しく教えて下さい。

45

眞子が入籍する前に亡くなられていたのを偽装して入籍後に亡くなられたと報道させたのではないかと噂が出てます

皇室は、崩壊している、贅沢三昧、血税を湯水のごとく使い、宮内庁長官も、奴隷のように、洗脳され、令和で終了して戴きたい、国の借金は膨れ上がり、税金も上がる一方、国が崩壊しない事祈る。

44

サイトの冒頭の德仁天皇雅子皇后の写真は、家には飾れそうもない。德仁天皇のお顔益々ぶおとこになっていく、眉は消えて目は小さくなり、オーラも品も感じられない。昭和天皇皇后の写真は田舎の祖母の実家に飾ってるが、やはりオーラと気品と清々しさがあられる。令和になりなぜこんなにかわったか?今の皇室と天皇家の国民に対する姿勢が表れてるのだろうか?

6
48

 そうだと思います。
平民上がりの美智子さんにリーダーシップをとられたのが子育てにも影響したのだと思います。
 平民には理解できないほど、孤独で超ボンボン育ちの天皇たちです。 そのボンボンたちから見れば、平民育ちで海千山千の妻が頼もしいのでしょう。 孤独な天皇にとり妻は唯一信じたい人物でしょう。 両親、妻だけが支えでしょう。
 両親が亡くなったら心細く、妻に頼るでしょう。
令和天皇の価値は、雅子さまが決めます。

4
21

徳仁天皇が望んでるし、変更は無理でしょう。憲法改正か革命が起きれば別ですが。

4
15

今上陛下が望んだわけではありませんよ
順番だから仕方ないのでは?
ですが鯰家に天皇家の血は入ってませんから鯰が次の天皇にはなれません偽皇族ですからね
鯰は皇嗣を名乗っていますが暫定です
何時でも皇嗣から落とされます
1宮家に変わりはありません
皇太子は次の天皇に確定してますが鯰は皇太子では無いんですから
皇太子の座は空席のままです

12
3

 私は、たとえ秋篠宮が天皇の血筋でも、秋篠宮家に皇統が移るなら皇室廃止を願います。
 

50

私は雅子さんもこれだけ美智子と紀子に陥れられて徳仁天皇が守り切れないか現実、便りにできないでしょう。天皇家皇室は令和で転げ落ちてます❗️存続はかなり厳しそうですね。

7
19

 今はそう見えるかもしれませんが、美智子さんは今上天皇の母親です。 嫁は憎くても息子は可愛いはず、老いと共に自然に実権は雅子さまに移ります。 それがわかってるから嫁イビリをやってるのでしょう。 上皇后とはいえ庶民と同じ、解脱までには到らないのでしょう。 キリストの教えは知りませんが。

12
4

日本の皇室の残るワンチャンスは早い時期に愛子を皇太子として次期天皇に定め、皇室を一新することだと思います。このためには、美智子紀子軍団に勝たなければなりませんが、それだけの器量徳仁天皇がおもちか?宮内庁がダメなので自ら政治家見方にして国民に語らないとダメでしょう。これができる天皇なら国民から尊敬され、天皇制も続くと思います✨

20
1

敬宮愛子内親王の成年式も近づいて来ました。
YouTubeのお椀コさんが教えてくれましたが、愛子さまというのはいみなで敬宮が称号なので、両親以外は敬宮様と呼ぶべきとのこと。
以前は上皇夫妻も敬宮と呼んでいたが、悠仁さんが産まれてからは、マコカコ共に差別しないよう愛子さまと呼ぶように、ミテの要望にマスコミも忖度してきたとの事です。

長い間、敬宮様を格下げして扱っていたということですね。
愛子さまと呼ぶのも親しみを感じて良いと単純に考えてましたが、気がつかないうちに、弟宮家と天皇家を同格に思わせたいミテの思惑に乗せられていましたね。宮内庁も次期天皇家という言葉に翻弄され過ぎで、もっと現天皇家を尊重すべきと思う。

29
1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。