「小室家への報道自粛要請」の裏に紀子さま? 皇嗣職「秋篠宮家の名誉を守るため」



文/木下聡

解決の道筋見えない400万円の借金問題

現在、延期状態となっている眞子さまと小室圭さんご結婚問題。結婚延期が決定された最大の要因は、小室圭さんの母親の佳代さんが元婚約者のX氏から借りていたとされる400万円借金トラブルだ。

一昨年のお誕生日会見にて秋篠宮殿下は、ご結婚に関して、「国民が納得できる説明をしてほしい」として、小室圭さんの母親の佳代さんの抱える400万円の借金トラブルへの対応を求めたが、小室圭さんは「解決済みの事柄と理解していた」という文書を発表したのみで、秋篠宮ご夫妻や国民にとって納得のいく説明はされなかった。

その後、2018年11月ごろに小室家は驚くべき大胆な行動に出た。なんと小室圭さんは弁護士を通して、この借金問題について報じたメディア各局に謝罪を求めたのだ。具体的には、金銭トラブルに関する説明文書の中の「(母・佳代さんと元婚約者の金銭問題は)解決済みの事柄であると理解してまいりました」という部分ばかり各番組で強調されたことは問題であるというのだ。

小室さんの代理人である上芝直史弁護士は『週刊文春』(2020年2月20日号)の取材に応え、「むしろ説明文書の核心は、その後の“今も感謝しており、今後は元婚約者からご理解を得られるように努めたい”にあるのに、そこを報じないのは完全な誤報だ」と主張しいる。

小室家から抗議を受けたTV各局は、求めに応じ陳謝のコメントを番組中に発表。にもかかわらず小室家側は、元婚約者側からの接触を拒絶しており、説明文書の発表から1年以上経っているにもかかわらず問題解決に向けて動いていないという。X氏の代理人も、当サイトの取材に応じ「何も進んでいません」と近況を語っている。

美智子さま「雅子さん、紀子さんを見習って」 両家の“距離”をお嘆きに

借金問題についての放置する小室圭さんの行動を黙殺するTVメディア

「説明文書の核心は、 “今も感謝しており、今後は元婚約者からご理解を得られるように努めたい”にあるのに、そこを報じないのは完全な誤報」であるとの抗議に対応し、謝罪を行ったTVメディアであるが、実際には小室圭さんはX氏と一切連絡を行わず、問題解決のための行動を起こしていない。

こうした小室圭さんの行動はかなり問題があるように思えるが、そのことに関して、TV局はどこも報じず沈黙を貫き通している。どうやらそのことには理由があるようだ。

「TV局としては、やはり訴訟をチラつかせてくる相手に対して、しつこく報じることは得策ではないと考えているようです。

また、仮に、女性宮家の創設が決定した後に小室圭さんが眞子さまと結婚すれば、小室圭さんが皇族となることとなります。そうなった場合、小室圭さんの関係を悪化させれば皇室報道を行う上で、必要な情報の提供を拒否される可能性もありますから、TV局各社としても、小室圭さんに対して批判的な報道は極力避けておきたい、というのが本音なのでしょう」(全国紙社会部記者)

さらに、こうしたTV局各社の報道姿勢には紀子さまのご意向を関係しているという。実は、借金の時効成立を前にして、紀子さまも借金問題について騒ぎにさせないで欲しい、とTV局各社に要望しているというのだ。

「現在、結婚問題がどのような結末となるのか、秋篠宮ご夫妻にも分からないような状況にあります。紀子さまが、最も恐れているシナリオは、小室圭さんの借金問題がTVメディアなどでも大々的に報じられたうえで、眞子さまとの結婚が実現することです。

400万円の借金をうやむやにして踏み倒した人物と眞子さまが結婚したということが大々的に報じられれば、秋篠宮家の信用を完全に地に堕ち、将来の悠仁さまの皇位継承にも影響を及ぼしかねません。

小室圭さんの問題が大々的に報じられ、『反秋篠宮家』や『悠仁さま即位反対』といった世論の声が高まることを紀子さまを大変懸念されており、そうならないためにも、宮内庁や親しい報道関係者を通じて、マスコミに報道自粛の要望を伝えられております。また、定例会見の終わり際に皇嗣職は、その理由についてオフレコで『これは秋篠宮家の名誉を守るためです』とも仰られているようです」(宮内庁関係者)

小室圭さんの素晴らしい努力とその成果は報われるのか

秋篠宮殿下は、眞子さまと小室圭さんの結婚を許可するための条件の一つとして、「多くの国民から祝福されること」を挙げたが、小室圭さんは現在まさに、「多くの国民から認められ、結婚を祝福されるため」に留学先のフォーダム大学にて大変な努力を行い、そして着実に成果を上げつつある。

今年4月には、米フォーダム大のHPにて同大学OBで大手投資銀行に勤務する金融専門家のRobert B. Nolan Jr.氏に対し、小室圭さんが、非常に流暢な英語で難解な専門用語を交えながら次々に鋭い質問を投げかけるインタビュー音声が公開された。

この音声を聴いた経済アナリストの森永卓郎さんは、英語力の高さと、この分野における小室圭さんの見識の深さに舌を巻き、その実力を次のように称賛した。

「小室さんの英語は(中略)発音は正確で、文法もちゃんとしています。十分、ビジネスでも通用するレベルだと思います。(中略)

資金調達というのは企業経営においていちばん大切な要素。小室さんが企業を相手にした弁護士業務を行うのであれば、資金についての勉強は必須です。もし、台本なしでインタビューを行っているなら、小室さんはすでに企業弁護士になる実力を十分に培っていると見ていいでしょう」

さらに、注目を浴びたのは、弁護士の勉強の傍ら執筆した金融に関する論文だ。小室圭さんが執筆した論文は、厳しい査読を通過しニューヨーク州弁護士会のビジネス法部門が刊行する専門誌『NY Business Law Journal』の’19年夏号に掲載された。

日本とニューヨーク州の弁護士資格を持つ山口真由さんは、小室さんの論文掲載について、次のような賛辞を送っている。

「弁護士を目指して勉強をしながら論文を書いて応募するのは、とてもたいへんなことです。東大でもハーバードでも、私の周りには専門誌に論文を掲載された学生はいませんでした。小室さんの発想力と行動力は、アメリカでは大きく評価されると思います」

とはいえ、こうした成果にも関わらず、小室圭さんが眞子さまとの結婚を実現できるかは定かではない。

「一昨年のお誕生日会見にて、借金問題の解決を求める発言をされた秋篠宮殿下は、小室圭さんの学問上の成果に関しても“結婚とは別問題”と考えられているようで、やはり現在でも結婚に納得はされていないようです。

また、眞子さまも、小室圭さんの華々しい活躍を喜ばれる一方で、肝心の借金問題について一切解決のための手段を講じないことには失望をされているといいます」(前出の宮内庁関係者)

やはり、借金問題の解決なくして結婚の実現は難しいということだろう。小室圭さんの必死の努力も結婚実現のという目標達成という点からは、「空回り」とも「間違った方向の努力」であるとも言えそうだ。小室圭さんのさる友人は語る「あいつは優しくて誠実で良い奴ですよ。今も僕はあいつを信じています」。国民もそう信じたいと願っているだろう。

美智子さま「雅子さん、紀子さんを見習って」 両家の“距離”をお嘆きに