小室圭さん「DV」で眞子さんを…紀子さま激怒も「後の祭り」


「眞子さんは、NYでの新生活を気に入っている一方で、小室圭さんは、新しい職場にも馴染めず、あまり強くNYに留まりたいとは考えていないようですね。

起業家らへの資金調達のアドバイスをする業務に携わっているようですが、小室圭さんは、NY州弁護士の資格も持っていませんし、起業の経験もなければ、投資家や経営者としてベンチャー企業のスタートアップに携わったこともありません。

そもそも、まともに社会人として働いた期間もほとんどない小室圭さんは、こうした高度な業務に携わるだけの経験も能力もないとして、ほとんどお荷物扱いされているそうですよ。

ですので、おそらく、今回の試験も努力の甲斐なく不合格となってしまったということにして、新たに、別の大学に入り直すのではないでしょうか?眞子さんは、1億円以上の貯金を有しているそうですし、また数年間、モラトリアムの期間にしようと考えているのではないでしょうか」(皇室ジャーナリスト)

ストレスたまって眞子さんにDVしてそ。そういうカップルほど共依存になりやすくて、異常行動をとりやすいらしい。

試験には落第であの有様。秋篠宮さんも紀子アさんも激怒しても後の祭り。

国民の信頼を失い、娘を失い、すべてを失いましたね。

DV?無能な奴程暴力的だからね、あるかも。
でも、逆もあるかもよ。
だって、赤坂では毎日狂った様に喚き散らして暴れていたのでしょ?
丼のDVもあるよ、無能なのは同じだから。

夫婦仲が上手くいってなくて、離婚も秒読みだと噂になっています。

離婚するのは二人の勝手ですが、国民が忠告したのも聞かずに喧嘩を売って、強行結婚をしてニューヨークに行ったのだから、日本には二度と帰って来ないで下さい。

「楽して、人を騙して贅沢三昧すること」
それが彼の夢。

NYの法律事務所をクビになっても、金蔓眞子を手放さない限り
次期天皇家の犯罪者が親(家族)としているから大丈夫!(実母・佳代と一緒だね)
それに、秋篠家の後ろ盾は、
国税を使い、国ぐるみで犯罪を犯す与党政府だから。

政府の私利私欲の為なら、与党は犯罪を許し、犯罪者であろうが国民・国の象徴にするつもり。
日本の象徴を犯罪者にする・・・それが日本の政治だったのか!

無能って、最初から分かっていた事じゃない(笑)。役立たずは、何処へ行っても役立たず。急に優能になったりしないでしょ。

雑用位しか出来ないくせに
「オレは皇族だ、雑用なんかさせるな。」と、コネで入った銀行も辞めたとか。
くだらない男。

ゴミはゴミらしく隅っこで大人しくしていれば良いものを。

写真の小室圭さんは、秋篠宮文仁殿下の義理の息子さんです。2人はとても近いご親族ですね。
義理とはいえ、息子さんですから。

わたし、この人のためには死ねない。
天皇陛下万歳は言えない!
A宮を仰ぐことはできない。
腹の底から怒りと軽蔑がわき起こっているから。

小室が眞子にDVではなくて
眞子が小室にDVだと思う。
小室は異常なブランド好き、セレブ志向の母親のもとで育って、女の言いなりになって、真子の命令をただ全面的に聞くだけの男。
自分のやりたいことといえば
ただステータスを持っている 眞子の夫
それだけ。30過ぎまでまともに働いた事がないので使え無いのは当たり前。

ブタ子は黙ってDVを受けるタマではない。
あの気の強さと粗暴さ!
何倍にもして返していると思う。

朝から笑っちゃいました。
クズのレベルが違うでしょうに。
いいお方ですね。
お茶を入れて差し上げたいです。
失礼しました。

一つや二つではない悪事に手を染めてしまっている偽皇族に
今更、正しい道を解いたところで無意味です。
犯罪者であろう圭与とその実弟まで匿うには、親戚になった事以外に
脅迫材料を捕まれている弱味もあるのだろう! もう時間の問題で、最期の
足掻きをしているものと思います。
圭与は、実弟とグルによってトシカツ氏を殺めています❗ 

116件のコメント

ポンコツ負債がどうなろうと、どうでもいい。
願わくば、○し合って2人とも消えてくれ!。

113
1

職員60人、介護職15人の他 医療従事者も10人前後は常にいますから そろそろ、職員は 減らしても良いと思います。昨年 宮内庁の職員が、吹上げ御所の電球交換の際に 亡くなられた事を考えると、お金をかける所が間違っているように思えます。

35

清子さんの披露宴
皇族方は、ドレスコードを打ち合わせされています。
正式な格式ある着物で、というドレスコードを雅子様には知らせず、雅子様だけドレスで、参加させて恥かかせた皿婆です。

帯状疱疹で、触るのも痛い状態で来賓迎えるパーティでは、ドレスコードを着物にした皿婆です。
雅子様は、痛みを堪えて着物で、参加されています。
次男嫁が、帯状疱疹の後も痛みが、凄いらしいですよ。布地が、身体に当たるのも痛いそうですよ。
で、2人で、着物をドレスコードにしましょうと
雅子様に着物で、と伝えたそうです。

雅子様のドレスをわざと同じ色で、真似る次男嫁。
皿婆のスパイ職員が、調べて、
次男嫁に伝えて同じ色で、参加させていじめています。
皿婆の指図なので、罪悪感ない次男嫁。

皿婆あんたは、皇族失格!

50

散財BBAの新調衣装の金額にびっくりです。
皿帽子一つ100万越え、靴バッグアクセサリーも!
次男嫁が、これを継承してコロナ禍に2000万のドレス、押しかけ公務のたびに新調衣装。
雅子様は、着回しばかりで、数少ない海外公務では、何度も着たドレスでした。
皺のまま着せるようにと指令出していた皿婆。
指令の証拠は、このミッション成功させた女官を自分の女官にして待遇アップです。
お茶会では、時間を遅く伝える意地悪です。
序列席を末席にしました。
履いていた靴を女官に命じて隠して、スリッパで帰られた雅子様。
都合良く雅子様の靴だけ、遠く離れた場所から見つかったそうです。
バッシングは、お抱え週刊誌に書かせて!
16歳になったら、母親と出ていけと愛子様に意地悪しています。
オランダ静養では、すぐに私達は、私的に海外へ旅行したことないとハゼ爺と会見した皿婆。
次男嫁は、私的に毎年海外旅行。

次男嫁の振る舞いは、皿婆の完コピです。
出入り業者いじめも下僕扱いも。
税金横領贅沢三昧も。
自愛の皿婆が、少し利口だっただけで、国民は騙されていた!

天皇が、輝くのも雅子様愛子様との正しい生き方のおかげです。

次男一家のドス黒い負のオーラは、悪事塗れのせいです。
皿婆も同じく、ドス黒いオーラ!

45

数々の国民が知らなかった事ばかり、雅子さま本当にお可哀想。
雅子さまこそ、離婚できてご自由になられたら、お幸せだったろうに。

でも国民は、皇后雅子さまが、大好きです。

42

令和の天皇皇室は昭和と真逆!国民に寄り添わず、湯水の如く血税使い、犯罪者の温床。そして何も手を打たない宮内庁と天皇。この二人にはいつまで血税投入されるのか?天皇制度と皇室は即刻廃止すべきでしょう✨

23
8

もし女性宮家が創設されれば、眞子さまと小室圭さんが結婚されれば、眞子さまが当主として「小室宮家」が創設されることになる。そうなれば皇族邸が必要になるため、眞子さまが希望したように「高輪皇族邸に小室母子と住みたい」という希望は叶えられる可能性はゼロではない。これを踏まえるならば、小室圭さんの「高輪皇族邸に住めると聞いていたのに、話が違う」という発言は、もしかしたら美智子さまと小室家のあいだで何か約束があったのではないだろうか? さきの関係者は次のように推測する。

「減り続ける皇族の数には皆、頭を悩ませています。だからといって『配偶者が皇族入りする』となれば、女性皇族の結婚はハードルが高くなります。なので美智子さまが『眞子と結婚したら、私が全力でサポートするから』と小室母子に約束していた可能性はあるでしょう。この美智子さまの言葉を『皇族になったら高輪皇族邸に住める』と小室母子が受け取った可能性は大いにあります。反故にされましたが。

この過去記事からも皇室で宮家創設してお手振り生活で、贅沢三昧暮らす予定だったとわかります。
弁護士になる気ありません。
皿婆も小室邸の予定でリフォーム代10億かけましたが、スキャンダルで方向転換しただけ。
当初の計画を録音していたのでしょう。

46

今度の選挙、
皇室典範改正を掲げる人がいたら投票したい。
政府ももうちょっと危機感持てば??

63

皿婆と次男一家には、会計監査が必要です。
焼却炉?中止して下さい。
国民が使っている焼却炉で充分です。
皿もまとめて焼いて下さい。

57

焼却炉の費用も税金の無駄遣い。
何故急に焼いて埋めて!になる訳?
韓国じゃあるまいし、一際大きな古墳もどきをご希望だそうで!
焼却炉は、皇族専用なの?
あちらの国の祭祀をイメージしました。

25

次男一家の公務

天皇陛下から引き継いだ公務=お車代や謝礼が出ない→リモートで済ませる
大変わかりやすいです!

お車代よこせ。一本100万が最低金額だそうです。

41

今後次男一家に皇統が移った場合、
少なくとも皇室外交はまともには出来ない。
今上天皇即位以降、一連の行事での欧米王室の態度でよくわかる。

私利私欲で動く人を象徴とか、国母とか、無理!

57

夫は次代の天皇として益々存在感を発揮
長女はメトロポリタン美術館から学芸員としてオファーがかかる。婿も国際弁護士として活躍
次女は長女の総裁職を引き継ぎ、良家の子息からの縁談が引く手数多
長男は超名門付属高校で文武両道のプリンスと羨望の的!将来は史上初の東大卒の天皇!

はい、全てはひきつった笑顔の宮妃さまの「妄想」です。暗澹たる現実から逃れたいがために毎日毎日公務に勤しんでいます。

IKKOさんのまぼろしーーーーが聞こえます。

48

米国の長女夫婦への水面下での金銭援助の為に
宮内庁に圧力をかけて急に望まれない公務を増やす

秋篠宮家付きの職員に対する劣悪なパワハラがあり
公務で作り笑顔の般若の面のような顔が恐しく不快

皇嗣殿下といい、皇嗣妃といい、そして次女といい
浅ましさを感じてしまうほどの公務での稼ぎ方だね

英国王室のチャールズ皇太子が 日本の皇嗣妃は
メーガン妃よりガメツクてタチが悪いと嫌われて
英国王室の訪問は出禁状態なのは日本の恥でしょう

スペイン王室にもオランダ王室にも英国王室にも
嫌悪されている宮家から未来の天皇は有り得ない!

51

神様にご奉告に行かれる時はついでに作業を決してしてはいけないのだと、ある媒体で知りました。
名古屋に先に寄られていましたよね。

歴代の皇室の御霊と日本の最高峰の天照大神さまに対して、大変失礼な行いの報いは次男御一家に必ずくるのではないでしょうか。。。

と感じてしまいました。。

51

次男宮家に必要なのは、少し引き籠られて越し方、行く末を考えられることしかありません。度々ハリボテ公務をされても、もう少しも国民の心に響きません。

先ずは、NYカップルへの税金たれ流しの後始末。
秋篠宮が総領事を呼んでまでお世話を依頼されたのですから、責任重大です。
次は悠仁様の剽窃問題の謝罪と賞の辞退。このままでは国際的にも恥ずかしすぎです。
最低これくらいはなさらなければ、とても国民の納得は得られません。
もう遅すぎるとは思いますが。

41

婚約直前のスクープ写真の次男嫁
古い団地のベランダで だらしなく干した下着の前に たたずんでおられた。
そういうご家庭に育った女性でよろしいのか… と国民が憂いて30余年
案の定…の今でございます!

49

男子を産んだから優遇され忖度され会計監査もなく使いたい放題。批判されたら親子そろって逆ギレ威嚇の上、メディアを抱き込みウンザリするほどの情報操作で国民を煽り続ける。おおよそ皇室の人間の所業と思えぬ質の悪い行いに反社会的な匂いまで感じてしまう。まるで秋家お抱えの機関と化したマスメディアの様相を見ても、裏に恐ろしい力が働いているとしか思えない。

49

皇嗣邸当初33億予算が、ご夫妻北欧訪問の際北欧家具購入一億円分、紀子さまが、屋根をチタンにしてと三億、最近漏れてきた報道では、金をもっと増やして、とご要求がとめどもなかった。宮内庁は国民の批判を避けるためはっきり言わないが、40ー60億かかったらしい。さらに仮御所に10億。皇嗣家になってから国家予算が使え、億単位で自分の希望が通るとお分かりになったようだ。
天皇陛下夫妻は希望が通ることがわかってもこんなことはされない。宮殿改修に8億円。余った予算を返還しているのに。
秋篠宮家は皇室は伝統を守ることが一番大事と言っているが、日本皇室の質素という伝統は守るつもりはないようである。

47

美智子さまにとって、仙洞仮御所での生活は多大なストレスとなっているようだ」とは、皇室関係者。

「仙洞仮御所は、とにかく敷地が狭い。美智子さまは上皇さまとの散歩を日課とされていますが、敷地内では同じところを回るしかありません。また1年半ほど前、羽田空港が新たな飛行ルートを採用し、仙洞仮御所の上空を飛行機が通るようになりました。声を張らないと会話ができないほどの騒音だそうです」

 さらに、「指のしびれも続いており、趣味のピアノを満足に弾ける状態ではない」(皇室関係者)という。

「天皇ご一家の引っ越しが終わり、赤坂御所の改修が終われば、上皇ご夫妻はそこにお引っ越しができます。赤坂御用地は敷地も広く、散歩されるには充分なばかりか、孫の悠仁さまもいらっしゃるなど、ご気分が晴れるはずです。美智子さまにとって、皇太子妃時代に30年間暮らされた、思い出の邸宅でもあります。

さすが自愛の皿婆の記事です。コロナ禍に国民に寄り添うどころか、自分中心のお方ですね。

贅沢三昧税金使って、狭いだの、ここが良いだの、わがままーーー。
敷地が狭い?理解不可能です。

49

オリンピック話

絶対美智子が雅子さまをオリンピックの舞台で活躍させないように「雅子さまを欠席させろ!」と宮内庁に圧力かけた!

あの突然の「馬アレルギー」発表で雅子さまは馬車には乗れません!と美智子が宮内庁に発表させたようにさ。

即位の礼の時のように、雅子皇后陛下の素晴らしい語学力で再び雅子さまが脚光を浴びたら困るもんね~。

もうさこんな美智子と紀子の言いなりばかりになって天皇ご一家をないがしろにするようなバカな宮内庁なんていらないよ!名前もいっそのこと「美智子&紀子庁」に変えたら?

60

篠原さんの昨日の番組

皿婆の実態

出入り業者からの真実が届きました。

びっくりです‼️

騙されていた国民。

業者いじめも酷くて、三島由紀夫の背のりしませんか!と皿婆が誘っていたという人物像にピッタリ。

業者にも意地悪していて、人間扱いしていません。

次男嫁が、あだ名付けてこき使うという師匠は皿婆です。

人間扱いしないという話です。

48

何回も深夜迄かかって、呼び出しされて、
もうこれで良いはずなのに、また直せと!
何回も採寸仮縫いして、プロが、揃って呼び出しされています。
で、お直しは、3mmここが、、とかいじめの世界だったそうです。
予定を組んでお仕立てではありません。
いつも急にです。
職人達は、徹夜で、何度もさせられるお仕立てだそうで!
完璧に仕上げても必ず3mmとかで、やり直し。

お針子さんへの差し入れは、人数分ではありません。ほんの少しだけで、わざわざ購入せずに
皇室で、余ったお菓子を届けられている。
固くなった和菓子を細かく切って分け合うサイズ。
これが皿婆のいじめ、、、底意地悪すぎ。

徹夜で、仕上げ、
何度もやり直しさせて、差し入れは、固くなった使い回しのお菓子。

シャネルのバッグは、ロゴマークをとって使っていたそうです。
内側は、シャネル!

強欲BBA

次男嫁と同じでした。

30

雅子様が病気になられた理由が良くわかった!
普通の神経ならば、もたないでしょう。

陰湿ないじめと税金横領贅沢三昧な皇室の黒幕。

次男一家が系統を継ぐならば、北のファミリー状態の日本になるのです。

58
1

1989年7月〜8月タイへ行き、チャオプラヤ川流域に住むクァオリーンさんを見染めた羊パパ。
7/30に関係を持ち、クァオリーンさんは、羊パパの子を1990年5/16に出産。
1992年9月タイへ行った羊パパ。2歳の息子と写真を撮っています。

信じるかどうかはあなた次第。

タイの隠し子と愛人にも税金がたんまり流されています。

42

次男嫁の親族でレリアンが、出入り業者でキックバッグで大儲けしていた!
次男嫁の弟も皇室ビジネスで、何とか総裁が20以上の役職です。報酬だけでもがっぽり。
会食で食べ過ぎて今ではドラえもん体型です。
パンダマークのオクノ爺とも皇室ビジネス。
本を書かせた奴は、税金で贅沢三昧なプライベート旅行に度々同行。
つくふの校長も札束権力。お家もリフォームしてもらって。
お茶の校長も札束権力。
秋山医師も札束権力で急に立派な役職です。
北九州市の建築物も札束権力でズブズブ。
東大農学部からメトロ美術館、国連と日米に渡って、札束権力。

皇室の紋が見えぬか!とグラサン皿婆の指令です!

60

試験に受からなくても、ゲーム三昧の意味は、全て皿婆の平成時代からの悪行が、今のスキャンダル塗れになっているということですね。
皿婆の企みを理解すれば、孫娘夫婦や次男一家のやりたい放題が良くわかります。
小和田家が皇室利用してビジネスしていたら、皿婆はマスコミ使って批判させるでしょう。
皇居に通いという言い訳で住まわせ、私利私欲塗れに皇族特権乱用していた次男嫁の実家を黙って見ていた訳は?
お仲間だったという話です。
強気のやりたい放題の孫娘も紐男も全て皿婆の後ろ盾のあるスキームだっただけ。
外務省の細やかなサポートも全て皿婆の指示。

国宝級のお宝持ち出しや国連も!

東大コースから、寄附金ばら撒き、皿婆と次男一家の王国ですか?

49

誕生日跨いで、内定費も数日だけで1000万近く持っていきました。
せこい女!
かき集める税金の総額って、、。

6000万の税金で婚前ヨーロッパ旅行。
フォーダム大で4000万。

全て税金でやりたい放題です。

42

皿婆から一億の結婚祝い。
ブラジルパラグアイから三億の賞金。
羊パパから毎月200万の生活費。
オクノ爺から年間500万以上のマネロン給料。
2000万の弁当手配で貰う給料
生前贈与で夫婦分毎年3600万
もちろん羊パパから結婚祝いで億の祝い金。
自分の蓄財億円。

家賃家事代行警備費用、飛行機代交通費別途国民の税金です。

これが摩天楼夫婦のセレブ生活費です。

追加でメトロからも2000万以上流す予定でしょう。

遺産も桁違いで相続、、、試験勉強しないで高笑いでしょう!

42

安倍さんを始め「日本会議」の人たちは、「男女差別「が皇室の皇位継承問題に及んでいるのが世界的に「恥」」であることを知るべき。そしてそれが、日本社会への評価につながり、ビジネスをはじめとして様々な分野で「劣っている」と見做される可能性が高くなることを危惧すべき。民主的な価値観を共有できる相手と見做されないということ。これは見えないボディー・ブロウのように遅かれ早かれ効いてくるはず。

王制が残っているヨーロッパの(先進)国を俯瞰する限り、「直系長子」が男女の別なく王位を継承することになっている。それをあえて「男系男子」という時代遅れの制度に固執しようとする日本。日本がいかに女性の地位が低いままであることの証左。それが世界から侮蔑の対象になっていることを、知るべきである。男子にこだわる人たちは「日本が特殊な国」であるということを強調するけれど、それは世界標準では通用しない。日本という国を「尊敬に値する国」として世界に誇りたいのであれば、この男女差別的な「男子」のみに皇位継承を認めるというのを廃止する必要がある。これは喫緊の重要な、そして「待った無しの」事項である。

「日経プラス(テレビ東京系)」で出口治明氏(立命館アジア太平洋大学学長)が、日本の出生率の低下が止まらないというニュースを受けてのコメントをしておられた。曰く、「出生率の低下原因は日本での男女差別がひどいこと。最新版『世界男女平等ランキング2020』で、日本は121位で史上最低。G7でダントツ最下位である」と述べておられた。また、出生率低下を軽視すれば「国家存亡の危機」に見舞われる。それが歴史的事実だとも、言明しておられた。

日本人にはさほど抵抗がないというか、無理やり受け入れさせられている男性優位の価値観は、世界ではおよそ受けいれられるものではない。軽蔑の対象でこそあれ、対等とは見做されない。これは結構深刻な事態である。日本人はここを全く理解していない。

50

線の細い盗作坊やで、系統を守れるはずない!
線の太い姉が、狙っています。
天皇にしてあげる!から天皇のパパにしてあげる!とゲーム三昧の紐夫婦の会話です。

38

裏口盗作坊やに女子しか産まれなかったら、女性天皇誕生になるのですか!
天皇教育されていない一家が、ずーっと系統を継ぐ?
子供が産まれなかったり、病気になって天皇を維持出来ない場合には、姉2人の子供が、
男女の性別関係なく天皇に繰り上げですよ。
愛子様に戻ってこない系統です。
紐男が天皇の親で、ジェニーが祖母。
天皇家の財産も全てあちらへ!

こんな展開でも愛子天皇を考えずに次男一家に系統を移す危険を考えているのか?

皇室乗っ取り成功と高笑いなのは誰?

44

制度として、将来の皇位継承者が早期に定まるという点で、長子優先の方が優れているのは明らかであると思う。あとは、国民感情というものをどのように考えるかという問題ではないか。
この問題を今日考えるに当たって重要な意味を持つのは、性別よりもむしろ、象徴天皇の制度の下で皇室の在り方を体現する存在として成長されたということではないか。

皇位継承順位については、国民が、御幼少の頃から、将来の天皇として期待を込めて御成長を見守ることのできるようなわかりやすく安定した制度であることが望ましいなどの理由で長子優先に、皇族の範囲については、女性皇族が婚姻後も皇族に残るようにするとともに、将来の皇位継承資格者の存在を確実なものとするという視点から、世数で一律に限定せず、いわゆる永世皇族制としたうえで、皇籍離脱制度の運用により皇族の規模を調整することを基本に、報告書をとりまとめることで意見の一致を見た。

その一つが「長子優先」でありもう一つは「性別よりも皇室のあり方を体現する存在として成長された方が天皇に」である。そこには国民感情への配慮も考える必要があるとも説かれている。

この二点いずれも、秋篠宮もその子の悠仁さんも当てはまらない。文仁も悠仁も「長子」でなく、また天皇になる教育を受けていないから。さらにいうなら、国民はこの二人への尊敬も、敬愛の念も抱いていない。いかがわしさとフェイク感が満載のこの二人に、国民が感じるのは軽蔑と怒りである。

この一家の見事なまでの愚かしさと厚かましさだけでも、軽侮の対象であるけれど、それ以上に紀子妃の行状、特に前皇后と結託しての雅子さま苛め、紀子親族のいかがわしさ。さらには、エセ「公務」での荒稼ぎ等々、枚挙にいとまがなく、一般市民でもそこまで卑しい人間は滅多にいないだろう。それが娘の小室某によって暴かれたのだけれど、まさにこの人は秋篠宮一家の「類友」だった。国民が広くこれを知ることになった今、この一家から「皇嗣」が出てはならない。

17回に及ぶ「有識者会議」の議事要旨に目を通した印象は、きちんとした議論がなされているというものだった。これは懐妊テロの前だったからなのか、どうか。安倍さんは新たな「有識者会議」の立ち上げを延期しているけれど、その必要があるのだろうか疑問である。この有識者会議の結論を広く提示し、国民の意見を仰ぐべきではないか。その際、「女性天皇、女系天皇」に賛成、つまり敬宮愛子さまが天皇になられることに賛成する国民が八割を超えていることを、もっとも重く捉えるべきである。それを無視すれば、国難とでもいうべき事態になる恐れもある。

53

平成18年2月7日、紀子妃懐妊スクープがあった。それがなければ、17回の議事要旨と結論から鑑みて、敬宮愛子様が次の天皇陛下になられることが決定していたはずである。紀子懐妊を会期中の国会で報告したのが当時幹事長だった(現総理)安倍さんだった。ここにも、安倍さんと秋篠宮・妃との結託が普通の関係以上だったことが窺える。妊娠6週目で何故男子と強気だった?女腹ですよ。

安倍さんと紀子の結託がいかに強いかは、「立皇嗣の礼」を強行しようとした紀子に忖度した結果、「緊急事態宣言」発出が大幅に遅れ、すでに感染がピークアウトしてしまった時点で発令する顛末となったところにも、よく表れている。なんでも紀子は安倍さんに数回に及ぶ電話で、プレッシャーをかけたとか。その執念たるや、実に恐ろしいし、おぞましい。
政治家と癒着している天皇家なんて有り得ないです。

57

菅を睨んでいる紐嫁をネットで見ました。
国会の開会式でメンチきっています。
天皇にもメンチきっています。
こういう娘が、将来天皇の母?になるかも!
ジェニーの再婚相手がヤクザならば、天皇の祖父がヤクザです!
紐パン女が、親戚です。

35

アベさんとの電話は聞きましたが、
スガさんにも同様にかけまくったとか。

なんでそんなに簡単にできるのでしょうか。

36

国民の命よりも私利私欲塗れが、天皇家?
2000万のドレス新調し、もちろんキックバックで蓄財しています。
コロナ禍にです。
ビニール袋の防護服を職員に作らせて自分達が作ったと写真撮影まで病院でさせています。
防護服は買い占めて、自分達だけ使っていました。

愛子様は、ティアラをコロナ禍に自粛。
コロナ禍に生前贈与だと孫娘に夫婦で3600万毎年送るそうです。
震災のすぐ後にティアラを豪勢に作らせていた次男一家。

天皇家は、お手元金から一億円寄附。
皿も次男一家もマネロンの鬼ですが、一円も寄附せずにビニール袋だけ。

52
1

上皇夫妻のための新住居の費用。まず仮住まいの高輪皇族邸(旧高松宮邸)の改修に5.5億円(ここすでに完成済みなのに、上皇夫妻は未だ皇居に居座っているのですが)。そして彼らの新住居となる「新仙洞御所」の改修費用が約70億円!そこには前皇后の衣装倉庫代4億円も含まれるそう。

輪をかけて呆れ返るのが秋篠宮家邸の改修費用が<仮住まい:13億円+本邸:30億円>という報道。そしてこの「仮住まい」が曲者。「女性宮家」になった秋篠宮長女をこの13億円の仮住まいに住まわせる、例の小室某と結婚させてですか。
上皇、秋篠宮邸の新住居で合わせて113億円。全部私たちの税金です。もっと他に使い道はあるでしょう。本当に「国民に寄り添う」なら。私たちはいつまでこんな蛭のような人たちに貪り続けられなければならないのでしょうか。政治は何もできないのでしょうか。
秋邸部分がさらに増額で33億円と3億円増し。ただ、仮住まいの方が約10億で予定の13億より3億少なくなる。それでも上皇邸と秋邸の費用は合わせて113億円というのは変わらず。

一体どうしたらこんな莫大になるのやら。それへの返答が「金(きん)をふんだんに使う」だったとは!呆れて開いた口が塞がらない。こんな「皇族」要りますか?参院選ではしっかり各党の、各候補者の皇室への方針を確認してから投票しましょう。

秋篠宮も美智子前も末期症状。秋篠宮の自邸への税金濫用はすでに美智子前例があります。それを挙げている記事を見つけました。ただ出典をひかえていいないのですが、雑誌記事ですね。昭和天皇崩御後、昭和天皇・皇后陛下がお住まいだった吹上御所に入るのを拒否、新たに宮殿を建設させている。この記事によると、新御所建設費用が76億円。閣議決定では40億に決まっていたのに、大幅増額。記事は続けて、「宮中独裁どころか、美智子皇后は国民の血税である巨額の予算を勝手に左右することができる。」

52

横で失礼します。天皇様と秋篠は、同じ家に生まれても、お育ちが全く違う。皇居内だけで秋家を窘められないなら、誰が鈴をつけるのか。反省という言葉を知らない家庭。あっち行け!

18

引退したのに職員が60人越えのままなのは、税金の無駄です。
公務でなくお遊びしかないのに1人1000万以上の給料!
政治家もこのお金の使い方に疑問ない訳?
天皇家が、職員の数が多いのは理解出来ますが、2人の老人に介護はまた別に雇っていて、何してんの?
退職金も凄い金額です。

ゲーム三昧の孫娘夫婦同様に職員もゲーム三昧ですか?

43

私が美智子前皇后を許せない大きな理由は、こういう謝礼「公務」をされないことを言いがかりにして、雅子さまを叩いたこと。もともと現天皇陛下は皇太子時代からそういう謝礼が出る「公務」をされないのだけれど、朝日系マスコミ、「文春」、「女性なんちゃら」といった不良週刊誌が美智子(前)皇后と結託、雅子さまに集中的に理不尽な罵詈雑言を浴びせた。「恥を知れ!」と言いたい。

そしてもっと許せないのは、ご自分が増やした謝礼金付き「公務」を秋篠宮の不良債権ならぬ不良娘たちに引き継がせて来ていること。毎日のように彼女たちはコンサートやら観劇やらに出かけている。彼女たちの頭脳、感性ではおそらく理解できない内容であるにもかかわらず。呼ぶ団体も団体である。秋篠宮に絡む利権が見え隠れする。こういうのも、ネット社会になって情報が流布・流通するようになり、その本質があばかれるようになった。週刊誌のお抱え御用記者を使っても揉み消せないほど、ネット情報の方が上を行くようになったから。

内廷費とは両陛下ご一家と上皇夫妻との「生活費」に当たるもの。平成時代には天皇夫妻と皇太子ご夫妻一家との「生活費」だったのだけれど、衣装道楽の美智子前皇后がこの大半を使っていた。令和の今現在も上皇夫婦家と天皇家とで共同になっているので、前皇后が未だに多くを消費しているとみられる。何しろあの地味な洋服1着が4百万円っていうんですからね。ネット民が「皿」と呼んでいるあのヘンテコな帽子も数十万?

当時の皇太子ご一家、そして令和になってからの天皇ご一家の生活費はわずか500万円だとか。「いい加減にしろ!」と言いたい。これだと雅子さまが衣装にお金をかけられないはず。雅子さまがお洋服を着まわしておられたのは、以前の記事にいただいたコメントで知った。「週刊文春」は「雅子様の金銭感覚」というバッシング記事を出し、まるで雅子さまが贅沢三昧をしているかのように叩いた。いちばん質素な雅子様が、いちばん浪費家であるかのような印象操作していたとは許せない。

何を着ても似合われる華やかで美しい雅子さまにこそ、素敵なお洋服をいっぱい着ていただきたかった。皿様と揶揄される前皇后にではなく。また、何を着てもお里の半島民族衣装にしか見えない秋篠宮妃と、何を着てもバスガイドにしか見えないその娘たちにではなく。上皇夫妻と天皇ご一家との会計を別にしていただきたい。それができないのなら、それぞれがどれほど使ったのかの明細を、明らかにしてほしい。宮内庁の責任ですよ!しっかり働いてください。

そうそう、「皇嗣家(秋篠宮家)の皇族費はこれまでの3倍と決められ、今後は秋篠宮一家に年額約1億2千万円が支払われる」という記事を読んで、「やめて!」と叫んでしまった。これ、私たち日本国民の税金なんですよ。

54
1

ほんとに国民は舐められバカにされていた。いつまでもチャラチャラしてんじゃねーよ!

10

天皇家と皿婆の内定費は、別々にするべき!
紐夫婦に流されている税金でしょう!

42

次男の嫁、キコが私たちの納めた血税を湯水のごとく浪費するのは、姑に倣っているのだろうか。

政府に会計監査を入れるように働きかけるしかない。

45

もっと腹立たしいのは退位した上皇夫妻のための新住居の費用。まず仮住まいの高輪皇族邸(旧高松宮邸)の改修に5.5億円(ここすでに完成済みなのに、上皇夫妻は未だ皇居に居座っているのですが)。そして彼らの新住居となる「新仙洞御所」の改修費用が約70億円!そこには前皇后の衣装倉庫代4億円も含まれるそう。これ、全て私たちの税金です。何が「国民に寄り添う」ですか。ブラックユーモアですか。

輪をかけて呆れ返るのが秋篠宮家邸の改修費用が<仮住まい:13億円+本邸:30億円>という報道。そしてこの「仮住まい」が曲者。「女性宮家」になった秋篠宮長女をこの13億円の仮住まいに住まわせる、例の小室某と結婚させてです。

上皇、秋篠宮邸の新住居で合わせて113億円。全部私たちの税金です。もっと他に使い道はあるでしょう。本当に「国民に寄り添う」なら。私たちはいつまでこんな蛭のような人たちに貪り続けられなければならないのでしょうか。政治は何もできないのでしょうか。官邸へ苦情のメールを送るという方がおられました。どんどん送りましょう!

42

美智子前皇后、まさに「自愛」の人だったことに、遅まきながら気づく国民も増えて来た。手をかえ品を変えての雅子さまへのいじめがあったことが、最近の雅子皇后陛下のご活躍によって明らかになっている。

皇室資料を見れば、平成になっての「公務」と称したお出かけが飛躍的に増えているのが一目瞭然。

そのほとんどが必要なものではなく、彼女が創出した「公務」にしか過ぎない。そういう不必要な公務を増やした理由の一つが謝礼を稼ぐため、加えて毎回誂えた新しい衣装を見せびらかすため。なんと衣装代だけでも何百億円になると聞いて、呆れ返ると同時に怒りがマグマのように湧いてくる。引き連れ歩いたSPの費用を入れると、天文学的な数字になるはずである。

「美智子様の真実は平成の西太后か武則天 退位後も内廷費で税金が湯水です。」

49

天皇陛下が皇太子殿下の頃、ご結婚相手の条件を尋ねられた際。
例えばティファニーで散財するような金銭感覚の方では困るともおっしゃっていましたね。
今にして思うと母でありながら苦々しく思われていらしたのですね。
やはり帝王学の重みは天皇陛下で思い知らされました。
幼い頃から将来の天皇としての凛々しさ、カリスマ性をお持ちでした。
そして長い時間をかけて選ばれたお妃。
今でも、凛とされた雅子皇后の婚約会見は忘れられません。
有能な外交官でいらしたので、時折の会見での言葉の使い方表情は、さすが!と感動しておりました。
日本の最高の外交官であり、日本の宝と思っておりました。
その才能を長きに渡り封じ込められたのは悔しい限りです。
今こうしたコメントを見ても多くの国民から愛され、敬われていらっしゃる天皇ご一家。
ご一家の存在は国民の誇りであり、日本の宝です。

しかし、品位品格は皆無、特権乱用、贅沢三昧、やりたい放題など、国民に安寧をもたらすどころかストレスを与えるような皇族は国や国民にとって重荷でしかありません。

50
1

表の顔と裏の顔。

ミテコの傲慢さや嫌われっぷりが明らかになればなるほど、
明仁の〇カっぷりも露呈して、
騙されていた30年が悔しくてなりません。

愛国心と天皇とは表裏の関係にもあるのに、
その重みすら分からず、贅沢三昧で軽佻浮薄の人生。

バカバカしくて名前すら聞きたくない!

41

本当に取り返せない損失ですよね。雅子様という、望まれてお入りになられた唯一の民間人です。美智子さんや紀子さんは色で自らお入りになった、出しゃばり嫁ですよね。昭和天皇がご反対なされた事が、今になり納得します。騙し続けた美智子野望。知った以上は国民も声をあげていくことが大事かと感じます。

39
1

皇太后は、香淳皇后が使っていたから 絶対 いや❗️」と。「皇后の上と下で、ミチコさまは 上皇后。雅子さまは、下皇后」で、お気に召されたそうです。

カトリック教徒の呼び方まで付けています。

神道なのに!

35

美智子さまに批判的なのは入江侍従だけではない。2019年に刊行された小林忍侍従の日記『昭和天皇 最後の侍従日記』(文藝春秋)を読むと、平成皇室の実情が事細かに記され、その実態を知るうえで最も重要な資料となりえる。

小林侍従とはどのような人物なのか? それを端的に伝えるエピソードがある。平成の時代になり小林侍従も70歳を目前としたころ、宮内庁より叙勲の打診があった。しかし小林侍従は「長い間お仕えしお世話になった昭和陛下からなら喜んでお受けするが、殆どお仕えしていない現陛下からは受ける気にならない」と辞退した(平成4年6月24日)。

この毅然とした態度ついて、近現代史家の半藤一利さんは「この一文を読んだときに、二君に仕えずという言葉が、宮中にはまだ生きていたんだ、と驚かされました」と絶賛している。そしてこの叙勲を辞退した逸話というのは、1993年の美智子さまバッシングで取り上げられた「K元侍従の叙勲辞退」がまさにそれなのである。

つまり1993年に起きた「美智子さまは贅沢三昧の女帝だ!」と暴露するバッシングは、根も葉もないつくり話なのではなく、実は皇室内に明確な情報源があったということだ。証拠を一礼あげるとすれば、即位礼で衣装代が何十億円もかかったことに小林侍従は「今後の先例になることを恐れる」(平成元年11月12日)と憂慮しており、先のバッシングと内容がリンクしている。つまり、事実だったのだ。

43

ミテコさんらしいですね。自分ファースト、自分だけが一番大切だと思い込んでいるのでしょう。夫はべたぼれで言われるまま放置したためとんでもない女帝の成り果てた。元々皇后になる人ではなかったのですよ。この人をそっくり真似してキーコが誕生した結果皇室は破壊されてしまいました。今の皇室はまともな皇室では無いですよ。秋家の人達に後継されるなら、令和で天皇制は終わって良いと思います。価値観が違う。

43

平成2年(1990)10月26日(金):皇后陛下お誕生日祝賀行事。如月加日のお誕生日は福岡県国体のため行啓中につき、祝賀行事は今日に延期されたもの。……午前中に終る。昭和天皇の時と異なり、両陛下でお受けになるものが多い。我々に昼食の御馳走もない。

小林忍『昭和天皇 最後の侍従日記』文藝春秋、1999
平成皇室に手厳しい小林侍従。美智子さまから疎まれていたことは、半ば公然の秘密であったような節もある。たとえば小林侍従が退職する折に、美智子さまは声をかけなかったことを日記に残している。

平成5年(1993)年3月31日(水):侍従職御用掛退職(注)。10時前に長官から退職の辞令をもらう。午後2時、宮殿鳳凰の間、両陛下お揃い。陛下から「御苦労でした。皇太后陛下のこと宜しく、からだを大切に」と、皇后陛下からはない。

(侍従職御用掛退職=小林氏は侍従職御用掛を退職し、4月1日から皇太后官職御用掛に就く香淳皇后の側近職員としての異動)

小林忍『昭和天皇 最期の侍従日記』文藝春秋、2019

38

2003年10月15日、決定的な事件が起きる。メキシコのフォックス大統領夫妻を迎えての宮中晩餐会でのこと。この晩餐会では主催の両殿下から皇族方が順番に紹介されるのが儀礼となっていた。しかし−−−−。

「まず燕尾服姿の皇太子を紹介されて、次はイブニングドレス姿の雅子妃の番でした。フォックス大統領が雅子妃に向って手を差し出されたのですが、大統領の手が宙で迷われ、おかしな雰囲気でした。雅子妃は明らかに引きつったようなご表情でした」(元東宮職)

そう、雅子妃は妃殿下として紹介されず、スルーされてしまったというのだ。このことが雅子妃から自信を喪失させ、その後11年間、雅子妃は宮中晩餐会に出席することはなかったという。

メキシコ元大統領は本国で出版した回顧録の中で、この紹介すっ飛ばし事件を記述している、という書き込みもありました。しばらく後に雅子さまが病気と発表されたのを知り、「やはり悪い予感が的中してしまった」と嘆かれたという情報もある。
雅子さまの紹介をわざと飛ばしたのは美智子さまではなく、上皇陛下とのことですが、上皇陛下夫妻と天皇陛下夫妻との対立は、美智子さまと雅子さまの確執が発端であるため、指図したのは!皿。

出席していない秋篠宮が、そんな事があったら気が付くという馬鹿な発言をしています。

最近宮内庁から、過去の事件をわざわざ訂正していますが、身に覚えがあるという証明ですね。

46
2

ボケている夫をカバーする皿が、スルーしたまま、黙っていたのは、ヨシっ!とガッツポーズしていた証拠です。
意地悪ーーーだねー。

35

愛子天皇になっても秋篠宮家残るし、何も変わらない!眞子夫婦には血税垂れ流し続く❗️
日本には皇室はいりません!宮内庁天皇も何も手を打たず血税垂れ流し目をつぶってる。これが国民に寄り添う姿勢?天皇制度と皇室廃止を願います✨

11
10

令和の天皇皇室は昭和と真逆!国民に寄り添わず、湯水の如く血税使い、犯罪者の温床。そして何も手を打たない宮内庁と天皇。天皇制度と皇室は即刻廃止すべきでしょう✨

4
12

すでに、海外でも、ヨーロッパの王室や、日本の皇室事情に詳しい人々の中では、“愛子さまこそ将来の天皇に相応しい”ということでコンセンサスが形成されつつあるようですね。
眞子さんと小室圭さんの結婚騒動で秋篠宮家の評判が低下したというのが大きいのですが、さらに、作文コンクールでの盗作問題なども“悠仁さまは将来の天皇として相応しくない”という認識を形成する決定打となったようです。
コンクールを主催した北九州市立文学館と秋篠宮ご夫妻とのつながりなどについて、ネット上では、すでに様々な問題が暴露されていますが、おそらく、紀子さまはコンクールの運営者に頼み込んで、非常に文才の優れた愛子さまに対抗するために、悠仁さまに文学コンクールの佳作を受賞させたのでしょう。
宮内庁は、“引用元を明記するのは忘れた”とうっかりミスだったかのように弁明していますが、優れた文書を書かせるために、意図的に他者の表現を剽窃し、それが発覚して世界中に報道されてしまった、というのが実際のところでしょう

このへんで、次期天皇を辞退しないと皿婆の悪行も海外へ広まって行きますね。
広まっているけれども、、、。

56
1

ほんとに、やる事なす事裏目に出て、どこに出しても恥ずかしい。日本人はおとなしいけど、こんなでは、文句も言いたくなる。

平成から令和に御代替わりの際、美智子さまが「東宮御所に住みたい」という希望を出されたため、引っ越し工程が複雑になった。東宮御所を使えなくなった秋篠宮家は、新たに総額55億円の宮邸を建築中だ。また上皇ご夫妻の引っ越しに合わせて高輪皇族邸と東宮御所の改修が必要になった。

だが皇族の数が先細りすることが確実な中、いまさら大掛かりな建築や改修を行うことを訝しがる声は多い。将来的に高輪皇族邸と東宮御所(現、赤坂御所)は「空き家」になることが確定している。このうち高輪皇族邸を「平成記念館」に改装するという美智子さまの話は本当なのだろうか? 宮内庁に書面にて問い合わせたところ「高輪皇族邸と旧東宮御所(現、赤坂御所)は、空き家とせず有効利用できるように検討していますが、その仔細は決まっておりません」と返答があった。またさる関係者は内部事情を次のように語る。

「旧東宮御所は将来的に悠仁さまがお使いになればよいと宮内庁内では共通認識があります。また、もし女性宮家が創設されれば、愛子さまや、眞子さま、佳子さまが住まわれる宮邸が必要になりますから、高輪皇族邸など空き家になる可能性は低いと踏んでいます。『平成記念館』という案もあるにはあるのですが、今はもう令和ですので…」(宮内庁職員)

皿婆の国民に寄り添わない贅沢三昧物語

引越しリフォーム繰り返し、コロナ禍でも関係無い皿婆。

50
1

上皇ご夫妻が捻出なさる金銭は、税法上も適正に処理されるとのことです。国会の議決が不要である上限ぎりぎりの額を、いわゆる“生前贈与”の形で賜与されるのではと拝察いたします。さらに、眞子さんの生活状況によっては来年度以降も、これに準じる金額をお送りになることが考えられます」

それが一転、小室さんの不合格という“不測の事態”に見舞われてしまい、 「“皇室を出て自由になりたい”と言いながら、皇室によって守られる部分を活用するというのであれば、世間から言行不一致とみられても仕方ありません」(同)

一方で、

「上皇ご夫妻は膝をついて被災者をいたわられるなど“国民に寄り添う皇室”を実践なさってきた。それなのに眞子さんが不憫だからと裏でお膳立てをなさるのならば、結果的には一般常識とかけ離れた生活をしている小室さんを支援することにもつながりかねません。もちろん一番の原因は小室さんであり、かりに眞子さんから“支援”の願い出があったとしても、上皇ご夫妻はお断りなさるべきだと思います」

寄り添うポーズだけだっただけ。
200億の蓄財は、国民のためには使わないBBA。

51
1

皿は、皇室入りを遠慮してもらうべきだったとつくづくバラック妃を見て思うようになりました。
息子の裏口入学を屁とも思わない厚顔を見ても、あまりに常識に欠ける。
職員には物の綽名をつけ、侮辱的呼び方をする。これを一家でやる。
一族を御用地に住まわせて、公私混同を続ける。
いくら先祖が人権侵害を受けたとしても、そのリベンジをいま、この地位についてやられては、国の体面もメチャメチャです。

国会議員はいますぐ典範を改正し、この暴走宮妃の進出と公私混同を防ぐ義務があります。
両陛下が、美智子やバラック妃の手により、サンドバッグのようにマスコミで攻撃されるのを黙って見てきたことこそ、国民の代表にあるまじき態度です。
身を以て両陛下と愛子さまのために正義を貫ける政治家を、与野党問わず広く求めます。

53
1

美智子はバラック妃のことは、死んでも敵に回せないと思います
秘密を握られているから。
これからも、紀子より怖いマコムロへの援助は惜しむことなく
続けるでしょう

40
1

愛子さまの「成人式挨拶の決意文」は、英国エリザベス女王の21歳の時の宣言文に匹敵するほどのものと思います。

エリザベス女王:
「私は、私の全生涯を、たとえそれが長かろうと短かろうと、あなた方と我々の全てが属するところの偉大な、威厳ある国家に捧げる決意であることを、あなた方の前に宣言いたします。」
(I declare before you all that my whole life whether it be long or short shall be devoted to your service and the service of our great imperial family to which we all belong.)

盗作一家には、届かない教養知性品性です。

54
1

共同通信の同調査によれば、皇室への関心については「大いに関心がある」と「ある程度関心がある」を合計すると75%に上っていることも明らかになった。この高い関心の一方で、懸念事項も多くあることも事実だ。先の社会部記者によれば「特に関心を集めるのは、皇室に係る予算の増大について」と内部情報を教えてくれた。

現行の日本国憲法では「すべて皇室の費用は,予算に計上して国会の議決を経る必要がある」と定められているが、実際は国会で皇室予算に関しての議論をすることはある種タブー化されており、その承認については“ザル”と言わざるを得ない。ある皇室ジャーナリストは言う。

「宮内庁が公開している皇室関連費用の推移を見ると、昭和最後の年と比べて、平成31年の費用は2倍以上に膨らんでいます。経済発展や税収の増大、そして31年は代替わりの年でもありましたから、その準備費用などを鑑みればある程度は仕方ないかもしれません。

ですが、皇族が減少する中であっても、公務の多くは前例が踏襲されるため、公務にかかる費用が増大する一方です。衣装にかかる費用に関しても、ほとんどブラックボックスと化している状況ですから、国民もますます“皇族の無駄遣い”に目を光らせざるを得なくなっているのです。費用の側面と、皇族側の負担を考慮し、無駄な公務の削減に取り組むべき時代が来ていると感じます」(皇室ジャーナリスト)

美智子さまへの苦言はタブー

さて、皇族の衣装代といえば、上皇后美智子さまは大変なファッション愛好家として知られている。特に海外公務に出られる際の衣装にかかる費用は膨大で、ある宮内庁関係者は「美智子さまが公務の衣装代として計上された金額は、平成を通して30億円にも上る」と証言する。

「美智子さまは、特に海外公務をされる際にたっぷりと衣装を新調されますが、すべてをお召になるわけではありません。美智子さま曰く『相手に合わせたファッションをいかなる場でも用意しておく。それがノーブルな振る舞いというものです』とのことで、公務の度に多種多様なご衣装を新調なさるのです。

この衣装代に関して『さすがに贅沢すぎやしまいか』『やりすぎではないか』と諌言を申し上げた宮内庁職員は、平成初期にはまだ何人かいました。しかし皆、依願退職という形で職場を去っていきました。次第に美智子さまへの苦言はタブー視されるようになったのです」(宮内庁関係者)

このような証言を裏付ける証拠が残っている。昭和天皇に長らく仕えた小林忍元侍従(1923-2006)は、平成時代の衣装代について「数十億円の費用をかけることもなくて終る」と批判的に書き残している(『昭和天皇 最期の侍従日記』文藝春秋、平成元年11月12日)。

衣装新調への疑問が、茨の道へのきっかけに

さて、そんな美智子さまの衣装の新調の仕方に疑問を持ったのは、当時皇太子妃であった雅子さまだという。と言っても、直接、美智子さまに諌言されたわけではないそうだ。当時の東宮関係者が言う。

「雅子さまは、美智子さまの衣装に対する考え方を『私も皇后さまのようにするべきなのだろうか』とお悩みになられていたのです。というのも、雅子さまは独身時代にお作りになっていた衣装の一つ一つに思い入れがお有りだったようで、次々と新調する必要性を、当時それほど感じていらっしゃらなかった。それに、税収で賄われている皇室の費用に関しても『大事に使わせていただく立場』という意識を陛下と共有されていらっしゃいました。

ですが、この雅子さまのお悩みを、美智子さまに良くない形で伝えた人がいらっしゃり、これが美智子さまに『雅子が難癖を付けた』と捉えられたようです。以後、雅子さまは皇室内で茨の道を歩まれることに…。にしても美智子さまの自愛の深さには驚かされるばかりです。感動のレベルです」(当時の東宮関係者)

“良くない形で伝えた人”については、この関係者は「おそらく紀子さまだった」とのことだ。

「紀子さまは何かと噂を大きくされるきらいがあります。将来、国母となられるお覚悟こそが、『美智子さまや雅子さまより私は偉いのです』という慈悲を生み出しているのではないでしょうか?」(同前)

美智子さまとは対称的に、雅子さまは時に20年以上も前の衣装も、工夫を凝らして着回しをされる堅実な方である。女性皇族の方々も、令和の時代は“雅子さまの倹約こそスタンダード”として捉えていただければ、一国民としてこれほど嬉しいことはない。

54
1

ニホンという国のヘイセイという時代に、悪い王妃がいた。
王妃には、将来王になる事を常に意識した真面目な長男と、実は王の子ではない上に気が向いた事しかやらずワガママ放題の次男と、有ること無いこと告げ口するよいしょ一筋王妃べったりの次男の嫁がいた。
ある日舞踏会で長男は聡明で美しい女性と出逢い、求婚をして二人は結ばれた。
悪い王妃と鬼嫁は、将来の王妃となった女性の明晰な頭脳や美しさに嫉妬し、それはそれは酷い仕打ちをする。

何だか、おとぎ話をパクった感じですね。
わかりやす過ぎ。
外国のメディアも興味津々だそうですが、ニホンという国の民として、恥ずかしい限りです。

51
1

サイコパス・ミテコは内廷費では足りなくて宮廷費で服飾費等を計上しておりました。昭和~平成の宮廷費をご覧下さい。莫大な費用になっております。しかも平成時代には皇太子家には年間 500万円位しか渡していなかったそうです。皇太子家は来客が重なるとカレーライスが続いたそうです。これはTV等で放送されており、橋下徹氏がその時『月に500万円の間違いじゃないですか?』と言われて,解説者が『これは本当に事実です』と言われ
コメンテーター一同が『これは酷すぎる』と言って居りました。

如何に鬼畜の人かお判りでしょう‼

52
1

ローマ法皇との面会には、タブーの色形かぶりで、ローマ法皇ミテコ!皇室は私の天下状態。
ダイアナ妃の結婚式には、タブーの白ドレスで意地悪。
久子様の娘の納采の儀には、喪服色のドレスで意地悪。

わかりやすい意地悪をされる皿婆です。

次男嫁も雅子様と同じ色のドレスをわざと着て意地悪しています。

皿婆の後ろ盾で、良いんじゃない!というBBAトークだったのです。

天皇家の結婚記念日にお出かけする配慮無しのアタクシ

肘掴みが不評なので、手繋ぎ、、、わざとらしい!

スペイン王妃に紐掴み嫌がられています。
紐掴みは、マナー違反です!
次男嫁の紐掴んでろ!

50
1

weekend, the media focus was on the cost of getting married to taxpayers. Allegedly, the government of the New York law firm, for which Komuro works, promised lucrative contracts to ensure the financial security of the ex-princess. The costs of the 24-hour security service that protects Komuro’s mother’s apartment in a Tokyo suburb have also been criticized.
2.
Shimada is skeptical about Komuro’s economic situation: “Working in an international law firm in New York is challenging and determined by competitive pressure. I have my doubts whether Komuro is up to it.”
He had “heard from his contacts” that the Japanese government wanted to ensure Komuro’s success at his law firm behind the scenes. Shimada thinks nothing of such “special treatment”.
そしてYahooのコメントについた日本語訳(ありがとうございます)。

この結婚により納税者が負担する費用についてメディアで取り上げられた。それによると日本政府は元内親王の経済的基盤を確保するため、小室氏が働くニューヨークの弁護士事務所に、美味しいビジネスをもたらす見通しを伝えた。

(島田洋一氏の話として)島田氏は小室の経済状況に関しても懐疑的である。「ニューヨークの国際弁護士事務所の仕事は要求されるレベルが高く、競争が激しい。私には、小室氏がそこ まで成長しているとは思えない。」島田氏は、自分の情報筋から、小室氏が働く弁護士事務所で成功するよう日本政府が裏で動いていると聞いた。島田氏は、そ のような「特別扱い」は全く役に立たないと考えている。

英文でもそうなっているので、間違いなく日本政府。『ドイチェ・ヴェレ』は権威のある放送局なので、ガセネタを流しているとは思えない。ということは、日本政府がこの結婚前から小室の働くLowenstein Sandler法律事務所に手を回し、彼が働き続けられるよう、そして元皇族の妻を養って行けるだけの多額の給料を保証したということである。つまり、日本政府が小室に「給料」として裏金を回し続けるということである。由々しき問題!その原資は国民の血税ですから。

反社を皇室に引き入れる結果になったこの結婚に多くの国民は反対してきた。日本人のアイデンティティの拠り所である天皇・皇室を穢す暴挙!どれほどの多くの国民の怒りを買ったことか。国民を無視し、国民の想いを踏みにじり、メディアを取り込み、ネットでの言論を封殺するというまるで軍国主義体制下のような恐ろしい事態になってしまった。

例の二人と秋篠宮家、そして何よりも宮内庁とそれを治める政府、官邸はこの北朝鮮化を平然と行ってきた。許されない民主主義の冒涜であり、憲法第1条違反である。

それのみか、この頭の足らない秋篠宮家長女は、小室の「留学」をずっと支援してきたことを誇らしげにconfessする始末。それが憲法第8条、及び第88条に違反していることすら気づかないアホぶり。さらに例の小室文書の主導をしたのは自分だと。皇族の民事介入も憲法で禁止されている。皇族という権力を使い、一市民の権利・主張をズタズタに切り裂いた。それで平然と自らが主導という神経。人としての倫理が危うい。小室に留学資金(LAへの)を提供してくれた恩人への感謝はないのですか(怒)!こんな女怪物を育て上げた秋篠宮夫婦もこの女同様の怪物なのだろう。皇籍剥奪すべき!

そこにこの日本政府の裏金を使ってのNYの小室を支援する話。これは看過できない。その自覚がない自民党には絶対に票を入れない。その想いをより強くした。想像するに男系男子派が仕切る自民党は、マコと小室をいずれは皇室に戻し、その子(考えるのもおぞましいけれど)に皇位を考えているのではないだろうか。「神輿は軽い方がいい」というのが彼らの浅はかな考え。それと美智子前が組んでの「朝鮮王朝実現」なのかもしれない。とんでもない絵空事だと笑ってきたけれど、案外その路線なのかもしれない。おぞましさ、禍々しさの極み!そこまでの現実感はなかったけれど、やはり裏ではこの陰謀!

55
1

2人に60人越えの職員。
香淳皇后には、たった5人の職員しか付けず、いじめました。

たいした仕事もないのに1000万円の給料が貰えるならいつまでも止めないでしょう。
毎日、雅子様を見張りながら美智子様との違いを感じて、面白がっているのでしょう。
イエスマンに徹して持ち上げて、国民をこんなに巧みに操った手腕に従って保身を保ち、真面目な雅子様をバッシングする賤しい輩に成り下がった上皇職員達。拝金主義がはびこる皇室はそろそろ変わるのでは?みんなバレてきたから。

48
1

雅子さまが宮中祭祀にご出席される際にはそのご体調面をとても心配しておられ、ご自身の代わりに上皇職を皇居に遣わせて、雅子さまのことをじっと見守られています。やはりこれまでのことから『本当に出席しているんでしょうか?』という懸念も尽きないようで、そのような見守りは当面続けなければならないだろうとのご慈愛を示されています。美智子さまは雅子さまの“見守り隊”として、陰になり日向になりそのご活躍を応援されていくおつもり。。

「“見守り”というのは体の良い言い訳に過ぎず、美智子さまは雅子さまのスパイ、つまり監視をされているだけではないでしょうか? 皇后としての道を順調に歩まれる雅子さまに対して、ご自身よりも華々しく活躍されては困る、という感情をお持ちなのでしょう。それにしても、60人の上皇職はとてもゆとりのある仕事環境のようで羨ましいですね」

スパイの給料全て税金です!

天皇家のスキャンダルが起こるように、スパイに常に報告させています。

次男嫁の色被りのドレスは、皿婆の指図です。
スパイにドレスの色を探らせています。

51
1

自愛の女王をそっくり真似して贅沢三昧、勝手まま、特権、忖度、やりたい放題の次男夫妻。次男夫妻とは類は友を呼ぶの通り、考え方、生き様が写し鏡のそのものですよ。

話のスピードまでコロッケ状態で、爆笑です。
モノマネ皇室大会か?

44
1

美智子さまの自愛の深さには驚かされるばかりです。感動のレベルです、、、。

自愛とは、なんとも不思議な言葉。
いい意味にも、悪い意味にも使える。褒め殺しにもぴったり。

ここで私が理解したのは、「自分の利益を大事にすること。利己。自愛主義」の意。
つまり、美智子は、究極の利己主義者であり、国費をざんぶざんぶと自己の衣装代なんかに浪費してしまい、雅子さまや愛子さまの暮らしには全く配慮せず、次は紀子と悠仁の失態隠しのための裏金拠出に税金を食いつぶしてきた。

アテクシだけがよければ、すべてよし。
雅子さまの国民に寄り添う、苦難を共にする、御手元金から一億円も寄付される実行力とは正反対の、自愛に生きる利己主義者が美智子の素顔だったというわけです。

51
1

(天皇)が「ひと」になった総決算は、小室圭というウイルスの「皇室という『神』」域への侵犯を許してしまったことである。すでにウイルス第一号が昭和32年に禁裏の堅い護りを破って侵入している。第二号は昭和天皇崩御後の忌中に入り込んでいる。その結果が私たち国民を襲った度重なる大災害で、国民は塗炭の苦しみを舐めることになった。「失われた30年」はみごとにこれらのウイルス蔓延期と重なる。政治は腐敗、経済は立ち直れないまま、今やコロナウイルスという実際のウイルスにより、打ちのめされている。

小室圭という第三のウイルスを皇室に導き入れる企みにはウイルス第一号の美智子前とウイルス第二号であるキコが共謀、彼らの指令を受けた宮内庁が結託している。その総仕上げが私たち国民の目の前で繰り広げられている現在のおぞましいドタバタ劇である。彼らは皇族の特権を行使、自由に宮内庁を操り、政治家を動かしている。そして今や小室という穢れを嬉々として皇室に入り込ませようとしている。小室が穢れであるという認識は彼らにはない。なぜなら彼ら自身が穢れ(ウイルス)だから。

彼らによる言論弾圧は過去にも度々為されてきているけれど、今回のKKとマコの結婚騒動ではさらに許しがたい暴力が国民に行使されている。それがマコ主導の「複雑性PTSD」発表という言論封殺だった(すでにネットニュースに付けられるコメントの粛清、破棄が恒常的に行われている)。民の声と意見を封殺する皇族による横暴、それは主権在民を標榜する憲法が謳う「民主主義」の危機である。

昭和天皇が敗戦によって受け入れた新憲法に則った「民主主義」。GHQによって押し付けられた新平民を東宮妃に迎える羽目になった。当時の皇族方が反発されたのは、この人が「穢れ」であると本能的に解っておられたからだと思う。

これはある種の皮肉と言えるかもしれない。GHQの指揮の下で公布された「憲法」は天皇、および皇室のあり方を厳しく制限している(第一条)。だから天皇陛下は政治的発言は一切できない。また皇族の政治的発言、行為も禁止されている。岩田太郎氏の極めて説得力のある論考は以下である。

岩田氏が依拠されている憲法に見られる天皇・皇室関係条文をあげておく。

第一条 天皇は、日本国の象徴であり日本国民統合の象徴であつて、この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く。

第八条 皇室に財産を譲り渡し、又は皇室が、財産を譲り受け、若しくは賜与することは、国会の議決に基かなければならない。

第八十八条 すべて皇室財産は、国に属する。すべて皇室の費用は、予算に計上して国会の議決を経なければならない。

第九十九条 天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ。
美智子前と秋篠宮(夫婦)がこれらを蹂躙しているのは実に皮肉である。この新憲法のおかげで、つまり、彼らは憲法の依って立つ「民主主義」のおかげで以前は神域だった皇室という場にはいりこめたのに、それを尊重するどころか、否定する憲法違反を堂々とやりのけてきているから。

ただ一人、陛下のみがこの憲法を忠実に護持しておられる。昭和天皇が戦後になって噛み締められた新しい「天皇」のあり方を踏襲されているからだろう。主権在民、「民ありてこその天皇」であると。まさに憲法第一条を堅持されているのである。それでもやはり国民意識からは超俗的存在であり続けておられるのが実際だろうけれど。こういう天皇陛下の姿勢は尊い。しかし、このまま穢れを皇室に関わらせ続けるなら、日本人のアイデンティティの根幹を形作っている「天皇」、そして皇室という崇敬対象が、崇敬対象ではなくなってしまう。

天皇への崇敬に汚点がつき、やがてそれは天皇への失望になるだろう。「超俗」が「卑俗」に堕ちるのではと強く危惧している。

また、ここまで国民が我が身を顧みずに皇室を憂い、嘆いている事態になってしまった以上、皇室の長として何らかのお言葉を発していただけるのではと期待している。

42

14:27様  時々、うたた寝から目覚めたみたいに、ここはほんとに日本?と思います。ずっと景気が悪い、とか事件事故が起きる、とか、言論統制も行われているとは。国民もストレスまみれです。

24

Yahoo経由記事は「西村長官“非常に丁寧に説明”小室さん文書 日テレNEWS 4/8(木) 15:27配信」。

この西村宮内庁長官の発言、美智子前がなんらかの圧力をかけたのだろうけれど、それに屈してしまう宮内庁とそのトップはもはや不要!宮内庁は完全に機能不全に陥っている。当該発言を報じたYahoo記事についたコメントはほぼ百パーセントの非難の嵐。美智子前の指令を受けた親衛隊によるコメントを消す操作が追いついていない模様。それどころか、この件で今まで皇室に関心がなかった人にもいかに小室擁護の宮内庁がおかしいかが知れることになった。

美智子前との結びつきがとくに強いと噂されていたこの人の長官人事。改めて美智子前がいかにその強大な権力を行使し横暴を働いてきたのか、いかに手駒の勢で宮内庁を固めてきたのか、いかに自分の卑しい思いを遂げる手先として宮内庁及びそのトップを飼いならしてきたのかに慄然とする。皇族が政治に介入するのは禁じられているはずが、この人、その次男一家は政治介入のやりたい放題。血税も使い放題。コロナ禍で呻吟する国民への思いやりなど皆無である。

美智子前のおぞましい執念はここにも感じられる。それはおそらくは昭和天皇が愛された徳仁今上陛下を退位させ、出来の悪い次男の秋篠宮に皇位を移すというものだろう。この人の内面は普通の人間の善とは真逆に動いている。しかもその原動力は昭和天皇家を潰すことにある。何か恐ろしい怨念に取り憑かれた妖怪にしか見えない。最近の写真がその内実を有り体に語っている。

この人の恥ずべき雅子さま虐め、愛子さまへの対応もその線につらなるものだと思われる。昭和天皇の血筋を壊滅させるというのが、そのプロットの最終目的。だから上皇の子ではない、つまり昭和天皇の孫ではない不実の子、秋篠宮を皇統につけることが至上命令になっている。いまやそれは「宗教」と化しているのではないだろうか。

「有識者会議」の人選もこの人の息がかかった人が入り込んでいる。敬宮愛子さまが次の天皇に即位されるのを汚い手を使って阻止しようとする櫻井よしこやら元朝日の記者(キコ、その父の川島辰彦と懇意の)岩井某。その二人がこのメンバーに入っている段階で、この会議が「非」識者会議であり茶番であることがわかる。国民の総意といかに外れているかがわかる。美智子前やその一味がどう抗っても、国民の総意は変わらない。ネット社会では彼らの陰謀も暴かれてしまう。またそれが加速度的に広まってしまっている。もう止められない。いい加減悪あがきをやめる段階に来ている。

小室文書も裏でも美智子前が動いたのだろう。おそらく8年にも及ぶ孫娘と小室の「交際」を応援していたのだ。その間に「小室を皇族にする」と美智子が言明、それを録音されている可能性もある。癒着はそこまで深く、それを小室に暴かれては困ることになる。

紐男の試験に落ちても強気な意味ですね。

54
1

こういうクズ宮一家を私たちの血税で養うことに、否を突きつけましょう!皇族にも法の網目をかぶせる制度改革が必要ですね。美智子前がやりたい放題をしていたツケを、我々国民がなぜ払わなくてはいけないのか。

今回の小室の件で芽生えた皇室への不信感。そこに皇室不要論にまで発展する芽を見てしまう。さらに今回の宮内庁長官の小室文書擁護は、国民の不信感という火に油を注ぐ結果になっている。宮内庁とそのトップの危機感のなさに愕然とする。

49

小室の文書をテレビでテレビ局お抱え弁護士(確かこの輩もF大卒)が「アメリカではああいう長い文書が重宝される」なんてたわごとを言ったとか。論文でもない単なる文書に意味のない脚注を多々つけ、しかも20枚超えの駄文。アメリカで評価されることはあり得ない。内容も意味不明、だらだらと屁理屈を繰り返しているだけ。それもきちんとしたエビデンス抜きで。単なる脅しの文書でしかない。しかも批判されているのがそういう倫理観、道徳観の欠如だというのがわかっていない。皇室に入る人間としてだけではなく、普通の人間としても許されない存在である。

この文書、「信用が大事」と意味も確たる例証もなく繰り返していた例の小室著なる英語論文と同じ。それについてはこのブログで再三、詳細に批評、批判しているので、興味のある方はどうぞお読みください。この人、申し訳ないほど頭が悪い。F大なんていう三流大学だから日本の皇室特権で受け入れたのだろう。相当な額(もちろん我々の税金)が大学に支払われたはず。例のNYのなんちゃらコンクールに「準優勝」というのも、美智子前が相当な金額を支払って底上げさせたのだろう。美智子前、そしてそれに連なるキコ一味がやることは、こういう底上げばかり。そしてこの一味が連れて来たのが、同類の小室親子だったというオチ。キコが昭和のKKなら小室は平成の KKというわけ。

もう国民にはバレています。宮内庁もいい加減見限らないと、彼らが権力を失ったとき、日本現代史の最悪の闇の手先と嗤われ、軽蔑対象になりますよ。

49

唐突に出てきたのが、「秋家の娘二人を皇女にして『皇女公務員制度』でもって養ってゆく」、「眞子に女性宮家を創設する」というトンデモ案である。その背後には美智子前と秋篠宮夫婦がいること。
さらに、それを発展させるべくおぞましい陰謀が進められようとしていたことが暴露されている。

この情報によると、その陰謀、最終目的は「朝鮮王朝」の実現である!

悠仁が長生きしない可能性があるので、いずれは眞子を「女性・女系天皇」にする。敬宮さまには「女性・女系天皇」を認めないけれど、眞子には認めると言明している櫻井よしこの説と同じ(この女の出自がこの事実からわかる)。
眞子で天皇を繋いでゆくために、キコ同様半島の血が入った人間(小室がそれ)を眞子のダンナにする。そうやって、半島人間で天皇家を乗っ取り「川島王朝&朝鮮王朝」を達成させる。
身の毛もよだつとはこのこと。眞子が反発しているその理由もこれで納得できる。そもそも小室を眞子に紹介したのがキコとその父親のカワタツで、美智子前もそれを後押ししてきたのだから、「なんで今頃になって反対するの?」となるわけである。

だから眞子と小室の婚約内定を破談にしたところで、それだけではこの陰謀を謀った連中を皇室から追い出すことはできない。

ここに引用してきた新情報はかなり真相に近いのではないか?というのも美智子前がこの皇女制度と女性宮家の創設を後押ししていて、国会に法案を提出するところまで行っているから。

すべては美智子前の「昭和天皇への復讐」「昭和天皇の血筋を絶やす」という陰惨極まりない計画から生まれたもの。狂っているとしかいえない。これを止めるためにはもちろん国民が強く声をあげて行く必要がある。同時に文仁が明仁の子ではないこと、つまり皇統ではないことを証明するためのDNA鑑定が必須となる。美智子前が鑑定に反対しているらしいけれど、ここまできたら皇室を護るために絶対必要である。

53
1

まず決定打として、秋篠宮のDNA鑑定を望みます。果たして秋篠宮は前天皇の子なのか?あまりにも皇統からかけ離れた外見と思考。奔放な性遍歴を疑われる美智子前。この人の異常なまでの次男への偏愛。異常なまでの長年にわたる雅子皇后陛下への卑劣な虐め。この人が未だに政府に圧力をかけ続けている。皇族の政治介入は憲法で禁止されています。それを何十年にも渡ってやり放題だった美智子前。まさに異常。美智子に倣い、さらに輪をかけて横暴を極める紀子卑。この人の娘たちを「皇女」と呼べますか?

まず、未だ韓国との往来が自由ではなかった頃、韓国の親戚を訪問した紀子です。

50
1

マコ・カコ姉妹を「皇女」に昇格させる案は美智子前の政府への圧力で浮かんだ案。半島出自のキコ卑もそれに追随し、ほくそ笑んでいる。この人も卑しさ、卑劣さでは美智子の後塵を拝している。眞子と小室が結婚後、私たちは税金でこの二人を養い続けることになるんですよ。どこからこのとんでも案が出てきたのか?

皇室側、美智子さまと紀子さまからの強い要望があったようです。美智子さまは当初、眞子さまが皇室に残り、宮家当主となられる事を熱望されていました。しかし、小室圭さんを皇室に迎えることには、反発も大きい。そのようなお考えから、“皇女制度”を強く提案されたそうです。紀子さまもまた、将来の天皇である悠仁さまを支える存在として、眞子さまのお力を必要とされています。かねてより小室圭さんの存在感を如何に薄めながら、皇室に深く関わってもらうか、そういったご相談を政府に寄せていたそうです」(政府関係者)
“皇女”とはそもそも、天皇陛下の娘、つまり敬宮愛子内親王殿下を指す呼称です。よく誤解されている方がいますが、眞子さま、佳子さまは皇女ではありません。この呼称を意図的に使い、愛子さまの存在を他の女性皇族と同じくくりにしようとする意図も感じます。
また、本来は“女性宮家創設”で調整していたものが、眞子さまの『お気持ち公表』での国民の反応を見て頓挫したため、小室さんの存在を隠して、眞子さまが動きやすくなるこの案を採用しようとしているのでは? 民間人となれば、眞子さまにも人権も生じ、小室さんの皇室利用も国民から見えにくくなります。“皇女”は国家公務員となるようですが、小室母子が皇室利用しやすい環境が整ったと感じます。
眞子の発表した「お気持ち」なるものが国民から総スカンを喰い、やっと諦めたらしい。そしたらこのとんでも案を出してきた。今までの経緯を見るに、美智子前は秋篠宮姉妹で女性宮家を創設することを強く望んできたことは間違いない。しかし次から次へと湧いてくる秋篠宮家の失態。そしてそれへの国民の強い反発。その国民の声を「雑音」と言い切った美智子。政府へのこの提案はその「雑音」への復讐なのだろう。

眞子と小室との女性宮家創設案はもう5年以上も前から美智子の応援・援助の下で動いてきた事案に違いない。だから上皇(実質は美智子)が裁可した。一橋大学院もメガバンク就職も、弁護士事務所も全て美智子が采配していたはず。メディア等で小室とその母親の実態が暴かれると、小室をNYのフォーダム大に逃した。これも美智子が裏から手を回したと証言する人もいる。フォーダム大での成績は芳しくなく、また弁護士試験も怪しくなってくると、例の「学術誌」への小室の投稿への上げ上げ記事。このブログでそれがいかに凡庸の極みの上に恥知らずの内容かということは、懇切丁寧に解説した。これらの上げ報道(テレ朝、朝日、毎日、加えて女性週刊誌)をさせたのはほかならない美智子前だろう。

それでも国民の反発は止まない。ということで、この「皇女」案を通すよう政府与党へ圧力をかけている。こんなことが許されていいのですか!まるで北朝鮮ではないですか。

皇室に入ってからの何百億にも上る衣装代が象徴するように、美智子前は常に慈愛ならぬ自愛の人だった。国民を思っているポーズのバケの皮が剥がされた。自分よりも美しく、聡明な、何よりも海外からの高く評価され、敬愛されている雅子さまを目の敵にしてきた実態が暴かれつつある。敬宮愛子様へのひどい仕打ちの数々。それらはもはや隠しようもなく、次々とSNS等のメディアで拡散している。朝日・毎日・NHK等、女性週刊誌、テレ朝などのマスメディアには依然として圧力をかけ、また費用をかけて手懐けているのだろうけれど、それにもおかしいと気づく人が増えてきている。

美智子・紀子の圧力で政府が通そうとしている案をなんとしても潰しましょう!そして秋篠宮の DNA鑑定を是非実施して欲しい。英国王室ではすでに実施済み。どれほどの災禍を美智子前が日本国とその国民にもたらしてきたことか!おぞましさの極み。ヘドが出る。

54
1

感染者がコロナ感染者がピークに達していたのを無視して執り行われた意味のない「立皇嗣の礼」。強制執行した政府の背後には美智子前皇后と紀子卑の圧力が。彼女たちにはコロナに呻吟する国民の切実な声に耳を傾ける慈愛などまったくない。それへの怒りを端的に表現しているのがガルちゃんに載った以下の評である。

未曾有の国難において
税金泥棒が堂々仲間入りをしようというのを
政治家が後押しするようなことあらば
支持者が黙っていない
天皇陛下に全責任を押し付けて
やりたい放題してやろうという人間を
絶対に皇族とは認めない
皇籍離脱せずとも最早皇族にあらず
秋篠宮家と上皇夫妻は皇族にあらず

税金泥棒とは眞子と小室圭のことを指しているのだろう。そしてそれを支援する美智子前皇后と秋篠宮夫婦も。最後の2行は強烈ですがまさに同感です。

皇室、皇族の政治介入は憲法違反です。それを美智子前皇后は皇室に入ってから、なんと60年にも渡りやり続けてきています。「昭和天皇の皇后、香淳皇后陛下に虐められた」いう自分に都合の良い虚偽の「伝説」を作り上げ、それを演出し、さらには「女優」として「出演」することで、国民を長きにわたり欺いてきたのです。政府には「皇后の強いお気持ち」という形で圧力をかけ、それが効かない時は失声症になったふりをし、それを暴いた出版社の社長宅には銃弾が撃ち込まれました。検索するとこの銃弾事件は出てきます。それ以降は美智子前への攻撃は鳴りをひそめることになりました。おそるべし、女帝美智子!

夫の明仁天皇を都合よく調教・操縦し、何百億という衣装の「助け」を借り、ほぼ思い通りやりたい放題をやってきました。未だに「平民なので皇族に虐められた」という嘘に騙されている国民もいるようです。アホだと思います。あの退位前後の「お忍び外出」の氾濫の異常で、私も目が醒めました。少しの観察力、思考力があれば、この人の実像に気付くはずです。

前天皇がこれまた憲法違反の生前退位をやってのけたのは、「生前退位を恒久化し、今上陛下をできるだけ早く退位させて秋篠宮に皇統を移す」という美智子前の編み出した案だったのですが、(多少は良心が残っていた?)安倍総理は「生前退位恒久化」は許さなかったので、この画策は阻まれました。眞子佳子の女性宮家創設もお預けになりました。

この美智子前が憎いのが今上陛下(息子を憎むというのも、異常です)と雅子皇后陛下なんですね。それが雅子さまを虐める、さらには敬宮愛子さまにひどい仕打ちという形に結晶していた実態が暴かれつつあります。愛子さまが学習院初等科のときひどいいじめをしたのが、紀子父、川島辰彦の学習院大学での「側近」の子弟だったと暴かれています。放校などで対処しようとした学習院側を止めたのは、なんと当時の皇后だった美智子だったことも暴かれています。愛子さまの身の安全が危うかったのに、それがお咎めなしなんて、ありえないですね。美智子、それに紀子の後ろにいる川島がいかに恐ろしい人間か。皇統乗っ取りをすでにこの時点で美智子と川島家とが画策・共謀していたのではないでしょうか。

高円宮さまの不審極まりない突然の死についても、この人たちが関与していた可能性を指摘する人もいます。高円宮さまは今上陛下皇后陛下の常に味方でしたから。

52
1

海外王室では美智子前の評判が極めて悪いのは、来英した平成夫婦へのエリザベス女王の塩対応で世界中に知られてしまいました。それに比して雅子さま人気は絶大で、即位後すぐにエリザベス女王から直々に招待状がきています。コロナ禍が収まれば、天皇・皇后陛下の英国訪問の運びになるはずです。この訪問も美智子が邪魔しないよう女王の直接のご招待でした。英国コンプレックスの塊(典型的Anglophile) である美智子前はさぞ悔しいでしょうね。

雅子さまはスペイン、オランダ王室とは家族同様の親密さです。それは即位式後のパーティではっきりしましたよね。受精卵選別で男子出産をした紀子に向けられた海外王室の方々の冷やかさは、痛烈でした。海外王室はすでに長子相続になっているので、紀子の行為は「神をも恐れぬ」冒涜と映ったことでしょう。

美智子前が皇族方の外国訪問の采配を未だにしていて、(当時の)皇太子ご夫妻への海外王室からの招待を握りつぶしてきています。雅子さまの「代わり」に清子や佳子を送り込んで大顰蹙、相手国の怒りを買っています。本当に日本の恥でしかない。美智子本人もお天気会話程度しかできず、知的な会話は一切ダメでしょうから、平成時代も平成夫婦には海外(王室)からの真っ当な招待なんて皆無だったはずです。美智子前が采配を振るう「皇室外交」とは単なる海外旅行だったわけです。それにも膨大な税金が使われている。税金をつぎ込んで恥をかきに行っていたとは、ほんとうに口惜しい! 今からでも過去に遡ってしっかりと精査して欲しい。国民の税金で生きているという意識がなさすぎでしょ?

おそらく実現するであろう今上陛下、皇后の英国訪問。加えて敬宮愛子さまの成人式。これらの行事で国民の天皇家支持の声、愛子さま立太子の声! それに戦々恐々としているのが美智子前と秋篠宮夫婦なのだと想像できます。何としても秋家に皇統を移す陰謀が進行中なのでしょう。

ネットに散見される敬宮さまの立太子を危ぶむ声に対しては、今上陛下の「愛子はどんな立場になっても大丈夫なように教育しています」というご返答をアップさせていただきます。

それでもなおかつ秋家の娘に「皇女」称号を与えて、公務をさせるという血迷い案は、まさに秋篠宮一家による皇統簒奪陰謀以外のなにものでもないですね。さらにこれは小室圭などという出自も来歴も極めて怪しい人物を皇族として公務させるということになってしまいますよ。まったくとんでもない案です。ここまで小室に斟酌するのは何か握られているんでしょう。それが美智子前による「女性宮家創設の確約」だと推察しました。録音されているはずです。

巷間の評は至っては「よほどバラされたくない秘密を抱えているのだろう」という妥当なものです。バラされたくない秘密とは、小室に録音された美智子前の宮家確約だったのでしょう。もろに政治介入の証拠ですから、いくら美智子といえども何らかの処罰が下るはずです。

この人たち(巷では「平成四人組」と呼ばれています)がどんなことをしてきたか、どんなことをしようとしているか、私たち国民がそれに麻痺してしまっているのが怖い。近づくだけで、その汚穢をかぶってしまいそうな、おぞましい美智子前と秋篠宮夫婦。

48
1

浜尾氏が「いじめ」として記載されているものに『入江侍従日記』を引用したものがいくつかあったが、その原典をあげてみる。

美智子のキリスト教がらみの疑惑

1.昭和36年8月11日と昭和36年8月16日

「最近の奥のをかしな空気、東宮様と妃殿下に対すること、両妃殿下のこと、義宮さまのこと。全く弱ることばかり。くだらなさに腹が立つがそんなこと話し合ふ。」(昭和36年8月11日)

「那須で東宮同妃から両陛下に色々この間からのことを十時すぎまで率直にお申し上げになったとの事。お上はよく分ったと仰せになったが皇后さまは終始一言もお発しにならなかったとの事。」(昭和36年8月16日)

これは浜尾氏も言及されているように、キリスト教がらみのこと。義宮(現常陸宮)様がキリスト教に興味を持たれたのだが、それが美智子の影響だと噂されていた。美智子と同じカトリック教徒だった浜尾氏は否定されているけれど、噂は事実だったのでは。美智子前は皇居地下に礼拝堂を造ったといわれている。昭和35年に皇子誕生で、強気になった美智子が我を通すようになり、昭和天皇、皇后にその分をわきまえず憚らず楯突いた?この人の我の強さが出ている一幕。

美智子のヒステリーにうんざり、辟易?

2.昭和37年10月20日

「(皇太子)妃殿下の御誕辰。妃殿下に国民の九割九分迄は絶対の支持をしてゐること申し上げる。」

入江氏からすると、こうでも言っておかないと、またもや天皇と皇后に抗議する可能性があったからだろう。非常に強気で、あくまでも我を通そうとする皇太子妃にうんざりした上での発言だったと思われる。このころの皇太子妃について、浜尾氏は非常に「落ち込みうつ状態だった」と述べているが、二人の皇太子妃評価の落差が興味深い。

歌の家に生まれ、人の心の機微に敏かった入江相政氏、歌舞伎、能にも通暁しておられた、争い時の人の心理の動きを理解しておられた。ゴタゴタを沈静化するにはどうすればいいか、考えた上での進言だった?

3.昭和38年3月22日

「東宮妃は三時ごろ宮内庁病院に入院。すぐオペラチオンとの事。半蔵門からタクシーで歌舞伎座。修善寺の途中、清元の松風、村雨、あと真山青果の勝小吉、麟太郎、玄朴の芝居。」

皇太子妃が胞状奇胎で手術したとの報告。なんとそのすぐ後に入江氏、歌舞伎見物したらしい。この頃入江氏は美智子に同情的ではなく、むしろ反感を持っていたのでは?そう推察できる一節ではある。

文中の「修善寺」とは歌舞伎『修禅寺物語』のこと。また真山青果云々は真山青果作『天保遊侠録』を指す。勝海舟(麟太郎)の父・勝小吉が主人公。伊東玄朴は登場人物。

『歌舞伎データベース』で確認したところ、この日の『修禅寺物語』は、夜叉王を二代目猿之助、桂を六代目歌右衛門、楓を三代目市川団子が演じた。『天保遊侠録』では十七代目勘三郎が小吉、七代目友右衛門がお芳、守田勘弥が玄朴、米吉が麟太郎、そして初代三津五郎が石黒という配役だった。入江氏の日記中、そこかしこ言及が見られるところから、入江氏は勘三郎とは親交があり、また三津五郎も贔屓にしていたようである。まあ、入江氏は歌舞伎通で、観劇記事が結構ある。評もたまにあって面白い。かなりの見巧者とお見受けする。そりやー、くだらないヒステリー女に付き合うより、楽しいお芝居を見たいだろう。納得。

入江氏は和歌の家、冷泉家の出身、そして柳原白蓮の甥でもあった。ご本人も和歌の名手であり、優れた随筆家でもあったんですよね。そういう文人から見ると美智子さんのワガママはさぞ下世話に写ったことでしょうね。入江氏に同情。

東宮妃への怒り

4.昭和38年3月23日

その翌日の日記での東宮妃への言及である。

「東宮妃の云はれたことくりかへし考えるが誠に不愉快である。それが更に仮にさう云はれたとしてもその事が予の耳に届くといふやうなこと昔の側近にはあり得ないことである。」

皇室のしきたりを蹂躙してゆく皇太子妃への怒りが強く出たところである。これ以降、入江氏は彼女への同情を一切しなくなってゆく。

東宮妃への疑惑?

5.昭和40年3月19日

「山田(康彦)君(昭和40年3月31日まで東宮侍従長)と面談、東宮さまのところも困ったものである。」

ここで「困ったもの」というのは美智子東宮妃を指していると思われる?2年前の「不愉快なこと」つまりキリスト教がらみのことか、他のことか?

ちょうどこの頃、東宮妃は礼宮を懐妊している(出産は同年11月30日)。この頃から東宮妃の「奔放さ」が問題としてあがっていた?そう深読みしてしまう。いずれにしても、東宮妃が2年前からずっと並々ならない不満を天皇、皇后陛下やその側近に抱いていたことは事実である。強い恨みから、この人が道を踏み外したのではと深読みしてしまう。まさか、東宮妃周辺では侍従たちからこの疑惑が漏れ出ていた?

その疑惑を漏れ聞かれた昭和天皇は、礼宮のお印を「栂」などという不吉なものにされた?どうしてもそう読み取れてしまう。入江氏は皇室にとってとてつもない「悪」が蔓延する兆候を感じ取っていた?

徳仁親王を「可愛い」と褒めていた入江氏、礼宮については言及は全くない。皇室にあってはならないことがすでに起こり始めていた。入江氏は漠然とした不安を感じていたのかもしれないなんて、思ってしまう。

36
1

昭和36年7月23日
昭和天皇と香淳皇后の第一内親王の成子さま、ご逝去。
5人のお子様を遺しての、35歳の若さでした。

成子さまは明仁天皇(当時は皇太子)の長姉です。

平民出身の美智子さんを批判するどころか「賢い人と聞いたから大丈夫でしょう。」と言ったり、
ご自宅へ(成子さまは庶民になっていました。)招いたほど美智子を応援し庇っていました。

子に先立たれるほど悲しいものはない。
昭和天皇と香淳皇后は長女を喪われて、那須御用邸で悲しみに打ちひしがれておられました。

昭和36年8月16日
その那須に来たのが明仁皇太子と美智子妃。
昭和天皇と香淳皇后を慰めるどころか、自分たちのことばかりを訴え続けた。

まだ49日もたっていない時です。
神道で言うと50日祭も終えていない時です。

庶民でさえ49日が済むまでは大人しくしています。
でも明仁皇太子と美智子は大人しくするどころか、昭和天皇と香淳皇后を慰めるのではなく自分たちのことだけを訴えた。

皇族どころか人としてどうなのか?

40
1

皿婆の皇室乗っ取り顛末

戦略が挫折、思うようにならない皇室への憤懣は貯まる一方。それが復讐という形となったのが現在の状況であるように思う。その復讐劇にはカッコウの助演者が登場した。それがキコの父、川島辰彦だろう。この二人の目指す方向は同じである。解同・総連を代表する水平思想の推進者、カワタツもその目的は同じ。皇統簒奪。皇室への仕返しと現天皇家の転覆。

怨念の源は出自にあり 

すべての源は美智子前の怨念に端を発している。それは彼女の出自に深く関わっている。以下の二つである。

カトリック教徒(クリスチャン)であること
新平民であること
カトリック教徒であることについては前の記事で論じた。問題は「新平民」の方である。ひとつの「証言」をあげておく。

「新平民」証言—昭和34年の第31回国会答弁より

第31回国会(昭和34年2月6日開催)
061・菊池義郎議員の質問
菊池委員 
宮内庁長官にお尋ねいたしますが、この皇太子殿下の御成婚につきまして諸説ふんぷんとして、国民はいろいろの誤解を抱いておるのでございます。私は、皇太子が平民の娘をそのきさきとして選ばれたことを非常に喜んでおります。平民であろうが新平民であろうが、粉屋の娘であろうが何であろうが差しつかえないと私は考えておるのであります。こういう点において、私は欣快にたえないと考えておりますが、その婚約の過程においていろいろの謀略、策略が行われておるということが、最近の週刊雑誌やその他の刷りものにおいて世間に流布され、これによって国民が非常な疑惑を抱いて、国民の頭は割り切れないような感じになっておるのであります。この際それが事実であるかいなかを長官から明確に発表されて、そうして流説の真偽を明らかにして下さるならば、国民は晴れやかな気持になり得ると思うのであります。私はもう時間がございませんので、端的にせんじ詰めて要点々々だけ申し上げますから、長官も簡単にお答えを願いたい。
 まず第一にお伺いしたいのは、この婚約の前に、美智子嬢は二十五人の見合いをしておられた。そして最後に波多野という青年と婚約、これを破棄して皇太子の方に振りかえたというようなことが流布されております。週刊雑誌に出ておりますが、これは事実でありましょうかどうか。

この菊池委員の質問から、美智子前が「新平民」=被差別部落の出身であることが当時の議員たちの間では共通の認識であったことがわかる。加えて、結婚前の美智子嬢の行状がかなりあからさまに暴露されている。

皿婆も出目は、次男嫁と同じ。
上海人の母親が籍を金で買い正田家に嫁いだという事。

37
2

昭和天皇は秋篠宮(礼宮)の誕生時から、この子がご自身の孫ではないという強い疑いを抱いておられたのだろう。それが礼宮の「お印」を「栂」などという本来皇孫にはありえない禍々しいものに決められた所以だったのだろうと推測する。

「新平民」参考資料

「新平民」参考資料参考資料として、Wikiの「上原善広」の項に掲載されているものを引用させていただく。上原善広氏はその記載にもあるように、ご自身が被差別部落出身で、部落問題を中心に執筆活動を行なっておられる。彼がかっては裏ジャーナリズムの急先鋒だった『噂の真相』2003年3月号に寄稿した文章である。Wikiに掲載されているものをそのまま引用する。

雑誌『噂の眞相』2004年3月号に『「噂真」最後のタブー「部落出身芸能人」』というルポを寄稿。芸能界やスポーツ界などで活躍する部落出身者をイニシャルで紹介した。この記事では、「ある部落出身者が皇族に嫁いでいる」「もちろん未指定地区になっている。ここの出身者が皇族に嫁いだということで、地区指定を見送られたのだ。」「問題は、皇族ですら、部落民を身内として受け入れているという事実があるということだ。だからこの点に関しては、意外に皇族の方が進歩的といえるのかもしれない。この結婚に関しては、当の皇族本人が強く希望したため、宮内庁をはじめとする周囲も押し切られたとされている。まさに快挙といえる話ではないか。」と記している。

かわたつと皿婆は、皇室乗っ取りで、繋がる同士であり、皇室マネロンビジネスをしていたという事です。

36
1

皇族の方々の怒りとそれに対する美智子の仕返し

これを知った皇族の方々が平穏な気持ちでおられたであろうか。否である。もし当人が謙虚な人柄で、皇室に馴染もうと心がけたのならともかく、実際はマスコミにまるでハリウッドスターのように自ら露出、神聖であるべき皇室をキャバレー並みに堕としてしまった。

生粋の皇族だった香淳皇后には我慢の限界だったに違いない。それを態度で示されたのだろうが、美智子はそれに甘んじるタマではない。入江侍従長に向かって「私が平民である以外、何が不満なの?」と抗議の狼煙をあげている。この頃には夫の東宮は、妻の傀儡に成り果てていた?情けない。

今も続く女帝の皇室への復讐

カワタツと組む前から美智子前の復讐劇は始まっていた。その端緒を切ったのは秋篠宮の誕生だった?この人は天皇家の顔ではない。なんと美智子の義弟の安西孝之氏に瓜二つである。DNA鑑定を強く希望する。女帝の思うがままに皇室を牛耳られ、挙句の果てに皇統ではない男やその子を天皇に祭り上げるなんてことは、絶対にあってはならない。

秋篠宮と美智子妹の夫君の安西孝之氏との比較写真、さらには安西氏の母方祖父である森矗昶(もり・のぶてる)氏と眞子とのあまりにも瓜二つである事実。

国民を騙している皿婆

48
1

皿婆の海外公務贅沢三昧物語

2億円にもなるイタリア、ベルギー、ドイツ訪問の詳細が明かされている。しかも専用機の費用、別途8千万円は防衛庁(当時)予算から払われた。

とくに批判されているのが、美智子前の衣装代。なんと20着にのぼる新調衣装は一着が1千万円。だからこれだけで2億円!この贅沢な衣装代を元東宮侍従だった浜尾実氏が批判しているのが引用されている。「何もみすぼらしい格好で行って下さいというわけではありませんが、国内で着ていらっしゃる服でじゅうぶんですよ。質素を旨とする皇室の伝統はどうなっているのかと問い直したい気持ちにもなりますね」と。これを受けて記者も一言、「いいたくはないが、すべて元はといえば税金なのだ」と。浜尾氏といえば昭和天皇の命で徳仁殿下(今上陛下)の教育係として一身を捧げられた方である。出身、教育共に、優れた方だったので、昭和天皇のご信頼が篤かった。昭和天皇、皇后陛下がいかに質素な生活ぶりだったのかは、侍従の方々の証言で明らかである。小林忍氏の著書、『最後の侍従日記』にも言及されていた。このこともあってだろうが、美智子前は浜尾実氏の葬儀に欠席、皇太子殿下にも出席させなかった?とか。恩人なのに!

美智子前の招待もされないのに押しかける「押しかけ外交」の悪しき伝統はきっちり秋家、とくにキコに受け継がれている。そこに「たかり」が加わるので、さらにたちが悪い。世界中に日本の恥を広めてきている。

しかも元外交官で優秀な上に美貌の雅子皇太子妃(当時)を幽閉にしてである。でも、あの即位礼の宮中晩餐会でヨーロッパ王家の方々が雅子さまをどれほど気遣い、労っておられたかを映像で確認することができた。王家の皆様方は真実をご存知だったのですね。知らぬは日本国民のみというわけ。美智子前とキコの「公務」を騙った押しかけ訪問、そして美智子前による雅子さまの幽閉がどれほど国益を損なってきたか、ようやく私たちは気づくようになってきている。よろこばしい。

49
1

昭和32年に皇太子明仁殿下と結婚する前の正田美智子嬢が25回お見合いをしていた(その全てに断られていた?)というのを耳にしたことがあった。一種の都市伝説となっていたのかもしれない。
断られたのも「へぇー、そうなんだ」程度の感想しかなかった。
ただ、三島由紀夫、彼の伝記の何冊かに目を通した際、この話が出てきた。確かこのときの三島側(平岡家)の断り口実が「あちらのお母さんに問題あり」というものだった。
それでも深くは考えず、「代々高級官吏の家と商売の家とは合わなかったんだろう」程度に解釈していた。

それが「この方(美智子)自身に問題があったのでは?」と気づいた。退位直前の噴飯ものの前皇后の「お忍び」外出を知り、それに怒りを覚えて、ネットでいろいろ調べたら、出てくるわ、出てくるわ、この方の60年にわたる問題行動。それが当時の皇太子妃雅子さまイジメの基というか元凶になっていることがわかり、怒りが爆発した。

ネットのおかげで、様々な情報が入ってきた。「そんな、嘘でしょ?」だったけれど、最近は「やっぱり!」になっている。情報が入って来ることにより、より正確なもの、そうでないものを篩にかけることが可能となった。何が事実に近いのかが分かるようになった。

この検証の結果、美智子前皇后とその相方の前天皇、そして秋篠宮・キコ妃との連合愚連隊(平成四人組)が、どれほどの悪事を働いてきたのかが、徐々にではあるけれど明らかになりつつある。なによりもネットの大きな「功績」は、私たち普通の国民の目に、彼ら「平成四人組」の悪行が白日の下に晒されつつあることだろう。

46
1

美智子さまが候補者になった時、宮内庁が作家・三島由紀夫に連絡を取ったことに端を発する。というのも美智子さまは三島由紀夫と「お見合い」し、ご縁がなかったという結果になっていたからだ。聞くところによれば三島由紀夫側からから「お断り」をしていたらしい。その理由を宮内庁は知りたがっていた。

三島由紀夫からの返答は凄まじかった。なんと「お見合いのあと、正田家の娘さまから、“試し乗り”のお誘いを受けまして…。さすがに難しいということでお断りしました」というのだ。美智子さまにとって“お見合い”は、今でいう“出会い系”と同じようなものだったのかもしれない。

にわかには信じがたかったけれど、人格的に三島が「嘘をつく」はずはない、またその必要もない。美智子さん本人が三島を誘ったということ?二人の見合いが銀座の小料理屋「井上」で行われたのはWikiにも載っているが、そこを指定したのも正田家らしい。
小料理屋というのは大抵二階にそういう部屋がある。江戸時代に歌舞伎小屋傍のお茶屋の役割と同じである。これが事実なら、美智子さんの実像はおぞましいの一言に尽きる。

47
1

美智子さまの“夜の奔放さ”について述べよう。結論から言えば、結婚する前から他の男性と深い恋愛経験があり、乙女ではなかったことが問題となった。馬鹿らしいと思う人も多いだろうが、皇太子妃の条件には「処女が望ましい」というものがあった。結婚後に元カレが出てきた“暴露”でもされたら大変だというわけだ。

皇室評論家の河原敏明さんは、『週刊現代』1984年1月28日号で、皇太子妃候補について「浩宮妃の条件として、“処女”であることは無論、キスの経験などあってはならないとされている」と述べているが、それほどまで厳格になった理由には、やはり美智子さまの“凄さ”があった。

なぜ、美智子さまの「非乙女」が驚きをもって迎えられたのか?

それは美智子さまが候補者になった時、宮内庁が作家・三島由紀夫に連絡を取ったことに端を発する。というのも美智子さまは三島由紀夫と「お見合い」し、ご縁がなかったという結果になっていたからだ。聞くところによれば三島由紀夫側からから「お断り」をしていたらしい。その理由を宮内庁は知りたがっていた。

三島由紀夫からの返答は驚くべきものだった。なんと「お見合いのあと、正田家の娘さまから、“試し乗り”のお誘いを受けまして…。さすがに難しいということでお断りしました」というのだ。美智子さまにとって“お見合い”は、今でいう“出会い系”と同じようなものだったのかもしれない。

こういう女が、まんまと国民を騙して贅沢三昧とはねー。

44
1

こちら↑に数人の方が書かれた詳しい三島話ですが、
ぜひ篠〇さんにお見せしたいです。

お見合いしたことはご存じでしょうが、
より詳しい話もお耳に入れたい。

16

鬼婆が欲しくて欲しくて堪らず、苦労してやっと手に入れた皇太子妃の座を、当初辞退されていた雅子さま。
鬼婆にとっては、もうこれだけで嫁いじめは決定していたんですよ。
仮に雅子さまが不倫などされていれば、鬼婆があれやこれやと手を回して破談にしていた事でしょうし、結婚前からマスコミにリークしていた事でしょう。
鬼婆と次男坊の鬼嫁が結託し、雅子さまに凄絶ないじめを行って来た事実は、次から次へと明るみになり、どれも話の辻褄が合います。雅子さまの不倫うんぬんの話は、鬼婆&鬼嫁のいじめのひとつで、完全にでっち上げです。
友人が雅子さまの同僚だった為、知っているのです。
私が知っているくらいですから、メディアの皆さんはご存知でしょう。

43
1

何でこんな一般人の夫婦に血税吸い取られる。やはり日本には皇室はいりません!宮内庁天皇も何も手を打たず血税垂れ流し目をつぶってる。これが国民に寄り添う姿勢?1日も早い天皇制度と皇室廃止を願います✨

36
9

そうしたら習近平に日本を侵略してもらいましょう。
「チャンスだぞ」

17

何でこんな一般人の夫婦に血税吸い取られる。やはり日本にはこうしはいりません!宮内庁天皇も何も手を打たず血税垂れ流し目をつぶってる。これが国民に寄り添う姿勢?天皇制度と皇室廃止を願います✨

11
16

相変わらずサイテーな男。男のクズ。たとえ
眞子に暴力を振るわれたって頭が上がらない
立場のくせに…。まあ眞子も自業自得。
いい加減宮内庁はこのバカ2人突き放せ。
こんな奴らに税金ビタ一文使うな。
こんな奴らどうなろうと自分達の力だけで
何とかすればいいだけのこと。一般国民
なんだから。でもバカだから自分を殿下と
本気で思っているんでしょ。マジきもい。

36

眞子と紀子の演技ですよ

可愛そうな眞子を日本に帰してあげたい
との魂胆が見え見え
小室は嫌いだが、何でもかんでも小室のせいにして
逃げ切ろうとするえげつなさ
自分たちは悪くない
全ては小室が悪いのだ

小室を隠れ蓑の術に使う、項垂れ殿下負債
ミテバーの満身創痍の術と同じ

27

【 小室圭さん「DV」で眞子さんを…紀子さま激怒も「後の祭り」】

紀子が激怒⁉️
紀子も文仁も DV加害者なのに❓️

眞子も佳子も悠仁も、学生時代から周囲に皇室利用の威嚇ばかりで、勉強どころじゃなく、両親のやって来た事を 繰り返しただけ❗️

コムロ圭の虐め問題はどうなった❗️
角田圭与の様々な犯罪疑惑の捜査を中止させたのは誰⁉️

角田圭与の 「夫を保険金殺人」のYouTubeを閲覧させない圧力を描けているのは、いったい誰なんだ❗️

32

小室圭さん「DV」で眞子さんを、というタイトルは信じられませんね。
戦闘力は豚丼のほうが上でしょうし、得意の飛び膝蹴りで一発ですよ。

50

この男だけは、許せない!
「世の中上手くやった者が勝ち、、」のサンプルのような男!!

24

愛子天皇になっても秋篠宮家残るし、何も変わらない!眞子夫婦には血税垂れ流し続く❗️
日本には皇室はいりません!宮内庁天皇も何も手を打たず血税垂れ流し目をつぶってる。これが国民に寄り添う姿勢?天皇制度と皇室廃止を願います✨

5
7

お車代一公務につき100万円、てどういう計算でそういう額になるの?
1000円の間違いじゃない?
100円で充分だと思うけど。

一円も貰わず自腹で来ればいいのでは?
だって、『皇嗣』の『公務』なんですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。