紀子さま、天皇陛下に異例の進言 「秋篠宮の即位のため、早期ご譲位を!」



文/高山麻子

皇位継承議論に注目が集まる

8月28日の会見で、持病の潰瘍性大腸炎悪化を理由に、辞任を表明した安倍晋三総理大臣(65)。安倍政権が先送りにした皇室の問題について関心が集まっている。

一つは、今年4月19日から延期状態が続き、挙行次期についても定まらない「立皇嗣の礼」について。17日にも新内閣発足と見られる中だが、組閣以降はコロナ禍への対応に追われることになるだろう。以降も新年祝賀行事や天皇陛下、上皇陛下のお誕生日祝賀など皇室行事が重なるため、年度内の挙行は難しい状況だ。

天皇陛下の「立太子宣明の儀」1991年2月23日、宮殿・松の間

もう一つは、「立皇嗣の礼の後に」とされてきた皇位継承議論について。先月24日には、河野太郎防衛相が自身のライブ配信で「女性・女系天皇」についての国民的な議論を行うべきだと投げかけ、大きな関心を集めた。河野氏は所属する党内派閥の麻生派(志公会、54人)が菅官房長官を支持する方針のため、総裁選への出馬を見送る事となったが、次の首相候補には安倍総理ほどの強固な“男系男子派”がいないため、これまでの議論が様変わりする可能性が高い。

眞子さま、愛子さまに打ち明けた“恋愛の極意”「圭くんのような男には気をつけて」

眞子さまが愛子さまより皇位継承順が上になる?

さて、この件について報じた『女性セブン』9月17日号が話題となっており、皇室関係者の間でも現在物議を醸している。

同記事では、眞子さまのご結婚前に皇位継承議論が、最も穏健な案である女性宮家創設に帰結し、眞子さまが宮家の当主として皇室に残られれば、将来的に愛子さまよりも皇位継承順が上になる可能性もある、との仮定が展開されている。以下同誌を引用する。

「秋篠宮さまが天皇になられたタイミングで天皇皇后両陛下と愛子さまの現在の天皇家から秋篠宮家に“本家”が移動することになるのです。すると、『天皇家の長女』は愛子さまではなく、眞子さまになる」

さらに、天皇家が切り替わったあとに、男子優先のままで「女性天皇」が容認されると状況は一変する

「女性皇族である眞子さまも皇位継承の権利を持つことになります。その場合、眞子さまの継承順位は悠仁さまの次。愛子さまも同時に継承権を持ちますが、その時点で愛子さまは『天皇家』ではないため、眞子さまより継承順位が低くなるんです」(皇室ジャーナリスト)

『女子セブン』2020年9月17日号

この記事に関して、皇室ジャーナリストの佐藤公子氏は次のように所感を述べる。

「まず、秋篠宮殿下が天皇になられたタイミングで…というところですが、令和はまだ2年。あと30年以上はこの御代が続くようにと、多くの国民が天皇陛下の幾久しいご健康とご繁栄を祈っています。陛下が90歳近くになられて、ご高齢を理由に譲位されるとしても、秋篠宮殿下もその時は85歳です。

天皇の仕事は年間1,000件以上のご執務に加え、宮中祭祀や海外賓客の接遇、海外訪問に地方行幸啓と、大変な激務です。ご高齢になった殿下に、激務をなさってほしいと願う国民はいるでしょうか? 実際に殿下が御即位されるかについて、なさらないのではないかと言うのが、多くの皇室ジャーナリストが予想しているところです」(佐藤公子氏)

そうなると、現在の皇室典範上は悠仁さまが皇位を継承なさることになる。眞子さまが愛子さまよりも皇位継承順が上になるというのは、かなり限定的な場合で起こり得ることのようだ。

佐藤氏は「このような複雑なプロセスを踏まずとも、今すぐに後継者不足による皇位継承問題を解決するならば、“男系男子”という制限を失くすことが一番。シンプルに直系長子優先の皇位継承とするのが、世界の王室でも進められている改革です」と結んだ。

紀子さま「早めに譲位を」の願い

この件について、実際に皇族方はどのようにお考えなのだろうか? さる秋篠宮家付き職員はこう話す。

「紀子さまはかねてより立皇嗣の礼について『早く! かつ盛大に!』という要望を政府に伝えていらっしゃいますから、殿下が次の御代の天皇になり、秋篠宮家が天皇家となることには大変前向きであるようです。ですがやはりネックとなるのは、即位時に殿下がご高齢に到達してしまっている状態のこと…。

そういった事態を避けるためにも、『今上には早めのご譲位を願いたい』とのお考えを仰るときもございます。皇室においても高齢化が進む中、上皇陛下の生前退位の特例法は皇室にとって様々な可能性を示しました。今上陛下の早期ご譲位を願う紀子さまですが、それは安定した御代替わりを願われてのことであると信じたいです」(秋篠宮家関係者)

令和の天皇ご一家へ寄せられる国民からの尊崇の念は日毎に増すばかりだ。愛子さまがご誕生になってから、女性天皇を容認する声は世論の8割という高水準を保ち続けている。

果たして紀子さまの“ご譲位を…”とのご進言は、皇室全体のことを考えられてのことなのだろうか?

眞子さま、愛子さまに打ち明けた“恋愛の極意”「圭くんのような男には気をつけて」