美智子さま「愛子は家族ではない!」の慟哭 皇族としての資質にもご懸念



文/高山麻子

悠仁さま14歳に

9月6日、秋篠宮家の長男・悠仁さまが14歳のお誕生日を迎えられた。宮内庁によれば、悠仁さまは今年度、新型コロナウイルスの影響で6月上旬まで登校できない日々をお過ごしだったが、オンラインによる授業や学校からの課題に熱心に取り組まれていたという。

また夏休み期間中には、秋篠宮ご夫妻のご公務にも複数回同席された。8月6日には「第44回全国高等学校総合文化祭(2020こうち総文)WEB SOUBUN 総合開会式」を、宮邸でオンライン視聴。翌7日には国際日本文化研究センターの磯田道史准教授からスペイン風邪流行下の日本の状況などについてご説明を受けられるなど、感染症による影響にも日々学びを深められているとのことだ。悠仁さまは8月24日から登校が再開、現在は元気に登校されているという。

悠仁親王殿下お誕生日のご近影(赤坂御用地にて、宮内庁より)

紀子さま「特権剥奪」のピンチ 「皇族の品位を辱める所業」ならば皇籍離脱も

愛子天皇を望んでいた上皇陛下

現在皇位継承順2位で、将来の天皇というお立場である悠仁さまのご成長ぶりは、皇室や国民の大きな関心事である。一方で、女性・女系天皇容認に対しての国民の期待感も依然として高く、天皇陛下の直系長子である愛子さまが、次の御代の天皇として即位することを願う声も日増しに高まっている。こういった国民の期待感を、皇族方はどのように受け止めておられるのだろうか? ある仙洞仮御所関係者はこう話す。

「上皇陛下は、かねてより女性・女系天皇容認には積極的賛成というお考えをお持ちでした。秋篠宮殿下がご誕生されて以来41年間に渡り皇室には女子の誕生が続き、側室制度無しで男系男子の皇統を維持するのは困難な局面に差し掛かっていました。愛子さまの健やかなるご成長ぶりは上皇陛下にとって心の拠り所であり、将来は愛子さまが天皇陛下として御即位されるものと信じていらっしゃいました」(仙洞仮御所関係者)

2004年末から2005年にかけて、皇室側の内々な要請、つまり上皇陛下のご意向もあって、当時の小泉政権下において“女性天皇・女系天皇(母系天皇)の容認、長子優先”を軸にした皇室典範改正議論が進められていた。しかし、2006年2月に紀子さまに懐妊の兆候と報じられると、当時官房長官であった安倍晋三総理を中心とした強固な保守層が「ずっと男系で来た伝統をすぐ変えるかどうか、慎重になるのは当然ではないか」とこれを食い止めにかかった。結局この議論は“男系男子の不足”という根本的な問題を先送りにしたまま、暗礁に乗り上げている。

「しかし、悠仁さまのご誕生後も上皇陛下のお悩みは深まるばかりでした。2008年12月、当時の羽毛田信吾宮内庁長官を通じて、『皇統問題が解決しないことにより体調を崩されている』とそのお心をにじませたほどです」(同前)

愛子さまの資質に美智子さまは疑問

一方、上皇后美智子さまは上皇陛下とは異なるお考えをお持ちのようだ。ある宮内庁関係者はこう語る。

「美智子さまはかねてより、悠仁さまがおられるのならば、悠仁さまが皇統を繋いでいかれるのが最も適切であるとお考えです。またそのお考えとは別に、愛子さまの“天皇としての資質”にも疑問を感じておられるご様子です」(宮内庁関係者)

この関係者によれば、美智子さまはかつて、愛子さまに対する微妙な感情を会見の場でにじませられたことがあるという。ことの発端は2016年のこと。当時愛子さまは未成年皇族ながら両陛下のご公務に同行される機会が増えていた。

その後、2016年9月から10月にかけて、原因不明の体調不良に見舞われた愛子さまは、一部で“公務の重圧による激ヤセ”などと報じられた。皇族とはいえ多感な時期に起きた私的なご体調不良に対して、おもしろおかしく書き立てられたことが、どれほど苦しいことであったかは容易に想像がつく。

「しかし美智子さまは、当時の皇太子ご一家との微妙な距離感にお悩みであったこともあり、愛子さまのご体調不良に『皇族としての意識に欠ける』と思われたようです。同年10月のお誕生日記者会見では、『この1年,身内の全員がつつがなく過ごせたことは幸いなことでした』とまるで愛子さまのご体調不良を意に介さないという姿勢を強調されました。これには、『眞子も佳子も公務を頑張っています。公務で重圧を感じるようでは、わたくしたちの家族とは言えません!』という美智子さまなりの愛孫への激励と、愛子さまへの家族愛が込められていたものと存じます。美智子さまは今夏、ご公務に熱心にお取り組みになった悠仁さまを高く評価されています。一体愛子さまのお出ましはいつなのか、お心待ちにされていることでしょう」(同前)

紀子さま「特権剥奪」のピンチ 「皇族の品位を辱める所業」ならば皇籍離脱も