小室圭さん、皇族の肩書でビジネス?「紀子さま弟も“皇嗣妃実弟”の名刺を…」と宮内庁



文/佐藤公子

眞子さま結婚に進展か

9月11日の紀子さま誕生日に向けて、慌ただしい。この日に合わせて紀子さまは、メディアからの質問に答えた文書を発表されるが、質問の中には眞子さまも結婚問題に言及したものがあるからだ。

「今年に入ってから新型コロナの影響もあり、皇族方がお出ましになる機会がめっきり減ってしまいました。そのため延期の期限を迎えた眞子さまの結婚についても音沙汰ありません。紀子さまが11日に何らかの見通しを発表されることを期待しています」(皇室ジャーナリスト)

思い起こせば、小室圭さんの母・佳代さんに金銭トラブルが明らかになったことを受け、眞子さまは2018年2月7日に宮内庁を通じ次のような文章を発表した。

「これらのことを踏まえ、それぞれの親や関係の皆様と相談を重ねた結果、この度、今後の私たちの結婚とそれに関わる諸行事を、これから執り行われる皇室にとって重要な一連のお儀式が滞りなく終了した後の再来年に延期し、充分な時間をとって必要な準備を行うのが適切であるとの判断に至りました」(眞子内親王殿下のご結婚関係儀式等のご日程の変更について、宮内庁、平成30年2月7日)

眞子さまがそう発表して既に2年半が経過している。当初は、今年4月に挙行される予定であった“立皇嗣の礼”が終わり次第、眞子さまの「お気持ち」が発表されると見込まれていた。だが新型コロナにより“立皇嗣の礼”が延期されたことに伴い、小室圭さんとの今後の見通しが語られるのも先延ばしになっている。

「新型コロナの第二波が収まりつつあることを受け、“立皇嗣の礼”は10月もしくは11月を挙行を目標に調整が続いています。再びコロナで延期にならぬよう、具体的な公式発表は直前までなされないでしょう。

その後、時を開けずに眞子さまが『お気持ち』の発表をすると見込まれています。どのような内容を発表するのか、ご両親にも相談されてないようです。ですが、ご両親は事あるごとに“再考”を迫っていると聞き及んでいますので、やはり結婚を前提にした発表があると推測されます」(全国紙社会部記者)

皇居に住む「紀子さま実弟」 川嶋家「皇室利用」の驚くべき実態

「相応の対応」はどうなるか?

眞子さまが「再来年に延期」と2年前に発表している以上、なのがあろうとも今年12月までには何らかの発表があるだろうと見込まれている。元宮内庁職員で皇室ジャーナリストの山下晋司さんも「12月は何かと立て込むので、10月・11月中に発表がある」との見通しを立てている。同じく元宮内庁職員で皇室評論家の小内誠一さんも「12月は繁忙期、1月は新年祝賀、2月は陛下の誕生日ですから、11月までに何らかの発表があるでしょう。それを逃すと延期が3年目に入ってしてしまいます」と語る。

しかし現時点で、秋篠宮殿下が、眞子さまと小室圭さんに求めた「相応の対応」、すなわち母・佳代さんの金銭トラブルが解決されているとは言い難い。今年中に解決する見込みはあるのだろうか?

「早期解決は夢のまた夢です。小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士に話を伺いましたが、発表できるようなことはないそうです。そして貸与か贈与かをめぐっては税金未納に抵触する恐れがありましたが、こちらも徐々に時効を迎えており、本来ならそうなる前に解決すべきだった。

ですが上芝弁護士は『元婚約者の方の代理人が週刊誌記者というのは話にならない』とお考えのため、今後も強硬姿勢を崩すことはないでしょう」(皇室ジャーナリスト)

このような状況で、秋篠宮ご夫妻が「結婚」を許可することはあるのだろうか?

「秋篠宮殿下も周囲の反対を押し切って『結婚できないのなら皇室を離れます。紀子を連れていってイギリスで一緒に暮らす』と言い放ち、紀子さまと結婚した過去があります(*『川嶋紀子さんの魅力のすべて』ブレーン出版)。

思えば戦後になってから皇族の皆さんの結婚は、基本的にすべて自由恋愛です。ここにきて眞子さまだけ結婚を諦めろと言うのは忍びないのではないでしょうか? ここまで事態が袋小路なっては、さっさと眞子さまを嫁に出して、悠仁さまに悪評判がつかぬよう、ダメージコントロールしたいというのが本音ではないでしょうか」(同前、皇室ジャーナリスト)

小室圭さんの活発な動きに、宮内庁「警戒」

このように金銭トラブルについては解決に向けて「動きがない」のが現状だ。だが小室家サイドは、結婚に向けて「活発な動き」を見せ始めている。

「最近、小室圭さんの母・佳代さんが自宅マンションから頻繁に外出しているようです。髪を明るく染めた佳代さんの姿が、女性セブン6月11日号に掲載されました。これまでは深夜帯にしか動きがなかったのですが、コロナ禍で人通りが少なくなったのを好機と見ているのかもしれません」(女性週刊誌記者)

髪を染めエクステを付けた小室佳代さん

また小室圭さんの動きも活発化しつつある。今年、4月21日には、フォーダム大学のHPに、小室圭さんが同大学OBにインタビューを行ったという音声が公開された。また、雑誌NY Business Law Journal(2019夏号)に、「Challenges and Implications for Potential Reforms of Crowdfunding Law for Social Enterprises」(社会的企業のためのクラウドファンディング法改正の可能性への課題と示唆)と題する論文を投稿していることも明らかになった。

「内容は、非上場企業がクラウドファンディングを活用して資金調達するための法整備についてです。小室圭さんはフォーダム大学で金融法を選択していますので、今回の論文とあわせて、企業の資金調達に関する法律家を目指していることが明確になりました。

一部週刊誌(女性自身、6/23・30号)やテレビ放送(羽鳥慎一モーニングショー、6/12放送など)では『小室圭さんの初任給は2000万円、最終的には年収1億円に!』と煽っていましたが、これは考えうる最高額で、実際には初任給は600万から800万円ほどが平均のようです。ですが母子ともに表舞台に戻ってきて、なぜかメディアはこれを高評価。いよいよ結婚が現実のものになってきたと実感します」(同前、皇室ジャーナリスト)

確かに12日放送の朝日放送「羽鳥慎一モーニングショー」でゲストの玉川徹氏は「今回努力だけじゃなくて結果も出している事が分かりました」なとど絶賛。「一体、小室さんをバッシングする理由なんてどこにあるんだろうって思う」と結婚を後押しした。

宮内庁「川嶋家の前例もありますので…」

新型コロナウィルスのため、皇室の活動は自粛が続いている。それに伴い眞子さまと小室圭さんの結婚問題の報道も鳴りを潜めていた。しかし感染拡大が収束の兆しを見せるとともに、小室母子は再び表舞台に立った形だ。小室圭さんが資金調達のプロを目指していることに、宮内庁はどのように考えているのだろうか? さる関係者は語る。

「眞子さまと小室圭さんが結婚されれば、小室家は未来の天皇家の最近縁者ということになります。皇室の威光が、本人が望まずとも背後に光ります。そのような方が、資金調達関係の仕事をされるというのは不安でしかありません。小室圭さんが『悠仁親王殿下義兄』などの名刺を切られる可能性もあります。ウソでないだけに、これがまた厄介です。

紀子さまの弟・川嶋舟さんも『文仁親王妃紀子実弟』ですとか『皇嗣妃実弟』の肩書で名刺を配り歩いていることが週刊誌を騒がせています。こちらも嘘ではなく、事実です。事実だからこそ厄介です。

また、かつて宮様を名乗りお金を集めた“有栖川宮事件”という詐欺事件がありました。『皇室』という二文字があるだけで、お金が自然と集まってしまうというのが日本の現状です。それだけ皇室は国民から尊敬を集めている。

小室圭さんには職業選択の自由があるとはいえ、やはり忖度や皇室利用が起こりやすい仕事に就くのはトラブルが生じやすい。これは秋篠宮殿下も紀子さまお同じ思いだと信じています」(秋篠宮家関係者)

また元宮内庁職員の小内誠一さんは次のように語る。

「これまで内親王方の嫁ぎ先は、神職や公務員など表舞台に立たない仕事の方が多かったです。圭さんがお金に直接かかわる仕事につき、年収1億円などというのは国民感情的にどうなのでしょうか…。質素倹約は皇室の宗とするところです。

『日本書紀』にも、仁徳天皇が都を難波高津宮に移したとき、宮はいたって質素であり、殿舎は何の飾り気もなく、屋根葺きの茅も切り揃えることすらなかった、民衆に労苦をかけず生活の充実を願っての措置であったと記されています。その精神を忘れないでいてほしい」(小内誠一)

眞子さまと小室圭さんの未来はどうなるのか? お二人が最後に逢ってからすでに2年以上が経過している。テレワークの時代とは言え、ここまで愛を貫けるのは、純愛の証なのかもしれない。

皇居に住む「紀子さま実弟」 川嶋家「皇室利用」の驚くべき実態

紀子さまと佳代さん「共闘」へ! 圭殿下で愛子さまに対抗か 「毒を食らわば皿まで」の誓い