なぜ紀子さまは「結婚容認」したのか? ヤケクソの「眞子の気持ち尊重したい」誕生日文書の裏側



文/佐藤公子

紀子さまお誕生日を迎え

9月11日に54歳の誕生日を迎えた紀子さまは、メディアの質問に答えた文書を発表した。注目されたのは眞子さまの結婚問題についての回答だ。全文引用する。

眞子さまと小室圭さんの結婚に関する行事が延期されてから2年半が過ぎました。秋篠宮さまは昨年11月の記者会見で「何らかのことは発表する必要がある」と述べられていましたが,現状や見通しについてはいかがでしょうか。母親としての眞子さまへの思いと合わせて,親子で話し合われていることがあればお聞かせください。また,佳子さまの結婚や将来についてはどうお考えでしょうか。

秋篠宮皇嗣妃殿下  長女の結婚については,対話を重ねながら,親として娘の気持ちを受け止め,一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では,共感したり意見が違ったりすることもありますが,お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ,長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め,話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます。

宮内庁 秋篠宮皇嗣妃殿下お誕生日に際し(令和2年)

ここかわわかる状況は三点あるだろう。

  1. 結婚問題について話し合いが始まった。
  2. 眞子さまとの間で意見の対立は残っており、紀子さまは反対姿勢を持っている。
  3. しかし、娘の気持ちを尊重したいので、結婚を認めざるを得ないと思っている。

秋篠宮殿下は2019年の誕生日会見では「〔娘と〕結婚のことについては話をする機会はありません」と告白した状況から、「話し合いができる状況」に進展はあるようだ。

眞子さま虜にした、小室圭さん「夜の強さ」 元恋人「徹夜も辞さない努力家」と絶賛

様々な声「想定通り」「後押ししている」

今回の紀子さまの文書発表については、様々な反応がある。元宮内庁職員の小内誠一さんは「やはり想定通り、紀子さまは先に眞子さまに自由に“お気持ち”を発表させ、ご両親としての対応はその後に決めるようですね」と語る。

また羽鳥慎一モーニングショー(9月11日放送)において、玉川徹さん(テレビ朝日コメンテーター)は「紀子さまは眞子さまの結婚を後押ししている。もう国民の理解は得られたんじゃないかな。二人を祝福したい」と語り、長嶋一茂さん(タレント)は「結婚は(眞子さまと小室圭さんの)二人の問題。メディアがいろいろ騒ぎすぎている。静かに見守ってあげよう」と語った。

たしかに今回の紀子さまの文書には「長女の気持ちをできる限り尊重したい」という“結婚容認”とも読めるくだりがある。はたして何が本音なのだろか? さる秋篠家付き職員は次のように推測する。

「紀子さまの今回の文書は、建前であって本音ではないと思います。8月に入り、秋篠宮ご夫妻は眞子さまと話し合いをされており、毎回のように大きな怒鳴り声が廊下まで漏れ伝わってきます。なので紀子さまの本音としては『結婚に反対!何を考えているの!』なのですが、結婚は両性の合意のみに基づくという建前上、『長女の気持ちをできる限り尊重したい』と発表されたのではないでしょうか?」(秋篠宮家付き職員)

だが、さる宮内庁幹部は次のように裏幕を語る。

「今回の紀子さまが発表された文書は、ぎりぎりまで宮内庁側に手交されませんでした。事前にメディアに流出することを恐れてのことかと思いますが、同時に、それだけ推敲に推敲を重ねたものであることも間違いありません。紀子さまは国民の意見など雑音に過ぎず、かわいい娘の結婚を望み通りに叶えてあげたい願っておられるのではないでしょうか?」(宮内庁幹部)

国民の声を「雑音」とするのは美智子さま直伝のテクニックであろうか。

紀子さまは結婚を積極的に認めている?

宮内庁を通し発表される「公式見解」は、日を追うごとに「結婚容認」に傾いていることは否定しようがない。この2年の間に「話合いのない状況」から「話し合いを重ねる状況」に移ったことは、国民としても喜ばしい限りだ。だがその話し合いの結果が「結婚容認」であるならば、それは小室母子の思うツボに他ならない。

秋篠宮殿下が2018年11月の誕生日会見で出した「それ相応の対応」も「国民の祝福」も得られていない状況で、なぜ紀子さまは結婚容認に舵を切ったのだろうか? この問題に詳しい宮内庁関係者は次のように語る。

「今回の発表には驚かされました。状況は改善していないにもかかわらず結婚容認されるとは…。紀子さまはむしろ眞子さまと小室圭さんの結婚を積極的に容認しています。むしろ『400万円程度でどうして騒ぐのかしら? 4回お手振りすれば貯まる金額じゃないの』程度にしか考えておらず、結婚延期問題の責任はむしろ国民にあると考えているのではないでしょうか? むしろ『国民は眞子と圭さんの結婚を祝福するのが当然』というヤケクソな本音が透けて見えるようです」(宮内庁関係者)

今回発表された紀子さま誕生日文書の本音が、いったいどこにあるのか様々な見解があるようだ。だが、「結婚容認」を公式見解として発表したことに違いはない。国民から愛される皇室。紀子さまの優しい笑顔。秋篠宮家の美しい家族愛。これらはどこに行きつくのだろうか?

眞子さま虜にした、小室圭さん「夜の強さ」 元恋人「徹夜も辞さない努力家」と絶賛

美智子さまの“自愛”が「雅子さまバッシング」を呼んだ 宮内庁が黙認した驚きの理由が明らかに