玉音放送から75年目 「全国戦没者追悼式」が執り行われる 陛下のおことば全文



文/伊藤友香子

全国戦没者追悼式

75年目の終戦記念日を迎えた8月15日、東京都千代田区の日本武道館で、天皇皇后両陛下がご臨席のもと、「全国戦没者追悼式」が執り行われた。

新型コロナウイルスの感染状況が終息しない中、感染予防に十分配慮した式典となった。例年、全国の遺族らを含めて6000人ほどが参列してきたが、今年は大幅に縮小した220人の遺族、全体では550人ほどの参列者となった。

感染防止対策として、マスクを着用されてお姿を見せられた天皇陛下と皇后雅子さま。参列者も、事前の検温や手指消毒、マスクの着用が義務付けられ、例年行われる国歌斉唱は演奏のみで済まされ、座席は全席指定で間隔を1メートル以上あけての挙行となった。

「75年の節目となる式典がどうなるかというところでしたが、無事両陛下のご臨席を賜り、執り行えたことにまずは安堵しております」(政府関係者)

正午の1分間の黙祷の後、天皇陛下がおことばを述べられ、公の場で初めてコロナ禍についても言及された。

以下が全文となる。

本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

 終戦以来75年、人々のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、多くの苦難に満ちた国民の歩みを思うとき、誠に感慨深いものがあります。

 私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも、人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います。

 ここに、戦後の長きにわたる平和な歳月に思いを致しつつ、過去を顧み、深い反省の上に立って、再び戦争の惨禍が繰り返されぬことを切に願い、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、全国民と共に、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

「天皇陛下のおことば―全国戦没者追悼式」2020年8月15日

11日には中満国連事務次長から核軍縮についての説明を受けられた

終戦から75年となり、戦争遺族の高齢化が進み、今回参列した遺族のうち、戦後に生まれはのは3割近くになっているという。

両陛下は今月11日にも、お住まいの赤坂御所で中満泉・国連事務次長から核軍縮の現状についての話を聞かれるなど、世界平和にお心を寄せ続けている。

中満事務次長からの説明では、戦争体験の語り部として、長崎や広島で若い世代が熱心に継承活動に取り組んでいる現状をお聞きになり、「大変素晴らしいことですね」と何度もねぎらったとのことだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です