小室圭さん「眞子は俺のモノ」紀子さま許可得て全国民に勝利宣言! 時効成立後に結婚へ



文/木下聡

紀子さまお誕生文書で眞子のご結婚容認へ

今月11日、紀子さまは、54歳の誕生日を迎えられた。御代替わりが行われた昨年から、紀子さまは皇嗣妃として誕生日に際して、宮内記者会からの質問に文書で回答されている。

宮内記者会から、いくつかの質問がなされたが、今年も最も注目を集めたのは、現在延期状態となっている長女眞子さまと、小室圭さんとのご結婚に関する質問の回答であった。紀子さまはお二人の結婚に関して、次のように文書で回答された。

長女の結婚については,対話を重ねながら,親として娘の気持ちを受け止め,一緒に考えていくことが大切だと考えています。その中では,共感したり意見が違ったりすることもありますが,お互いに必要だと思うことを伝え合いつつ,長女の気持ちをできる限り尊重したいと思っております。現状や見通しを含め,話したことの内容をお伝えすることは控えさせていただきます。

宮内記者会の質問に対する文書ご回答 令和2年9月11日(金) 宮内庁HP

具体的な事柄についての回答はされなかったものの、以前から、眞子さまのお気持ち関して「現在でも結婚の意思は固い」と報じられていたこともあり、「長女の気持ちをできる限り尊重したい」という紀子さまのご回答に関しては、事実上の「結婚容認宣言」として、複数のメディアで大々的に取り上げられ注目された。

『女性自身』は、このお誕生日文書の内容に関して、「紀子さまは今回、眞子さまと小室さんの結婚を事実上容認されたといっても過言ではありません」という皇室担当記者の言葉を紹介。

また、11日には、フジテレビ系「バイキング」と「直撃LIVE グッディ!」のリレートークコーナーにて、紀子さまの文書の内容を受け、安藤優子キャスターが「ちょっと世の中の見る目も変わってきた気がするんです。ここまで頑張られているお2人だからっていう。そんな空気を少し感じるんですがね」と、結婚を応援するコメントを残している。

紀子さま「金欠デス!」スペイン公務を10月に行いたい本当のワケ

小室圭さんは勝利宣言

実は、「直撃LIVE グッディ!」は、紀子さまのお誕生日文書の発表に先立ち、小室圭さんの代理人を務める上芝直史弁護士に独自取材を行っていたようだ。上芝弁護士は、「今でも小室圭さんの結婚の意思は“変わらない”」として、取材に対して次のように応えたという。

「お2人は連絡を取り合っています。圭さんが結婚したい考えに変わりはありません。(圭さんとしては)結婚は早いほうがいいと考えていますが、いろいろな環境を整える必要があるわけですから。それが整った段階で、ということだと思います」

環境を整えるとは、おそらく借金問題の解決と、定職を得るということであると思われる。借金問題に関しては、今後2年以内に全ての借金が時効を迎え、コロナ禍で困難と思われていた就職に関しても法律事務所でのインターンシップの受け入れ先を見つけるなど、着々と準備を進めているようだ。

「これまで、多くの国民から結婚に関して反対を受け続けてきた小室圭さんですが、借金の時効を控え、さらに就職の準備を進めていく中で、結婚実現への自信を深めているようです。

代理人弁護士を通じて発表した“いろいろな環境を整えた段階で結婚”という言葉は、結婚に反対し続けてきた国民に対する”眞子さまを手に入れた”という事実上の“勝利宣言”と言って良いでしょう。

結婚実現における最大の障害である400万円の借金も22年1月に全て時効を迎え、綺麗さっぱり消滅することとなります。さらに今回のお誕生日文書により、紀子さまから結婚の許しを得ることともなりましたから、もはや、結婚の実現も時間の問題といって良いでしょう。

眞子さまも、LINEなどの通話を通して伝えられる“借金が全て時効を迎えたら結婚しよう“という小室圭さんからの愛のささやきにメロメロ状態のようで、お二人の心の中では、すでに結婚までのカウントダウンが始まっているのかもしれません」(宮内庁関係者)

国民との約束を反故にする秋篠宮家と小室家

秋篠宮殿下はこれまで、「今のままでは納祭の儀を行えない」と述べられ、金銭トラブルの解決と多くの国民からの納得と祝福を結婚のための条件として挙げられたが、もはや秋篠宮家と小室家の中では、こうした約束はなかったことにされてるという。

「秋篠宮ご夫妻からの再三の警告にも関わらず、小室圭さんと佳代さんの母子は、400万円の借金問題の解決から逃げ続け、そのために多くの国民から強い反発も受けました。

小室圭さんに借金問題を解決する意思がないことが判明した時点で、秋篠宮ご夫妻は、“国民からの納得を得られない”として結婚を破談とすることも出来たでしょうが、結局はそうされることもなく、なあなあの状態のまま結婚実現へと進んでいくこととなりそうです。

もはや、ほとんど国民に対する“裏切り”と言っても良いような状況ですが、すでに秋篠宮ご夫妻も“もう、どうにでもなれ”といった投げやりなお気持ちでおられるのかもしれません」(前出の宮内庁関係者)

以前から、週刊誌等のメディアにより、飲酒量の増加が報じられていた秋篠宮殿下であるが、紀子さまのお誕生日文書発表の前後には、特に飲酒量を増やされていたという。

国民の目からは、無責任にも映る紀子さまの結婚容認であるが、ご夫妻にとっても、非常に厳しい苦渋のご決断であったのかもしれない。

紀子さま「金欠デス!」スペイン公務を10月に行いたい本当のワケ