小室圭さん語った“皇室外交”への意欲 美智子さま「雅子さん凌ぐ逸材」と高評価



文/高山麻子

注目の紀子さまの文書回答

9月11日、秋篠宮妃紀子さまが54歳のお誕生日を迎えられ、注目の回答文書が公開された。記者会から寄せられた質問は3つ。そのうちもっとも注目を集めたのは、やはり眞子さまのご結婚に関する箇所だ。

眞子さまと小室圭さんの結婚に関する行事が延期されてから2年半が経過した中、渦中にある秋篠宮家はこれまで、言葉少なながらも会見の場でこの件について触れてきた。昨年11月の秋篠宮殿下のお誕生日会見では、「何らかの発表をする必要があると思っている」「(眞子さまとは)この件では話していない」「小室家とは連絡を取っていない」等々と述べられ、改めて殿下がこの結婚に対して「多くの人からの祝福」と「問題の解決」を促した形となっていた。

紀子さまお誕生日のご近影(宮邸・ご仮寓所にて)

一方、今年の紀子さまの文書回答は、多くの関係者にとって事実上の“結婚容認宣言”と受け取られたようだ。文書の中で、「対話を重ねながら一緒に考えていくことが大切」「共感したり意見が食い違ったりすることもあるが、できるだけ長女の気持ちを尊重したい」と、改めて眞子さまのご決断への信頼と家族愛を示された形だ。

11日放送のテレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」内では、コメンテーターの玉川徹氏が「個人の自由がこれだけ認められている日本国でありながら皇室だけは、あらゆる自由が制限されている」と話し、紀子さまの母としての愛溢れるお言葉には「ホッとします。当人同士なんですもん結婚は」と賛辞を贈るコメントを残した。

美智子さま「無駄遣い」が内廷費を圧迫 悠仁さまに流れる“愛子さま教育費”

小室圭さんのお気持ち発表

一方同日、眞子さまのお相手の小室圭さんも、代理人弁護士を通じておよそ1年半ぶりに「お気持ち発表」をした。代理人弁護士の上芝直史氏によれば、小室さんは「眞子さまと結婚したい気持ちは変わっていない」「結婚は早い方がいい」とし、今は環境を整えている最中だと話しているという。改めて国民からの理解を仰いだ形だ。

11日放送のフジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」では、キャスターの安藤優子氏が「空気が変わってきましたよね。ここまで頑張っているお二人だからって、世間の見方も変わってきた感じ。何よりご両親が理解を示しているのが一番では」などとコメント。小室圭さんの米国での奮闘には心を打たれている様子だった。

皇室ジャーナリストの佐藤公子氏こう所感を述べる。

「このタイミングで小室圭さんもお気持ちを発表されたとなると、事実上“破談”の線は無くなったと見て良いでしょう。結局、小室さんの母・佳代さんと元婚約者との間の400万超の金銭授受に関しても、贈与なのか貸与なのか両者意見が分かれたまま、今年11月から順次消滅時効を迎えて、22年1月には全ての返済義務がなくなります。

眞子さまも小室さんも、お互いにここまで強く惹かれ合っているのであれば、あと1年数カ月の延期など大した問題ではないと考えているのかもしれません。この機が熟すのを待って、『晴れて障壁は無くなりました、どうぞ祝福を!』と堂々の結婚宣言を行うつもりでしょう。眞子さまは小室さんの、どんな逆風にもめげない強靭な精神力と、面の皮の厚さに惚れ込んでいらっしゃるのかもしれませんね」(佐藤公子氏)

小室さん、皇室外交にも強い意欲

さて、結婚は当人同士の意思に基づくものではあるものの、女性皇族の夫となる人物にはそれなりの社会的信用が求められるのも事実だ。降嫁したあとも準皇族的立場で皇室と深く関わったり、公務的な活動にも携わっていくことになるため、頭を抱える関係者も少なくない。

「上皇ご夫妻の長女・黒田清子さんはご結婚後、2017年6月から正式に伊勢神宮の祭主となり、神事を司る立場として活躍しています。高円宮家の千家典子さんや守谷絢子さんも、『世界らん展』などの公務に携わり、皇室の活動を影で支え続けています。眞子さまにも、筆頭宮家の長女として結婚後も皇室を支えていただきたいですが、その場合は小室圭さんの扱いをどうすればよいでしょうか…多くの関係者が気をもんでいる部分です。

ただ、美智子さまだけは小室さんの海外での活躍について、“雅子さんよりもコミュニケーションスキルが高い”“語学力も申し分なく、国際親善の部分では雅子さんを凌ぐ逸材”と高評価をされているようです」(仙洞仮御所関係者)

一方、当の小室さんは、学生時代から“公務”に関する意欲をのぞかせていたという。学生時代の眞子さまと小室さんを知る関係者はこう話す。

「小室さんは当時から、“プリンス”“殿下”と呼ばれていたので、同級生は将来彼が皇族になる可能性が高い、と認識していましたよ。本人も学生時代から『将来は外交に携わり、世界を股にかけて活躍したい』という希望を持っていたので、よく皇室外交の歴史についても学んで友人に熱弁していました。

彼は流れに身を任せるタイプなので、結婚前に女性宮家創設ってことになったら、皇族としてやっていく覚悟だと思います。国民からの声についても、彼のことですから『外交だけやって国内で目立たなければ、色々言われることもない』とポジティブに捉えているに違いないですね」(ICUの同級生)

美智子さま「無駄遣い」が内廷費を圧迫 悠仁さまに流れる“愛子さま教育費”