「美智子さまは昭和天皇から嫌われていた」 村井侍従が告白、美智子さま“土下座”した「聖書事件」



文/佐藤公子

美智子さま聖書事件とは?

優しさに満ち溢れた皇室——。多くの国民は美智子さまや雅子さま、紀子さまの微笑みを、そして美しい家族愛に心癒されている。令和になってからも皇室カレンダーの売り上げは順調であるという。

だがこの一方で、皇族方も「人間」である以上、様々なドラマが生まれていることも事実だ。

昭和36年(1961年)の春から夏にかけて起きたとされる「聖書事件」。その存在はよく知られるが、実際に何が起こったのかについては諸説が乱立している。この記事では、当事者たちの証言を追って、その実像に迫っていきたい。結論としては「当時、宮中で聖書をめぐり重大な揉め事がった」ことは間違いない――という所まで行きついた。

この「聖書事件」のはじまりは、上皇陛下の弟・正仁親王(当時、義宮。現、常陸宮殿下)が某侍従の影響からキリスト教への信仰を深められ、そこに美智子さまの名前があがったこと。昭和天皇がそれを耳にはさみ、美智子さまを呼び寄せ激怒したことだ。過去の週刊誌には次のような下りがある。

「常陸宮(当時・義宮)は少年の頃からキリスト教に大変な関心を持っておられたんです。ある侍従の影響だったんですが、一時期は実質的な信仰者ともいえる状態だった。それが当時の天皇に知れて逆鱗にふれたんです。

常陸宮は身近の侍従をかばおうとして、つい美智子妃の名前を出したらしい。彼女なら身内だし、聖心の出身だからキリスト教についての話を聞いたといっても不自然ではないと思ったんですね」(元・宮内記者)

(中略)

ともあれ、この一件は後に常陸宮の侍従の解任で落着した。

『週刊文春』1989年4月20日号

事の発端になり後に責任を取り解任された「ある侍従」とは誰か? 1987年に出版された河原敏明『美智子妃』では「M侍従」とイニシャル表記されているが、これは村井長正(1915-1997)のことである。河原は実際に村井にインタビューを試み、「陛下(昭和天皇)は温かいお方だから、辞めずにつづけて構わぬ、ともおっしゃって下さったが、私は責任をとったわけです」との証言を得ているが、当時はまだ当事者が存命であったため実名を伏せイニシャルにしたようだ。

ヨーロッパで「秋篠宮家が出禁」か 「つまみ食いやお土産ねだりが多かった」と関係者

村井長正侍従と橋本明氏の電話

義宮(常陸宮殿下)がキリスト教に関心を持ったのには、お付きの侍従・村井長正の影響が大きかったことは疑いようがない。これはその後の報道でも一貫している。

ところでこの「聖書事件」の仔細を知る一次資料が2007年に公開された。上皇陛下の御学友・橋本明氏(ジャーナリスト、1933-2017)の著書『美智子さまの恋文』(新潮社)だ。当時、共同通信社に務めていた橋本氏は、村井侍従と「聖書事件」について次のように電話で語りあったという(この電話は昭和36年10月6日の午後3時から5時10分にあったとされる)

村井 今年(昭和36年)の春だった。ここの義宮さまが不用意な発言をされてからのこと。

橋本 奥ですか。(村井うなずく)

村井 全くまずい発言だった。あのとき以来、波乱が増大して、おかしなことになったんだよ。それが、義宮の婚約にも大きく響いちゃってね。

橋本 どのような内容だったのですか。

村井 義宮が「キリスト教を信仰している」と言われた。そのために東宮妃がてひどい立場に追いつめられて。兄弟の宮の対立が激化するし、ことば尻を掴まえて陛下を焚き付ける者が出るし。

橋本 そのとき義宮はなんとおっしゃったんですか。なぜ、東宮妃が。

村井 「私は美智子妃もキリスト教に深い理解があるので、尊敬している」というふうに。

(中略)

橋本 それはまずい。たしか選考の大方針として義宮妃は東宮妃とウマの合う人。兄弟仲を緊密にする必要を強調していたと思うが、肝心の二人がさらにここで激突するというのは味方の分裂を意味する。皇室会議であれだけ慎重に美智子さんは洗礼を受けておらず、キリスト教の影響が無いことを認めさせたのに、まるで苦労が水の泡ではないですか。

村井 ご文庫(両陛下のお住まい)で団楽があった。東宮さまはお二人ともいらっしゃらなかった。陛下が「義坊ちゃん、そろそろ結婚する年頃だけれども、どういう女性をお嫁にほしいの」と問われた。宮さまは「お姉さまみたいな女性がいい」と答えた。さらに陛下が「お姉さまのような人とはどういう女性なの」と重ねてお訊ねになった。殿下は「共に聖書を読める人」と確信をこめて説明した。そして月に一回、矢内原忠雄家から「嘉信」が送られてくると一冊を参内されてきたお姉さまに渡し、二人が同時に読んでいるとニコニコとおっしゃった。

(中略)

橋本 東宮妃はそれでどういう目に合ったのですか。

村井 両陛下に呼び付けられて、散々痛めつけられた。そして、ついに屈服させられた。「私はもう一切、キリストについては言わない。義宮が言われたことは事実でした」と告白された。新しい皇室という意味で、皇太子が美智子妃擁護の姿勢をすぐ打ち出されたのはむしろ当然。
 しかし、困ったことをしてくれたということで、義宮をにがにがしく思っている。私たちが心を痛めたのはただでさえ仲の悪かった二人(の関係)が益々悪化したということ。それを義宮の結婚問題および新たな波紋で余計明らかになった反対派の政治的意図と睨み合わせて考えると、手痛い打撃なんです。

橋本 両陛下のこれに対するご措置は。

村井 義宮をこの夏那須の御用邸に呼び付けて、手ひどく、またネチネチとやっつけたらしい。ところが義宮は「決して撤回しない」と、いまでも頑張り通している。その態度を見て、皇太子は感じたらしい。義宮は身体が弱かったから信仰をもったのも自然であろうと考えるようになり、九月二十三日那須から帰って以来既に四回も、ときには午前一時まで弟と話し込んでいる。

美智子さまの土下座謝罪

先に紹介した橋本明氏と村井長正侍従のやりとりは、「聖書事件」に関するほぼ唯一の一次資料だ。事実ならば、昭和天皇は美智子さまを嫌っていたことになる。このやりとりと似たエピソードは古い雑誌の中にも確認される。

中村菊男 常陸宮が洗礼を受けられたというのはほんとうですか。

藤島泰輔 それはうそです。ただ、その危険性があったことは確かです。(中略)

たまたま常陸宮さんが両陛下と食事をされたときに、美智子さんがはいってきてくれたおかげで、私はキリスト教の話ができるようになって非常にうれしいというようなことを(中略)つるっと言っちゃったらしいんです。そうしたら天皇陛下は激怒されて、そこに美智子さんをお呼びつけになって、二度とふたたび皇室の中でキリスト教の話をしないでくれと言われた。

黛敏郎 そういう天皇にはほんとに長く生きていただきたいですね。

「皇太子“明仁親王”」『流動』1971年10月号

ここでの情報源となっている藤島泰輔氏は、小学校から大学まで一貫して学習院に通い、上皇陛下の友人であった人物だ。後に、美智子さまが「昭和天皇に土下座謝罪した」と書き立てられるようになった。

『お姉さまとキリスト教のお話ができて楽しい。いろいろ教えられた』何気なく義宮がもらした一言が、恐らく美智子妃に反感を持っていた人たちを通してだろう、天皇の耳に入った。

天皇の怒りはすさまじかった。すぐに美智子妃が御所に呼ばれた。天皇家は神道を守っていかねばならぬ立場である。そのぐらいの事は当然、心得ているはずだ。それがキリスト教に心酔するとは何事か。周りにいた女官や侍従が震え上るほどの激しいお怒りだった。

美智子妃は絨毯の上にひれ伏して謝ったが、天皇のお怒りは容易に静まらなかったという。

『文藝春秋』1987年1月号

だが、この「美智子さまの土下座謝罪」は、額面通りに受け取ってはならないようだ。

渡辺みどり(皇室ジャーナリスト)は、『美智子皇后の「いのちの旅」』(文藝春秋)のなかで、聖書事件そのものは認めているが、土下座謝罪については「そんな事実はない」と述べている。元宮内庁職員の浜尾実も、土下座謝罪については「神話」と一蹴している(『皇后 美智子さま』小学館)。

叱正はあったのか?

また、「昭和天皇からの叱正はなかった」という立場もある。たとえば、歴史教科書をつくる会(通称、つくる会)の副会長を務めていた工藤美代子だ。工藤は、美智子さまを最大限擁護し、この聖書事件を「極めて非礼な流言飛語」と断じている。その工藤が根拠とするのは、事件の18年後に鈴木菊男東宮大夫が寄せた次の一文だ。

それにつけても、もう十数年も前のことになろうか。『陛下が妃殿下のことで激怒なさり、即刻呼びつけてお叱り云々』の噂が流され、その後何年にもわたりいくつかの紙面に取り上げられたことに関し一言したい。事実のないこの記事は、他の事とは違い、陛下の御名を引き合いに出してあったため、妃殿下には十余年もの間随分お悲しい思いをなさらねばならなかった。

私の退任後、またしてもその記事の引用(注:『昭和日本史』別巻「皇室の半世紀」)が行われたが、それがこの度は陛下のお目にとまったのであろう。後日、侍従職を通じ、『このようなことは、事実がないばかりでなく、心に思ったことさえなかった』と深いおいたわりに満ちたお言伝てが東宮職に届けられたと聞く。このようなことも含め、お心を痛められることも多かったであろう(後略)

『皇太子殿下皇太子妃殿下御結婚二十年』中日新聞、1979

この鈴木菊男東宮大夫の寄稿文が、宮内庁の「公式見解」として受け継がれる。平成になり公開・刊行された宮内庁編『昭和天皇実録』にも、先の寄稿文をそのまま踏襲した記述が確認される。

(昭和53年)三月十一日 この日、侍従長入江相政は東宮大夫安嶋弥と面談し、皇太子妃の「クリスチャン問題」について話をする。このことについては、昭和三十年代後半頃、正仁親王がキリスト教に興味を持ったのは皇太子妃の影響であると聞かれた天皇が同妃に対し皇室においてキリスト教の話はしないようにと叱責された、と言う噂が立てられ、以後雑誌で何度も取り上げられた。

さらに五十二年十二月、皇室関係の図書(『昭和日本史別巻皇室の半世紀』昭和五十二年十二月刊行)の中で同様の内容が掲載されたため、これを御覧になった天皇は、その後わざわざ侍従を通じて『このようなことは、事実がないばかりでなく、心に思ったことさえなかった』とのお言葉を伝えるよう命じられ、この深いおいたわりに満ちたお言伝てが東宮職に届けられた。また宮内庁から出版元への申し入れにより、同書の改訂版において当該記事が削除される。

『昭和天皇実録』第16巻、東京書籍、2018

ただし工藤も、鈴木寄稿文も、実録も「聖書問題について激怒したことを昭和天皇は否定された」と主張しているものの、いずれも「聖書事件がなかった」とまでは言っていない。この点は重要である。

「聖書事件」の真相は何か?

鈴木菊男東宮大夫の寄稿文は、昭和天皇の在世時に発表されていることから「昭和天皇が激怒した」とうことは事実ではないのだろう。そして「美智子さまが土下座謝罪した」ということもないと考えるのが自然だ。

また、1961(昭和36)年に橋本明氏に聖書事件を語った村井長正侍従も、1965(昭和40)年の退職時に次のように表現を改めている。

昭和天皇だが、それほどお怒りになったのではない。自分もお叱りをこうむってはいない。宇佐美長官からは『あんまり、やるな』とたしなめられたが。三谷侍従長は怒らなかった。但し三谷さんは『こじれたら私は辞める』と言われた。侍従長が辞めるなら自分も辞職する気持ちになった。辞めようと決意したのは美智子妃に災難がふりかかるのを防げなかったからだ」(橋本明『美智子さまの恋文』新潮社、2007)

だが聖書事件そのものは否定されていない。すなわち「聖書事件」の真偽問題が散々騒がれながらも、肝心の「義宮と共に美智子さまが聖書に親しまれていた」という点は誰も否定しないのである。よって「聖書事件」はあったとしか言いようがない。それを昭和天皇が軽く苦言を呈したというのが真相に最も近いのではないか。

この問題について元宮内庁職員の小内誠一さんは「美智子さまは会合などで賛美歌を歌われています。クリスチャンの信仰を捨てきれていないのは明白でしょう」と語る。もちろん現代は宗教対立の時代ではなく、宗教融和の時代だ。秋篠宮家の眞子さまと佳子さまもICU(国際基督教大学)に通われ、皇室にキリスト教は思いのほか融和し浸透している。

昭和天皇の宗教融和に対する寛大さは、今の皇室にしっかりと息づいている。

ヨーロッパで「秋篠宮家が出禁」か 「つまみ食いやお土産ねだりが多かった」と関係者