美智子さま「無駄遣い」が内廷費を圧迫 悠仁さまに流れる“愛子さま教育費”



文/宮本タケロウ

天皇家と秋篠宮家の予算の相違点

先日、天皇家(内廷)と秋篠宮家の予算や会計の相違点をまとめた記事を執筆いたしました。

なかなか高評価を頂いた記事でしたが、記事中では、天皇家と秋篠宮家で使用できる予算の金額の差異に触れませんでしたので、両家における以下の点が不明瞭でした。

  1. 天皇家で使えるお金はいくらでどのように使っているのか
  2. 秋篠宮家で使えるお金はいくらでどのように使っているのか

今回は、まず①の点にしぼって、詳しく見ていきたいと思います。

はじめに、両陛下の使えるお金についてですが、これに関して、インターネット上には「美智子さまの浪費により、東宮時代も含め、今上陛下ご一家は年間で500万円しか使えない」という俗説があります。

昔テレビ番組で「皇太子ご一家は家族三人で年500万円の予算しかもらえません」と報じていたといいます。

列外派星くず日記「シャネルなんて買えません。6700万円しかもらえないから…」

「一家の世帯収入が500万円」というのは、一般のサラリーマン家庭よりも少ないですが、果たして本当なのでしょうか…? たしかに侍従の日記などには平成皇室の“派手さ”が懸念されることはあります(参考記事)。はたしてこれは事実なのでしょうか?

秋篠宮家、学習院から「来なくていいです」の“お払い箱”か 悠仁さま「帝王学」がピンチ

令和2年の内廷費は3億2400万円

まず、内廷費の合計は令和2年度で3億2,400万円。これを天皇陛下ご一家と上皇ご夫妻、合計5人が使用します。これは平成時代と変わりません。

では、この3億2400万円はどのように使われるのでしょうか。森暢平『天皇家の財布』にはこうあります(※2003年の書籍なので天皇陛下が「皇太子」と記載されます)。

「内廷費の管理は天皇陛下自身がするのか、皇室でも家計を預かるのは妻である美智子さまなのか」「皇太子夫妻にはどのように家計費が渡るのか」……と疑問がわくだろう。天皇名義の銀行口座があると思う人がいるかも知れないが、そうではない。

内廷費は年四回、8100万円ずつに分けて口座に振り込まれる。口座の名義人は「内廷会計主管」。

森暢平『天皇家の財布』新潮選書、2003年、66頁

天皇家の私費であるのに、官僚によってしっかり管理する体制が採られているのが内廷費ですね。

では、この内訳はどうなるのでしょうか。『天皇家の財布』によると、2003年時点で以下の通りに概算されています。

【内廷費:3億2400万円

人件費:1億1016万円(掌典職や養蚕所の職員、使用人の給料)
物件費:2億1384万円(物件費内訳は①~⑥)

①用度費:5832万円(日常の衣服やメガネ、文房具など)
②食撰費:4212万円(日々の食事や内輪の会食費)
③恩賜金・交際費:2916万円(赤十字への寄付金や神社への幣帛料)
④教養費・旅行費:2268万円(学習院の学費や私的な休養への交通費)
⑤祭祀費:2592万円(宮中祭祀)
⑥その他雑費:3564万円(自由に使えるお金・お小遣い)

同上、67-68頁

これは平成時代の概算ですが、おおよその金額は今とさほど変わらないと思われます。一般人の感覚からして、自由に使えるお金は①の用度費と⑥のその他雑費ということになるでしょうか。

天皇陛下は世帯収入500万円?

さて、ではこの3億2400万円は天皇陛下ご一家と上皇ご夫妻の間でどのように振り分けられているのでしょうか。

上記に紹介した俗説「今上陛下は世帯収入が500万円」説は正しいのでしょうか?

結論から先に言いますと、違うようです。前掲書『天皇家の財布』にはこうあります。

天皇家のメンバーごとに予算が割り当てられ、それぞれに使途が決まっている。

このやり方は現在も引き継がれ、雅子さま用の「皇太子妃費」、愛子さまの「敬宮御養育費」などの項目があるようだ。予算が別だから、お金に関しての嫁姑の苦労はない。戦前から八五年に亡くなるまで毎日新聞の宮内庁担当を務めた藤樫準二氏の「天皇とともに五十年』(七七年)によると、当時、内廷費のうち、昭和天皇夫妻関係が七五%、皇太子夫妻とお子さま関係が二五%だったという。今の天皇、皇太子の予算の区分もほぼこんな感じだろう。

同上、82頁

なるほど。「予算が別だからお金に関して嫁姑の苦労はない」とハッキリ書かれています。

両陛下と皇太子家で内廷費を75%と25%で分け合う形になりますので、内廷費(3億2400万円)の25%と言うと、8100万円となりますね。

よって、平成時代の今上陛下ご一家の世帯収入は8100万円だったとなるでしょう。

では、なぜ上記のインターネット上の俗説「皇太子ご一家は世帯収入が500万円」説が生まれたのでしょうか?恐らくそれは、『天皇家の財布』の以下の記述を曲解したからであろうと思われます。

⑥「その他雑費」(3564万円)には、医薬品代など他の項目に含まれない文字通りの雑費のほか、狭義の「御手元金」、つまり皇室の方々のいわば「お小遣い」が含まれる。私物を買うために使うお金だ。

お小遣いの金額は不明だが、「その他雑費」の7割、2500万円と推定してみると、天皇家五人の成人では一人当たり500万円になる。

同上、74頁

いかがでしょうか。おそらくこの「一人につきお小遣いが500万円」が、伝言ゲームを繰り返して、「皇太子ご一家は500万円の予算しかもらえない」になっていったのではないでしょうか。”お小遣い500万円”と”世帯収入500万円”とでは意味が違います。

世帯収入500万円のサラリーマンのお父さんなら、お小遣いは年間で50万円ももらえるはずがありません。

今上陛下は東宮時代の世帯収入が8100万円(内廷費の25%)でしたが、天皇となった現在は内廷費の75%とすると2億4300万円となります。しかし、天皇となると人件費や祭祀費、恩賜金などの出費も格段に増えるので、実質自由に使えるお小遣いは東宮時代の年間500万円と変わらないか、むしろ少ないのかもしれないと思います。

関係者はかく語りき

しかし内廷皇族といえば「国の象徴」そのものですから、お小遣いが一人当たり500万円であってもそれほど多くはないでしょう。雅子さまや愛子さまの品位を考慮するならば警備費用や衣装代など年1000万円あっても足りないはずです。また物価差を考えると平成時代から増えていないというのも変な話です。また関係者の中には美智子さまが原因で天皇家が清貧を強いられていると断言する人もいます。

「令和となってからも上皇職の数は減らされず、これが最も大きな“無駄遣い”になっており天皇家の予算を圧迫していることは事実です。また、美智子さまが東宮御所での生活を望まれたため、引っ越し代や改修費用も数十億円規模でかかっており、こういった皺寄せが天皇家に来ています。大学生となられた愛子さまの教育費用などもケチらなければならない事態です」(宮内庁関係者)

また、天皇家(内廷皇族)でも予算が大変だというのだから、宮家である秋篠宮家はもっと大変だろうと思ったのですが、そうではないようです。元宮内庁職員の小内誠一さんに話を伺いました

「皇嗣家は予算倍増で年1億円以上が宮内庁のチェックなしに自由に使えます。また公務で謝礼も受け取れますから、天皇家よりも優雅な生活をされているのではないでしょうか? 悠仁さまも昨年総額1億円以上かけてブータン旅行されるなど、教育環境は大変充実しているかと思います。悠仁さまの帝王学に予算が倍増された一方、美智子さまの老後の夢を叶えるために、愛子さまの教育費が削られたままというのが現状です(小内誠一さん)

令和になり愛子さまの人気は国民の間で急上昇中です。「悠仁さまと同水準の環境を愛子さまにも!」と願わずにはいられません。

秋篠宮家、学習院から「来なくていいです」の“お払い箱”か 悠仁さま「帝王学」がピンチ