「雅子さま人格否定」の主犯は、美智子さまと紀子さまか 新資料が明かす驚きの真相



文/宮本タケロウ

雅子さま人格否定事件

2003年5月10日、外遊を2日後に控えた皇太子殿下(現・天皇陛下)の記者会見の席上で、このようなご発言があったことは、本サイトの読者の皆様でしたらよく覚えていらっしゃるかと思います。

「この十年、自分を一生懸命、皇室の環境に適応させようと思いつつ努力してきましたが、私が見るところ、そのことで疲れ切ってしまっているように見えます。

それまでの雅子のキャリアや、そのことに基づいた雅子の人格を否定するような動きがあったことも事実です」

(いわゆる「人格否定発言」時の天皇陛下)

今読み返しても、その時の緊張がよみがえってくるような発言ですが、この発言を基に、雅子さまの人格を否定したのは、雅子さまを苦しめたのは誰なのかが問題になりました。

雅子さまを苦しめたのは、宮内庁か東宮職か、それとも皇室の内部なのか…。現在よく聞かれる説としては、❶お世継ぎ問題などを理由として、美智子さまや紀子さまから直接的・間接的にイジメを受けたという説、❷やはりお世継ぎ問題などを理由として、宮内庁幹部らからイジメを受けたという説、の二つがあります。

この“人格否定発言”から、すでにもう約20年が経ちますが、雅子さまの病気とその療養が始まったきっかけを告げる悲しい出来事として、また雅子さまを守ろうとした陛下の強く優しい発言として、今なお語り継がれています。令和となり雅子さまに笑顔が戻ったことに、夫婦愛の尊さに涙した国民も多いはずです。

はたして、陛下の発言の「人格を否定するような動き」とは何を指すものだったのでしょうか。今回は、平成の両陛下をよく知る御学友で元共同通信記者の橋下明の証言から探っていきたいと思います。

なぜ紀子さまの「笑顔」は“作り物”に見えるのか? 担任教師、指導教授の「証言」から真相に迫る

上皇陛下ご学友・橋下明はこう語る

橋下明の『平成皇室論』(新潮社、2009年)には”人格否定発言”について、まずこのように記されています。

”皇室の環境”という皇太子発言は一義的には天皇家の家風と解釈できる。(中略)

どのように想像力を働かせても、現実とご発言の内容が摺りあってこない。明仁天皇が有史以来の皇室をつかさどる立場にあられ、世にもまれな厳しさをたたえたお人柄であるとしても、長男の嫁をいびるなどと考えるのは無理というものだ。

皇太子妃が一人で両陛下とお会いするのは、年一回の誕生日のみ。現実離れし過ぎている。

橋下明『平成皇室論』新潮社、2009年、43頁

橋下氏によれば、雅子さまが両陛下に会うのは年に一回だけ。これではとてもいびることなどできないとのことです。また、同書にはこのような文もあります。

まだ親王(注、現・天皇陛下)が十八歳だったころ、美智子皇后はお妃入内を想定して、「あれこれ希望することは、これからお上がりになる方に対して、ひとつの決まった枠を与えることになるので控えたく思います。ただ、伝統の川界は奥行きの深い川界ですので、気長に経験を積み、なにことも温かく、はぐくみ育てる方であっていただければとそれだけを考えています」と明言された。

そのお気持ちは、いまに続く皇太子妃への基本姿勢の骨格をなしていると恩う。温和なお人柄の皇后が皇太子のお妃をいじめるはずがない。

同上、44頁

温和なお人柄の皇后が皇太子のお妃をいじめるはずがない」と書かれていますが、上皇のご学友にしてマスコミ人として上皇御夫妻と親交のあった橋下氏の証言は重要だと思います。

橋下氏の論を信用すれば、少なくとも雅子さまの人格を否定したのは上皇ご夫妻ではないと言えるのではないでしょうか。

黒田清子さん(紀宮さま)はこう語った

また、その傍証として、平成・令和の天皇・皇后両陛下を身近で見て来た黒田清子さんのこのような証言もあります。

東宮両殿下のご相談に一生懸命耳を傾けられ、新しい世代の行く末を見守り支えようとしてこられた両陛下に対して、いわれのない批判がなされ、海外における皇室観にまで影響を与えたことについて悲しく思う…

平成17(2005)年4月18日、紀宮清子内親王誕生日会見

海外における皇室観にまで…とは、2004年5月の英・タイムズ紙に掲載された「雅子妃は皇室から離れたがっている。不躾ながら、彼女は天皇夫妻に対して敵意を持っており、お二人が死ぬのを待っている」という記事など、この時期にあった海外諸紙を念頭にした発言と思われます。

黒田清子さんはこうした無責任な報道に心を痛め、上記の発言をなさったのでしょう。

以上、橋下明氏の論考を基に、“人格を否定するような動き”を探ってきましたが、少なくとも言えるのは、「上皇・上皇后ご夫妻をはじめ、皇族方ではないことは確か」ということになります。

橋下明は愛子天皇に賛成

ここまで読まれた一部の読者は「橋下明の言うことだけを信じて判断して良いのか」と思うかもしれませんので、橋下明氏はフェアなジャーナリストであるということを最後に述べておきたいと思います。

先日、「美智子さまが気に入らない侍従を閑職に追いやって左遷させた」ということを本サイトで紹介しましたが、この出来事を報道した唯一のジャーナリストが橋本明氏です。

参考記事:美智子さま、修羅の形相「お前はクビ!」 実家との直通電話を注意され逆上か

「人格否定をしたのは美智子さまではない」と美智子さまをかばうだけでなく、美智子さまの批判もフェアに行うジャーナリストであると言えますね。

また、近年話題に上る「愛子天皇論」について、なんと雅子さま入内時にすでに「女性天皇賛成!」を表明していたのも橋本明氏でした。

皇太子の婚約がととのった平成五(一九九三)年、私は新潮社が発行する「フォーサィト」誌二月号に「今こそ「皇室典範」の改正を」という論文を寄稿した。その中で「皇男子を産んで欲しいという期待が押しつけとなり、押しつけが圧迫となって、未来の皇太子妃殿下が備えた知性を圧殺するようになっては元も子もない」と書いた。さらに「皇男子出産を一人で実現しなければならない小和田雅子さんにとって、こうした期待が心身への重圧につながらないだろうか。筆者には、仮に第一子が女子であった場合、国民が抱く落胆の度合いが今から予測できる。そして第二子が誕生する直前、雅子さんが恐怖にさえかられる事態を心から心配する。一人の女性に天皇制の将来をかける恐ろしさ、非情さ、むごさを思う」としたためた。

皇室が皇位継承問題で大きく揺らぐだろうと予想した私は第一子が女性だった場合、立太子を経て女性天皇にすべきだと論じた。

同上、71頁

いかがでしょうか。結婚前にすでに雅子さまのお世継ぎプレッシャーを察知して、女性天皇を唱えていた人物がいたとは驚きです。

一般に、橋下明氏は雅子さまの療養が長引いた2000年代後半に、「離婚」や「別居」、さらに「廃太子」も発言したため、今上両陛下を応援する側から“とんでもない奴”と思われているかもしれません。ですが、上記のような発言をしていたことも大切な事実です。

総合的に考えれば、橋下明氏は現実に即して、是は是、非は非と論じる非常にフェアなジャーナリストであると言えるのではないでしょうか。

以上、今回は、“人格否定発言”について、「雅子さまの人格を否定したのは上皇・上皇后はじめ、皇族方ではない」という点までは分かりました。引き続き、真相に迫っていきたいと思います。

なぜ紀子さまの「笑顔」は“作り物”に見えるのか? 担任教師、指導教授の「証言」から真相に迫る