紀子さま「私の方が上です!」 雅子さまへの「積年の逆恨み」が爆発 博士号の裏に隠された想い



文/宮本タケロウ

紀子さまの博士論文について

秋篠宮殿下も紀子さまも学習院大学を卒業しているが、悠仁さま、眞子さま、佳子さまを見ればわかるように「秋篠宮家の学習院離れ」は明瞭だ。その一方で、秋篠宮家と「東京大学」は縁はなぜか深い。秋篠宮殿下は東京大学総合研究博物館の特招研究員だ。長女・眞子さまも東京大学総合研究博物館で特任研究員をされている。また悠仁さまの進学先も東京大学農学部とのうわさが絶えない(週刊新潮2019年3月28日号)。

なぜ秋篠宮家は「東大」に拘るのか? 元宮内庁職員の小内誠一さんは「やはり雅子さまがハーバード大学、東京大学と頭脳明晰な俊才であることが一番大きいです。そして愛子さまも成績優秀。もはや完璧な親子と言っても過言ではありません。それに対するコンプレックスでしょう。秋篠宮殿下は兄である天皇陛下と、紀子さまも常に雅子さまと比較されてきました。『私の方が上です!』という想いは人一倍強いでしょう。その積年の逆恨みが爆発して東京大学に拘っているのだと思いますと推測する。

先日、秋篠宮さまの博論の内容を紹介した(なぜ秋篠宮さまは「ノータリン」なのか? 学歴コンプレックスと兄への想い)。ヤンチャな弟が、沈着冷静である兄へのコンプレックスを克服するために「博士論文」を執筆した——。そんな感動エピソードにしたかった。

これに対しては以下のような指摘を受けた。

「内容云々よりも、本人の実力で執筆したのか、皇族特権が使われたのかどうか、が重要ではないか?」

サイト読者の指摘の通り、前回の記事を掲載したときに、確かに筆者にも引っかかる点があった。それは「研究者としての実績が無いのになぜ博士号を授与されたのか」という疑問である。

今回は、この「皇族特権」について、論考を勧めたい。

ヨーロッパで「秋篠宮家が出禁」か 「つまみ食いやお土産ねだりが多かった」と関係者

紀子さまの博士号は「論文博士」

紀子さまの博士号は論文表紙に「博乙」と書いてるとおり、博士課程に在籍せず、論文だけ提出して博士号を得る「論文博士」だ。通常、「論文博士」を得るにはそれなりの研究実績(学会での研究発表、学術雑誌への査読付き論文提出等)が必要である。

紀子さまはこの博士論文を2013年初頭に提出しているが、前回紹介した通り、アンケート調査を始めたのが2010年2月であることを考えると、研究を開始したのは2009年後半~2010年初頭であると推測される。

すると研究期間は普通の博士課程と同じ約3年(2010年~2012年)となるが、筆者が調べた限りではその3年間の紀子さまの研究実績は合計で3回のみ…

2012年に学術雑誌に1度の投稿(日本結核病学会『結核』2012年10月)と学会で2度の発表(日本結核病学会第86回総会2011年6月、日本心理学会第76回大会2012年9月)をしたのみである(筆者が見つけられないだけかもしれないので、他にあったら教えてほしい)。

  • 2011年6月:学会発表(日本結核病学会総会)
  • 2012年9月:学会発表(日本心理学会大会)
  • 2012年10月:学術雑誌投稿(日本結核病学会『結核』)
  • 2013年3月:博士号授与

これだけでは論文博士を得るための「研究実績」としては不十分であると言わざるを得ない。筆者の知るある大学に勤める研究者はこう語る。

「3度の実績だけで博士号を取得するというのはあり得ません。一般的に、査読付き論文が10本近く必要になります。論文博士ならば、研究書を一冊出版して、それを審査に掛けるとかが普通ではないでしょうか。

普通、“論文博士”とは“課程博士”と同等かそれ以上の実績を果たして取得するものです。研究者としての実績の無い紀子さまへの博士号授与に、皇族であるという“忖度”が働いたのは客観的に事実でしょう」(ある研究者)

厳しいコメントだが、これは事実だ…

皇族“特権’’の「利用」

また、さらに言うと、紀子さま論文は「結核予防」に関する調査であるが、紀子さまはこの「結核予防」という研究テーマに密接に関わる結核予防会という公益財団法人の総裁を務めているのである。

(宮内庁ホームページ)

この「結核予防会」関連の公務は、宮邸での説明や進講も含め毎年年間10件以上に上り、研究が開始された2010年はなんと15件。そして同年3月に鳥取県で開催された「第61回結核予防全国大会」にもご夫婦で出席されていた。

(同上)

紀子さまの博士論文ではアンケート調査を統計学的に分析する論述がされていたが、アンケート調査は計6回行われており、そのうち5回は全て自身が総裁を務める「結核予防会」の講習会で参加者にアンケート用紙を配り、回収したものであった。

それぞれの講習会会場に紀子さま自身がアンケート用紙を持参して配ったわけではなく、「(公財)結核予防会」の職員が総裁・紀子さまの研究のためにアンケート用紙を参加者に配って回収し、それを紀子さまに渡したということになる。

以上のことを考えると、その是非は置いておいて、紀子さまが「皇族の立場を“利用”して研究を実施し、皇族の立場を“忖度”されて博士号が授与された」ということは間違いなく言えるだろう。

紀子さま「博士号」は皇室特権だった…?

このような「皇族という立場を“利用”した博士号授与」について、前述の大学教員は「皇族という身分の方が一般人と異なる待遇なのは当然ですが」としながらも以下のような感想を聞かせてくれた。

「正直なところ、“忖度”されてまで論文博士を得た理由がナゾでしかありません。これが名誉博士号なら全然問題ないと思います。天皇陛下も秋篠宮殿下も海外の大学から名誉博士号を授与されていますしね。

ですが紀子さまは“論文博士”です。名誉博士号ではない論文博士というというところにある種の『見栄』を感じてしまいます。かえって『学歴コンプレックスがあるのかな? だから論文博士にこだわったのかな?』と、そう見えてしまいますね」(ある研究者)

紀子さまとしては「名誉博士号」のような飾り物ではなく、ある程度の努力をした証しとして「論文博士」を取得したいと願われたのだろう。

しかし、 その「努力」には、どうしても皇族の立場が付随してしまうのだ。

「教授会がOKならOKなので、“論文博士”も正真正銘の博士号ですし、紀子さまの論文内容も立派なものだとは思いますが、あまり無理せずに“名誉博士”にしておいた方が余計な揚げ足を取られずにすんだのかな…とは思います」(ある研究者)

これから大学・高校と、学業が本格化する敬宮さまと悠仁さまには、「努力」と「特別待遇」の境界線を上手に進んでいくことを希望したい。帝王学とは偏差値によって得られるのではない。愛子さまと悠仁さまが笑顔で健康に過ごされることこそが、国民にとって最大の癒しとなるのだ。

ヨーロッパで「秋篠宮家が出禁」か 「つまみ食いやお土産ねだりが多かった」と関係者