美智子さま「雅子には躾け直しが必要ね」 オランダ国王即位式での“強烈嫁いびり”に関係者もドン引き



文/高山麻子

美智子さまの強いお言葉

9月18日、上皇ご夫妻は皇居を訪問し、宮内庁病院での検査を受けられた。

「仙洞仮御所には、24時間体制で侍医団が待機し日々のご夫妻の健康状態を見守っています。今回の皇居訪問は、検査の目的も大きいでしょうが、美智子さまの気分転換、ストレス解消という意味合いが大きかったようです」(皇室ジャーナリストの佐藤公子氏)

皇居に入られる上皇ご夫妻

上皇陛下と美智子さまは3月末に約30年間住まわれた皇居を離れ、現在は東京都港区高輪の仙洞仮御所に住まいながら赤坂の新居完成をお待ちの状態だ。お引越ししてまもなく新型コロナウイルスの世界的蔓延が起き、美智子さまは5ヶ月以上にも及ぶおこもり生活を続けられてきた。ご夫妻が笑顔でお手を振られる姿は久しぶりとなり、SNS上では「お元気そうで何より」といった喜びの声が相次いだ。

一方、コロナ禍での生活は美智子さまの精神面にも大きく影響し、最近では職員に対して“強い言葉”を投げかける場面もあったという。

いつもは穏やかで冷静な美智子さまが、その生活の厳格さのあまり、周囲に強いお言葉で接されることもあったそうです。やはり強いストレスを抱えておられ、このままでは心身にも重大な影響があるのではないかと周囲は震撼したそうです。

『女性セブン』10月8日号

紀子さま“仰天”「小室佳代さん水着写真」が秋篠宮さま寝室に!「動かぬ証拠」に現場は騒然

雅子さまのローブモンタントに波紋

平成の間、美智子さまは常に穏やかな微笑みを携えて、時には直接傷ついた人々の手を取り、励ましのお言葉をかけられてきた慈悲深き皇后として認知されていた。その美智子さまが、ストレスで周囲に当たり散らすという事態に、驚きを抱く人も多いだろう。だが、ある皇室ジャーナリストは「そのような姿は表向きのもので、本来の美智子さまは“激しい”お方」と話す。

「皇室ファンの間で、平成の間美智子さまが雅子さまに尋常ならざる感情を抱き、様々な工作をされていたことはあまりにも有名です」(皇室ジャーナリスト)

それが公になったのが、雅子さまの2013年のオランダ公式訪問でのことだ。適応障害のために2004年頃から本格的にご静養に入られていた雅子さまが、ウィレム・アレキサンダー新国王の即位式のため、同国政府からの招聘を受けて2013年4月28日~5月4日の日程でオランダに旅立たれた。

なによりも皇室ファンを沸き立たせたのは、4月30日の国王即位式での雅子さまのご活躍だ。雅子さまにとって11年ぶりとなるこの海外公務に、どんなドレス姿で臨まれるのかも大きな関心を集めた。

「しかし、当日雅子さまがお召になっていたのは新調された衣装ではなく、過去に10回以上ご着用されてきた淡いアイボリーのローブモンタントでした。しかも、ローブモンタントにはいくつもの深いシワが残されたままとなっており、一体なぜこのような重要な式典に衣装の新調も許されず、シワも直さずに臨まなければならなかったのか? と皇室ファンの間に嘆きの声が噴出したのです」(皇室ジャーナリスト)

この経緯について、ある皇室関係者はこう話す。

「皇族方の衣装の新調には宮廷費が充てられます。宮廷費からの支出は内廷費や皇族費といった御手元金とは異なり、宮内庁の主計課が管轄しています。当時、雅子さまのご公務への出席状況から、宮廷費からドレスを作ることが『贅沢すぎる』という空気感がありました。これには、美智子さまの『雅子さんはいつもドタキャンをするから、しばらくは古い衣装でやってもらいましょう』というご意見が背景にありました。

また、深いシワが刻まれたままとなったことについては、同行した女官の不手際で起きたことです。美智子さまはこの報道写真をご覧になった際に『気が付かずそのままにする雅子さんの不手際』『あの人はしつけ直しが必要ですね』と嘆いておられましたが…」(皇室関係者)

美智子さまの執念

一体なぜ、美智子さまはこのような“嫁いびり”をされたのだろうか? 元宮内庁職員で平成の天皇皇后両陛下に仕えていた皇室評論家の小内誠一氏はこう述べる。

「美智子さまを凶行に走らせたのは、オランダ国王夫妻と雅子さまの関係性への嫉妬心でしょう。昨年の即位礼でも、雅子さまとマキシマ王妃の仲の良さが話題となりました。

チークキスを交わす雅子さまとマキシマ王妃

実はこれ以前にも国王夫妻は雅子さまを心配して何度も助け舟を出しています。2006年8月に、天皇ご一家はオランダ王室からの招待を受けて、静養も兼ねたご旅行に行かれました。雅子さまと特に親しいマキシマ王妃のご厚意によるものだったと言います。一方で、美智子さまにはここまで親密な間柄の王室はなく、雅子さまへの直接の招待というのは皇后のプライドとして受け入れがたいものだったのでしょう」(小内誠一氏)

この私的静養について、美智子さまは2007年5月14日、欧州訪問を前にした記者会見で、上皇陛下を通じて苦言を呈している。

〈私どもが私的に外国を訪問したことは一度もありません

「この上皇陛下のお言葉は、明らかに前年の皇太子ご夫妻の私的静養を念頭に入れたものです。海外王族からの尊敬が雅子さまに集まることは、如何に美智子さまのご威光が強力であろうが阻止できません。

その代わりに、『自分の手の及ぶ範囲では、徹底的に雅子をいびりぬいてやる――』そのような強烈な執念が、美智子さまを“雅子さまにシワの着いた古いドレスを着せて、恥をかかせる”という凶行に走らせたのでしょう」(同前)

紀子さま“仰天”「小室佳代さん水着写真」が秋篠宮さま寝室に!「動かぬ証拠」に現場は騒然