紀子さま「悠仁誕生の経済効果は1500億円です」秋篠宮家の税金浪費説を完全論破



文/木下聡

政府「立皇嗣の礼」開催で紀子さまのご意向と折り合い

秋篠宮殿下が皇位継承順位第1位の皇嗣となられた国内外に示す「立皇嗣の礼」について、政府は11月前半に執り行う方向で調整に入った。「立皇嗣の礼」は当初4月に開催が予定されていたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて延期していた。

コロナウィルスの収束状況を確認した上で、式典委員会を開いて正式に決定される予定。祝宴である「宮中饗宴の儀」は開催を見送る方向だという。

「“立皇嗣の礼”の開催にあたり、紀子さまは“可能な限り盛大に開催するように”というご要望を持たれており、また、政府関係者らに対しそうした要望を伝えられてもいたのですが、結局は“規模を縮小しての11月の開催”となる見通しです。

皇位継承議論の先延ばしが続けられる中、出来る限り早く儀式を開催したいという政府の意向はあったものの、現在もコロナウィルスの感染拡大に関して予断を許さない状況が続いるため、紀子さまのご意向も含め、様々な事情を勘案した上で折り合いをつけるかたちとなったようです」(宮内庁関係者)

「立皇嗣の礼」の開催については、現在も批判の声が多く上がっており、ニュースサイトのコメント欄等では、「コロナも収まってないのにやる必要があるのか?」「税金の無駄使いではないか?」といった厳しい意見もみられる。

秋篠宮家の“皇室ビジネス”が物議 「東久邇宮記念会」は「皇室利用」なのか? 取材に「驚きの解答」

秋篠宮家の経済効果

今回の「立皇嗣の礼」の開催に関して「税金の無駄使い」といった意見は多い。さらに、一部のネットユーザーからは「秋篠宮家は税金の無駄使いばかりしている」「秋篠宮家の存在自体が税金の無駄使い」などといった極めて辛辣な批判もなされている。

秋篠宮家が、こうした批判が受けることとなった原因として、紀子さまのブランド好きに加えて、秋篠宮邸の33億円という巨額の改修費や、大勢の職員を連れての度重なる海外旅行や海外公務などが挙げられます

眞子さまと小室圭さんの結婚問題などでフラストレーションが溜まる中、宮邸の改修費や“立皇嗣の礼”の儀式の挙行など、次々に巨額の費用を使用していることから、国民の不満が噴出しているようです」(全国紙社会部記者)

とはいえ、秋篠宮家の存在は、必ずしも経済や財政の面においてマイナスばかりではないとする見解もある。先の記者は次のように続ける。

「一部の批判者からは、維持するために莫大な費用が掛かることから、金食い虫のようにも思われている皇室ですが、一方で、その経済効果は凄まじく、経済的な面に限っても国民に大きな恩恵をもたらしているとの見方も可能です。

たとえば、天皇陛下が皇后雅子さまとご結婚には約3兆3000億円の経済波及効果があるとの試算をニッセイ基礎研究所が出しておりますし、また、現在、批判に晒されることの多い秋篠宮家も、2006年に長男悠仁さまが誕生した際、1500億円規模の経済効果があったと第一生命経済研究所が試算しております。

秋篠宮家のご活動にも、こうした非常に大きな経済効果があることを考えると、あまり、税金の無駄使いということで批判ばかりしなくても良いようにも思えます」(前出の社会部記者)

紀子さま「悠仁は日本の宝」

このように秋篠宮家の活動が、日本経済に多大な恩恵をもたらすとする試算については、紀子さまも良く知られている。また、そのためか、紀子さまはしばしば「悠仁の存在は全ての日本人にとっての宝です」と仰られているという。

「紀子さまは、悠仁さまに対して大変深い愛情を注がれておりますが、同時に、悠仁さまの存在は全ての日本人にとっての宝であり、国民に多大な恩恵をもたらしていると確信されております。

ただし、これには困った面もあって、紀子さまは悠仁さまを出産されたことで“国民に恩恵のもたらしたのだから、少しくらいブランド品を買って、海外旅行へ行き、邸宅を改修しても良いだろう”と思われているふしがあるのです。

たとえば、以前、紀子さまはインターネットで非常に高級なルイヴィトンのバッグを購入されたことで、職員の一人から“あまり無駄使いしないように”と注意されたこともあるのですが、その際には顔を真っ赤にしながらお怒りになられ“悠仁誕生の経済効果は1500億円ですよ!?”と仰られたそうです。

その口ぶりは“自分は悠仁さまを産むという偉業を成し遂げたのだから、これくらいの贅沢は当然の権利だ”とでも言わんばかりであったようです(前出の宮内庁関係者)

こうしたことは、紀子さまによる悠仁さまの進学先選びなどにもみられるという。紀子さまは、入学を希望する候補の学校の校長などに対して暗に特権的な扱いを要求されるそうだ。

「天皇皇后両陛下の長女愛子さまは、非常に頭脳明晰、かつ勉強熱心であり、成績も常に上位をキープし続けて、希望する学校はどこにでも入学できるほどでした。

ですが、残念ながら、秋篠宮家の長男悠仁さまはそれほど優秀ではありません。そのため紀子さまが悠仁さまの入学を希望される学校では校長などから“悠仁さまが入学することは難しい”と伝えられることもあるのですが、そのような時に、紀子さまは諦めるのではなく“まあ、でも色々と手段はあるでしょう?良いアイディアを考えることが大切ね”などと仰られ、暗に裏口入学への要望をほのめかされるのです」(同前)

こうした紀子さまの特権意識には、周囲の職員や関係者らも困り果てているという。また、今後もこうした振る舞いを続けていては、再び国民からの信頼と尊敬を取り戻すことは難しいだろう。

秋篠宮家の“皇室ビジネス”が物議 「東久邇宮記念会」は「皇室利用」なのか? 取材に「驚きの解答」