佳子さま「小室圭と別れて」の願いに、眞子さま「あなたには渡さない。この泥棒猫!」と応酬



文/佐藤公子

歓びの眞子さま

眞子さまにかつてない順風が吹いている。9月17日に8カ月の公務に臨まれた眞子さまは、小室圭さんとの婚約内定会見でお召しになった服と同じ青色系のワンピースをまとわれ、とても幸せそうな笑顔を国民に見せてくれた。

紀子さまは9月11日の誕生日文章において婚約延期問題について触れ「長女の気持ちをできる限り尊重」と述べた。また同日、小室家の代理人を務める上芝直史弁護士は、メディアの取材に応じ「結婚の意思は変わらない」と述べ、結婚の時期についても「結婚は早いほうがいいと考えていますが、いろいろな環境を整える必要があるわけですから。それが整った段階で、ということだと思います」と答えた(フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」9月11日)。

またコロナ禍が収束しつつあるため、“立皇嗣の礼”が11月中旬に挙行される運びとなった。眞子さまが、にこやかな笑顔で結婚宣言される日も近い——。誰もがそう思った。

だが関係者の話を総合すると、ニコニコなのは眞子さまだけのようだ。依然、澱んだ空気が秋篠宮家を覆っており、腹を割った話し合いはまだできていないという。秋篠宮家のオクに通じるさる宮内庁職員は次のように現状を嘆く。

「紀子さまは『対話が重要』というメッセージを9月11日の誕生日会見で重ねて強調され、母親としての愛情を滲ませました。ですが、なかなかうまくいかず今でも秋篠宮ご一家は、皆が他人同士であるかのように振舞っています。小室圭さん関係で週刊誌やテレビが何かを報じるたびに、諍いが絶えません。特に秋篠宮殿下が大きな声を出されることが多い。職員には聞かれぬよう配慮していますが、ドア越しに声が聞こえることはよくあります。

先日もオクの部屋からお皿が割れる音がしました。紀子さまの誕生日文章を受け、ワイドショーが小室さん問題を報じた夜でしたので、秋篠宮殿下は、その複雑な胸中を言葉にできず、モノを通して表現するしかなかったのでしょう」(宮内庁職員)

佳子さまから「導火線が短い」と揶揄された秋篠宮殿下の気性は、今も健在のようだ。

秋篠宮家の“皇室ビジネス”が物議 「東久邇宮記念会」は「皇室利用」なのか? 取材に「驚きの解答」

宮内庁が「小室圭さん皇室入り」阻止する“秘策”を作成か 眞子さま結婚は「止められない」と関係者

啖呵を切る佳子さま

家族が分断され、それぞれが孤立を深めているのが秋篠宮家の現状だ。特に眞子さまの孤立は他の誰よりも深い。秋篠宮ご夫妻をはじめ、ほとんどの皇族が結婚に対して前向きではないことは夙に知られる。関係者の話によれば、眞子さまは部屋に籠りっぱなしで、必要な時以外は出てこないという。

そんな孤立を深める眞子さまの唯一の味方が佳子さまだ。昨年3月のICU卒業に際しての文章で、佳子さまは「私は、結婚においては当人の気持ちが重要であると考えています」「姉の一個人としての希望がかなう形になってほしい」と述べ、眞子さまと小室圭さんの結婚を後押しした。思えば紀子さまが今年9月11日の誕生日文書において「長女の気持ちをできる限り尊重したい」の述べたことは、この佳子さまの言葉を受け付いだものと評価できる。

この眞子さまの結婚を後押しする佳子さまの態度は、「国民の祝福が得られなければ、婚約に当たる“納采の儀”はできない」という秋篠宮殿下の発言と対立するものであったため物議を呼ぶと同時に、美しい姉妹愛としても報道された。

ところが今になってこの美しい姉妹愛に「ひび」が入っているという。先の宮内庁職員が次のように告白した。

「9月28日の夜、眞子さまの部屋から佳子さまの怒鳴り声が聞こえてきました。佳子さまは曲がったことがお嫌いで、お二人の結婚を応援しているものの、ご両親とこの件で会話もなされない眞子さまに大変不満を感じていました」(同前、宮内庁職員)

誰にも伝えずに物事を解決しようとして空回りしてしまっている現状を、佳子さまは見るに見かねたのだろう。「口喧嘩最強」と噂される佳子さまに論破され、眞子さまの心境に変化はあったのだろうか?

不可思議な姉妹喧嘩も、佳子さまは「応援姿勢」

また別の宮内庁関係者は、今回の口喧嘩の背景について次のように語ってくれた。

「佳子さまは『もういつまでもグズグズ続けるなら、小室圭さんと別れて!』と眞子さまにはっきりと仰いました。正面突破されようとせず、延期の期限を超えても“お気持ち”を発表されない眞子さまの煮え切らない態度を糺されたのだと思います。佳子さまの眞子さまへの愛を感じました。

ですが眞子さまの返答は意外なもので『圭くんを奪う気なの? 圭くんは、絶対にあなたに渡さない。この泥棒猫!』と大きな声で叫ばれました。佳子さまの『別れて』という言葉を、略奪愛宣言と勘違いされたようです。このような勘違いが起きるほど眞子さまはお疲れのようです」(秋篠宮家付き職員)

しかしこのような珍事が起きても、佳子さまは「基本的に眞子さまの結婚を応援している」という。なぜだろうか? 元宮内庁職員の小内誠一さんに話を伺った。

「佳子さまがお二人の結婚を後押しする理由は、二つあると考えられます。一つ目は、眞子さまをご希望を叶えたいという純粋なお気持ち、そして二つ目は、自分が結婚する時には周囲の雑音に邪魔されたくないという計算です。これで眞子さまが破談となれば、自分の番でも同じことが起きかねませんので…」(小内誠一さん)

秋篠宮ご夫妻は、眞子さまのご意向と、自らの重い立場に挟まれ苦しんでいる。眞子さまは、自らの想いと、国民やご両親の願いの間に挟まれて苦しんでいる。もしかしたら佳子さまも、姉を想う気持ちと、自由に恋愛したいという気持ちに挟まれているのかもしれない。

秋篠宮家の“皇室ビジネス”が物議 「東久邇宮記念会」は「皇室利用」なのか? 取材に「驚きの解答」

宮内庁が「小室圭さん皇室入り」阻止する“秘策”を作成か 眞子さま結婚は「止められない」と関係者