眞子さま「小室家の“家庭の味”が懐かしい…」と大号泣 紀子さま「真心」でケータリング準備も



文/佐藤公子

秋篠宮家の日常

9月11日の紀子さまお誕生日文書を受けて、各メディアが挙って眞子さまのご婚約延期問題に関して「再延期後の結婚が濃厚」との見方を報じている。コロナ禍が収束傾向にあることから政府は10月8日の「式典委員会」を開き“立皇嗣の礼”を11月中旬に挙行するよう調整しているが、この後には眞子さまからの“お気持ち発表”が控えている。

今年2月7日の定例記者会見で、加地皇嗣職大夫は、眞子さまの“お気持ち発表”の時期について「何とも申し上げられない」「行事を考慮に入れて考えられるのでは」としたが、10月2日の定例記者会見では「何も聞き及んでいないが、“立皇嗣の礼”の後にあるのではないか」と一歩前進のコメントを発表した。元宮内庁職員の小内誠一さんも「消息筋の話によれば、眞子さまは原稿を準備しているとらしい。結婚を前提とした延期発表が年内にあり、婚姻儀式は小室圭さんの留学が終わる来年10月以降になるだろう」と予想する。。

既に賽は投げられた——。そんな状況であるが、いまだに秋篠宮家に於いては日常的に衝突が起こるなど、この件による家庭環境の悪化は宮内庁や秋篠宮家付き職員も大いに懸念するところだという。さる関係者は次のように語る。

「特に、眞子さまの“孤立化”が深刻です。会見でも殿下や紀子さまが認められたとおりですが、小室さんの件についてのみならず、他の話題に関しても会話が一切ありません。即位行事に関するお打ち合わせで久しぶりにお言葉を交わされたのですが、眞子さまと紀子さまはお互い敬語を用いるような状態です。家庭内の雰囲気は緊張感漂うもので、現在中学1年生と多感な時期でいらっしゃる悠仁さまのことが心配でなりません」(秋篠宮家関係者)

美智子さま「雅子の穀潰し!」の叫び 上皇職「眞子さまを見習っていただきたい」

紀子さま流おもてなし「最高級ディナー」

さてそんな中、先の10月1日のこと、久しぶりにご一家が揃って夕食を取られる機会が設けられたという。8月下旬までは、新型コロナの感染抑制を理由に、家庭内ではそれぞれ別々に食事をお召になっていたが、その理由も使えなくなり家族団欒を“義務”として消費しなければならなくなったからだ。

前出の関係者は以下のようにその情景を語る。

「殿下はご不在でしたが、紀子さま、眞子さま、佳子さま、悠仁さまで食卓を囲まれる予定でした。紀子さまご発案で、公務再開のお祝いという名目です。9月から10月にかけて眞子さま、佳子さま秋篠宮ご夫妻と立て続けに公務をなされましたので。

お子様方は宮家の料理番が作るお食事を『好みでない』とおっしゃることが多く、紀子さまは張り切って都内の老舗高級ホテルのケータリングをご依頼されて準備なさっていたのです。名目上はお祝い会ですが、紀子さまとしては眞子さまのお好きなものを用意し精一杯労い、ぽっかりと空いてしまった距離を縮めたいお気持ちもあったようです」(秋篠宮家関係者)

ちなみに、秋篠宮家ではしばしばこういった出張サービスを好んで利用されているようだ。眞子さまは、特にデリバリーピザがお気に入りであるという。

「宮家で紀子さまのご親族を招いたパーティーを開く際などにも利用されますね。余った料理は紀子さまから『味付けをしっかり勉強なさい』との有り難いお言葉をいただき、炊事場の職員らが試食させていただくこともございます」(同前・秋篠宮家関係者)

眞子さま、絶叫

しかしこの日は様相が異様だったという。まず眞子さまがずっと涙をこらえているご様子だったというのだ。

「佳子さまは眞子さまの背中をずっと擦っておられました。紀子さまも相当狼狽えながら恐る恐る『どうしたのですか?』とお声をかけられました。すると眞子さまは紀子さまをキッと睨みつけ『私が求めているのはこういうんじゃありません! もっと小室家のような、温かい家庭の味が懐かしい。もう小室家に行かせてよ!』と絶叫なさり、お部屋を飛び出していってしまわれたのです」(同前・秋篠宮家関係者)

「小室家に行かせて」とはどういうことだろうか。関係者は続ける。

「実は、眞子さまは学生の頃から頻繁に小室家でお食事を共にされることがおありだったのです。圭さんは料理が得意で、眞子さまと佳代さんを喜ばせるために冬になると頻繁に“すき焼き”を作っていたそうで。『俺いつか、松阪牛いっぱい買って二人に腹いっぱい食べさせたい』と夢を語る様を、眞子さまがご家族に嬉しそうにお話になられていることもありました…。緊張感漂う中での最高級ホテルの料理よりも、温かな交流のあった小室家での食事のほうが、今の眞子さまにとって尊いものなのでしょう」(同前・秋篠宮家関係者)

眞子さまが小室さんを今も尚想い続ける要因として、こうした素朴で温かな関係性を築けていたことが挙げられるのかもしれない。

美智子さま「雅子の穀潰し!」の叫び 上皇職「眞子さまを見習っていただきたい」