美智子さまの重篤な“シックマサコ症候群”に震撼 「雅子さんの寝室は、お祓いが必要ね」



文/高山麻子

皇室の近況

行楽シーズン真っ只中を迎えている。那須御用邸の所在地である栃木県那須町の那須岳(茶臼岳)では紅葉が進み、多くの登山客で賑わいを見せているという。過ごしやすい季節を迎え、皇室の外出を伴う公務にも再開の兆しが見えている。国内の新規感染状況も落ち着き始め、これに合わせて11月上旬から中旬にも「立皇嗣の礼」が挙行される見込みだ。

「立皇嗣の礼」は秋篠宮殿下が皇位継承順1位の皇嗣(事実上の皇太子)となったことを国内外に宣明する儀式である。

「天皇、皇后両陛下や皇族方も参列し、国内要人が一堂に会することになるため、儀式の内容や賓客の数などについてどのように調整するのかにも注目が集まっています。基本的には平成の『立太子の礼』にならう形となるようですが、新型コロナの影響により大幅な簡素化は必至でしょう」(皇室ジャーナリスト)

政府は今月8日にも、菅義偉総理が委員長を務める式典委員会を開き、日程を決めるという。

美智子さま「残飯を雅子さんのカバンに入れておきなさい」 元気を出して欲しい上皇后の“慈悲”

美智子さまのストレスはピーク

徐々に明るい兆しが戻る中ではあるが、引き続き皇族方は公務以外の私的外出を控えた日々をお過ごしである。特に、昨年の退位以降一切の公務から退いた上皇ご夫妻は極めて厳格な自粛生活を送られている。

上皇陛下の外出といえば、週に2回程度皇居の生物学研究所に赴かれるか、宮内庁病院での診察のみとなっている。また、美智子さまは先月11日、18日に、昨年受けた白内障と乳がんの手術の経過観察のため宮内庁病院を約半年ぶりに訪れて以降、再びの巣篭もり生活に入られている。ある宮内庁関係者はこう話す。

「公務から退いたとはいえ、引き続き両陛下主催の春、秋の『園遊会』や、海外からの国賓をもてなす際などに開かれる『宮中茶会』には出席される予定でありました。ただ昨年の園遊会は春秋共にお代替わりとかぶったため取りやめに、今年は新型コロナの影響で春秋共に取りやめとなりました。4回連続園遊会が開かれないのは、昭和28年からの園遊会の歴史上初めてのことです。

即位30年記念の宮中茶会(2019年2月26日、皇居・宮殿「豊明殿」)

美智子さまは社交の場が大変お好きでいらっしゃるため、これには大きなストレスを感じていらっしゃいます。また、約30年暮らした皇居の敷地に比べて、高輪の仮住まいはあまりにも手狭です。在位中に日課とされていた皇居内での散歩についても、国民からの目を気にされて再開できません。美智子さまがあまりにもお可哀そうでなりません…」(宮内庁関係者)

悠仁さま“担保”に、小室母子が「数千万円の金策」か 宮内庁が危惧する「最終計画」が水面下で

雅子さまの寝室は“倉庫”にとご要望

慣れ親しんだ皇居での生活から離れ、上皇后として活躍できる茶会の機会もない美智子さま。住居環境、活動範囲の不十分は、着実に美智子さまを蝕んでいるようだ。『女性セブン』(10月8日号)によると、夏頃に美智子さまのストレスがピークに達し、周囲を震撼させるほどに強いお言葉で接されるような場面があったという。ある上皇関係者はこう話す。

「今、美智子さまのストレスを如何に緩和していくかが、宮内庁や上皇職60人の最も重要なミッションとなっています」(上皇関係者)

目下の課題は、一日も早く皇居の修繕を完了させ、天皇ご一家が赤坂御所から引っ越し、上皇ご夫妻が赤坂御所に移り住めるようにすることであるという。

「赤坂御所は、天皇ご一家の退去後には大規模に修復され、約4ヶ月かけて美智子さまの理想とする仙洞御所に生まれ変わる予定です。赤坂の敷地には秋篠宮家もありますし、いつでも往来が可能となることで、紀子さまや悠仁さまともより多くお会いできるようになります。日頃、高輪で静かな生活を強いられている美智子さまにとって、これだけが未来への希望なのです」(同前)

また、仙洞御所の修繕にあたり、美智子さまが最も重視されているのが、雅子さまの寝室を大規模に改装することだという。

「本来であれば、雅子さまの寝室をそのまま美智子さまの寝室とするのが、コスト的にも最適なのですが、美智子さまは雅子さまと同じ天井を見て朝を迎えるなどつらすぎる、とおっしゃるのです。

曰く、雅子さまは長らく病に伏せられて、特有の憂愁に満ちておられ、同じ部屋で寝起きすれば美智子さま自身もそのオーラに引き込まれてしまう。そうなっては雅子さまも責任を感じるだろうから、ご一家の退去後には念入りなクリーニングとお祓いを行った上で、倉庫などに改築するべきだということです。雅子さまのことを思いやる美智子さまのご慈愛そのものと言えましょう」(同前)

この件について、元宮内庁職員の小内誠一氏はこう話す。

「単に、美智子さまが雅子さまのお使いになった寝室に入られたくないとおっしゃっているように聞こえますが…。美智子さまの雅子さまに対する感情はただならぬもののようで、時々漏れ聞くこういったエピソードには心配の念がこみ上げてきます。美智子さまは、“シックハウス症候群”ならぬ重篤な“シックマサコ症候群”を患われているのかもしれません」(小内誠一氏)

美智子さま「残飯を雅子さんのカバンに入れておきなさい」 元気を出して欲しい上皇后の“慈悲”