美智子さま“乙女”らしからぬ、三島由紀夫「試し乗り」事件 皇太子を「子供扱い」した“夜の奔放”さ



上皇陛下と美智子さまは世紀の恋愛結婚だ。軽井沢のテニスコートで出会い、その後、上皇陛下の熱烈なアプローチで結婚が成就した。女性が男性皇族と結婚する場合には、その女性は「新しい皇族になる」ため、厳しい審査がある。そこで問題視された「美智子さまの問題点」とは?

文/小内誠一(宮内庁OB)

皇族の結婚

9月11日の紀子さま誕生日文章において、眞子さまの婚約延期問題について触れ「長女の気持ちをできる限り尊重したい」と母親としての愛情を滲ませた。そして小室家の代理人・上芝直史弁護士によれば「お二人の愛の深さに変わりない。状況が整い次第、結婚するだろう。二人の幸せを祈りたい」との見解を示した。よって秋篠宮家としては、結婚容認の方向で大きく動いたことになる。

眞子さまと小室圭さんが結婚すれば、上皇陛下と美智子さま、秋篠宮殿下(礼宮)と紀子さまの結婚に続く「三大仰天結婚」になることは間違いない。さすがの国民も驚きをもってこれを迎えるだろう。今思えば、天皇陛下と雅子さまのご結婚がいかに尊かったのかがしのばれる。

上皇陛下と美智子さまがご結婚された時、私はまだ宮内庁に務めていなかった。ゆえに以下の記述は伝聞に基づく「事実」であることをご了承ねがいたい。

とりわけ男性皇族が結婚することは、乗り越えるべきハードルが高い。宮家ならまだしも、皇太子など高位の皇位継承者ともなれば、結婚どころ、恋愛することすらハードルがそびえる。

先の大戦で無条件降伏し、戦後体制下になるや、戦中・戦前の頃のような「天皇の権威、皇室への絶対的畏怖」というようなものは薄らいだ。そのためか昭和20年代初頭ごろ現・上皇陛下(当時・皇太子)の、お相手を探そうと、宮内庁が相手の家に打診をしてもほぼ100%断られるようになったという。戦中・戦前とは異なり、敗戦の将に嫁ぐことは必ずしも名誉ではなくなってしまったのだ。

ゆえに、上皇陛下が美智子さまと「恋愛結婚」できたことは、まことにめでたき慶事と言わざるを得ない。

美智子さま「残飯を雅子さんのカバンに入れておきなさい」 元気を出して欲しい上皇后の“慈悲”

悠仁さま“担保”に、小室母子が「数千万円の金策」か 宮内庁が危惧する「最終計画」が水面下で

美智子さまの問題点は何か?

良く知られていることであるが、美智子さまが皇室に入られることに反対する女性皇族は非常に多かった。それまで皇太子妃・皇后となる女性は、華族や皇室関係者の方であることが「常識」だったからだ。

宮内庁もまた、違う角度から、美智子さまにいくつかの懸念をしていたようだ。特に次の二つが取り上げられたという。

  1. クリスチャンであることについて
  2. 夜の奔放さについて

このうち❶について、すなわち美智子さまの宗教の問題についてはご存じの方も多いだろう。皇室は神道の中枢でありその存在そのものが宗教的なものだ。ゆえに他宗教との親和性は一つの論点となる。

じつは昭和も平成の時にも、皇太子妃の候補者を探す際に、お相手の宗教については「神道・仏教が望ましい」という条件があった。ここにキリスト教が含まれていない理由は、「天皇とキリストのどちらが偉いのか?」といった教学的な問題が背景に横たわっているからだ。現代人でそのような教学的問題に関心を持つ人は少ないだろうが、皇室は日本の伝統を継承している存在でもあるため、気になる人にはとても気になるのだ。

だが美智子さまはクリスチャンだった。昭和天皇もこれに「引っかかり」を感じられ、宮内庁を通じて懸念を伝えた。しかし皇太子殿下(現、上皇陛下)は、美智子さまにゾッコンであり、極めて結婚の意思は固かった。結局、押し切られる形でお二人の結婚は認められたが、その宗教については「自分の意思で未だ洗礼を受けていないから問題ない」という妥協点を見出した。

晴れやかな表情で婚約内定記者会見に臨む眞子さまと小室圭さん(2017年9月3日)

美智子さまの“夜の奔放”さ

つづいて❷の問題、つまり美智子さまの“夜の奔放さ”について述べよう。結論から言えば、結婚する前から他の男性と深い恋愛経験があり、乙女ではなかったことが問題となった。馬鹿らしいと思う人も多いだろうが、皇太子妃の条件には「処女が望ましい」というものがあった。結婚後に元カレが出てきた“暴露”でもされたら大変だというわけだ。

皇室評論家の河原敏明さんは、『週刊現代』1984年1月28日号で、皇太子妃候補について「浩宮妃の条件として、“処女”であることは無論、キスの経験などあってはならないとされている」と述べているが、それほどまで厳格になった理由には、やはり美智子さまの“凄さ”があった。

なぜ、美智子さまの「非乙女」が驚きをもって迎えられたのか?

それは美智子さまが候補者になった時、宮内庁が作家・三島由紀夫に連絡を取ったことに端を発する。というのも美智子さまは三島由紀夫と「お見合い」し、ご縁がなかったという結果になっていたからだ。聞くところによれば三島由紀夫側からから「お断り」をしていたらしい。その理由を宮内庁は知りたがっていた。

三島由紀夫からの返答は驚くべきものだった。なんと「お見合いのあと、正田家の娘さまから、“試し乗り”のお誘いを受けまして…。さすがに難しいということでお断りしました」というのだ。美智子さまにとって“お見合い”は、今でいう“出会い系”と同じようなものだったのかもしれない。

三島由紀夫

思えば美智子さまはいつも上皇陛下を「子供扱い」していた。美智子さまが上、上皇陛下が下という皇室には似つかわしくないいびつな関係であった。これは皇太子妃時代から変わらなかったという。

このような上下関係が生じた原因は、結婚後初夜の上下関係にあったのかもしれない。

皆うすうす感づいていたであろう事実を再確認した。

美智子さま「残飯を雅子さんのカバンに入れておきなさい」 元気を出して欲しい上皇后の“慈悲”

悠仁さま“担保”に、小室母子が「数千万円の金策」か 宮内庁が危惧する「最終計画」が水面下で