紀子さま、アンチに「お・し・ま・い DEATH!」と大喜び 立皇嗣の礼「挙行決定」にガッツポーズ



文/高山麻子

立皇嗣の礼は11月8日に決定

政府は8日、皇位継承に伴う式典委員会を開き、秋篠宮殿下が皇位継承順1位の「皇嗣」となったことを国内外に宣明する「立皇嗣の礼」を11月8日に挙行することを決定した。式典委員会は、菅義偉総理が委員長を務めており、委員会は首相官邸で開かれた。

当初、4月19日に予定されていたこの儀式は、同時期に国内で新規感染者が急増し、緊急事態宣言が発令されたことなどから当面の間見送られることとなっていた。ある政府関係者は「今のタイミングであれば、安全に挙行することができる」と話す。また菅総理は委員会の席上で「お代替わりの一連行事の最後となる立皇嗣の礼が、多くの国民の祝福の中で行われるよう、感染対策を万全にした上で執り行いたい」と改めて国民からの理解を求めた。

立皇嗣の礼は、中心儀式である「立皇嗣宣明の儀」と、天皇陛下にお会いする「朝見の儀」で構成される。朝見の儀は、秋篠宮殿下が皇嗣となった感謝と決意を天皇陛下と皇后雅子さまに奏上する儀式である。

平成の「立太子の礼」

注目が集まっていた招待者の数や、賓客らとの祝宴にあたる「饗宴の儀」については規模を縮小する運びとなった。「立皇嗣宣明の儀」の招待客は当初約350人で予定されていたものが約50人に絞られ、マスク着用になるという。「饗宴の儀」に関しては取りやめとなった。

秋篠宮さま、立皇嗣の礼の決定に“泡を吹かれる”「当日ドタキャンの可能性が高い」と関係者

紀子さま、盛大なガッツポーズ

さて、この決定を受けて、秋篠宮家には慶びの色が広がっているという。

「儀式の年内挙行が決まり、紀子さまは大変喜ばれています。一報を聞き届けられた際にはドラマ・半沢直樹の大和田よろしくアンチ勢に対し『残念でした~!』『中止運動はもうお・し・ま・い DEATH(です)!』と大きなお声とガッツポーズで喜びを表現されていたそうです。

紀子さまは、宮内庁や政府に『立皇嗣の礼の前に、皇位継承議論を行って欲しい』『直系長子である愛子さまに立太子の道を』といった意見が非常に多く寄せられていたことをご存知で、これを疎ましく思われていましたので、日程が決まり、つい舞い上がってしまったのでしょう」(秋篠宮家関係者)

一方で、儀式の内容については、かねてより政府に「できるだけ盛大に」との要望を伝えられていたとも報じられている。このあたりが、11月まで日程がずれ込んだ要因となったようだ。

「官邸としては規模を縮小してでも10月中には行いたいと考えているようです。立皇嗣の礼は一連の御代がわり行事の締めくくりとなるもの。このままではいつまでも御代がわり行事が終えられません。

ですが、当の秋篠宮家側は 規模の縮小には消極的だそうです。特に紀子さまは“当初予定されていた規模で盛大に儀式が行えるまで、できる限り待ちたい”とお考えだと聞きます。そのため『急ぐ官邸』と『待ちたい秋篠宮家』とで、齟齬があるようです」

女性セブン2020年8月20・27日号

儀式が多くの人からの祝福を受けて盛大に、華やかに執り行われることを希望されていた紀子さまは、簡素化については未だに許容できないといったご様子であるという。

「立皇嗣の礼は、世界に向けて次の天皇家が秋篠宮家であることを示す、とても重要な儀式です。コロナのことがなければ、饗宴の儀も2回行われていたはずで、『豊明殿』と『春秋の間』で盛大なパーティーが開かれ、両殿下は主役として多くの賓客を前に輝かれるはずだったのです。紀子さまは皇室に入られて以来、秋篠宮家が将来天皇家になることを悲願とされてきましたので…」(同前)

宮中晩餐会や英国への公式訪問を希望される紀子さま

饗宴の儀は当初、三権の長や政府関係者、外国の駐日大使ら計730人の招待を予定していた。この祝宴がないだけでも、儀式はぐっと貧相になる。ある宮内庁関係者によれば、すでに秋篠宮家は政府に、コロナ終息後に改めて国事行為として「宮中晩餐会」を行うように要望を伝えられているという。またこれに加えて、終息後に英国や欧州王室を歴訪し、皇嗣家として海外王室との交流を深める機会を持ちたいとも希望されているようだ。この件について、皇室ジャーナリストの佐藤公子氏はこう話す。

「紀子さまは、海外のロイヤルと親友のような関係性を築いている雅子さまに大きなあこがれと対抗心をお持ちだと聞き及びます。皇嗣妃として、雅子さまの皇太子妃時代の活躍以上に輝かれたいと願われているのでしょう。

ただ、盛大な祝福や儀式の要望ばかりを出される前に、眞子さまの件についての解決についても注力していただきたいものです」(佐藤公子氏)

立皇嗣の礼が済めば、いよいよ眞子さまから小室圭さんとの結婚について何らかの発表が出されると見られている。紀子さまには、まず家庭内の問題にじっくりと向き合う姿勢が求められている。

秋篠宮さま、立皇嗣の礼の決定に“泡を吹かれる”「当日ドタキャンの可能性が高い」と関係者