竹田恒泰氏、ご不敬「天照大御神はいらない」と皇統譜にケチ 『天皇の国史』は皇室解体を目指すのか?



文/小内誠一

皇統譜における天照大御神

皇室の権威と正統性の法源は、神話まで遡るとされる「家系図」にあると言っても過言ではない。神話の神々から今上陛下までの系譜を記した家系図を「皇統譜」という。いくつか種類があり、南朝の系譜で紡ぐか北朝の系譜で紡ぐか、神功皇后を天皇として認めるかどうかなど差異はがあるが、基本的には同じ構成になっている。

この皇統譜のなかで「皇祖神」(皇室の祖とされる神)と崇められているのは女神・天照大御神だ。なぜ天照大御神が重要なのかといえば、「葦原千五百秋瑞穂の国は、是、吾が子孫の王たるべき地なり。爾皇孫、就でまして治らせ」という“天壌無窮の神勅”を瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)に下し、この神勅に基づいて皇位が天皇家によって子々孫々紡がれていると解釈されるからだ。男系派の論客・谷田川惣氏も「皇位継承の大原則は血統原理となるのだが、それは何に基づくのかというと“天壌無窮の神勅”にある」と強弁する(『皇位継承辞典』PHP)。

だがこの皇統譜には男系派にとって痛い箇所がある。というのも皇統譜によれば「天照大御神」の次は、須佐之男命(スサノオノミコト)との間に生まれた「天忍穗耳尊」だ。なので、皇統譜における世系第一から世系第二への最初の継承は女系なのである

女系継承が重視される皇統譜

このように“天壌無窮の神勅”を下した皇祖神・天照大御神からの最初の継承は女系で紡がれた。これは愕然たる事実なのだが、歴代天皇が男系で紡がれてきた皇統の原則と矛盾するようにも感じられる。

おそらく真相は、かつての皇統は男系・女系という意識なく紡がれてきたのであって、結果的に男系継承となった原因は「男性優位社会と近親婚」ゆえにであろう。皇統は男系という概念が明確化されたのは明治になってからであると指摘されていることもこれを裏付ける(『天皇はいかに受け継がれたか』績文堂出版)。

しかし男系派からすれば、皇統譜の天照大御神から天忍穗耳尊への継承が「女系」であったことを認めることが出来ない。皇位継承問題の議論が交わされる中、女性天皇・女系天皇を容認する理論的根拠になるからだ。なので色々と詭弁を弄して反論するのだが、竹田恒泰氏の最新著書『天皇の国史』もこれに漏れずあれこれ述べていた。

その中でも驚いたのは「天照大御神不要論」を唱えていることだ。次のように述べている。

天忍穗耳命は天照大御神と須佐之男命の子であり、須佐之男命は伊耶那岐神の子であるから、天之忍穗耳命から伊耶那岐神まで男系で繋がっている。

竹田恒泰『天皇の国史』PHP研究所、2020

皇統譜を読まない

竹田氏が、天照大御神(世系第一)から天忍穗耳尊(世系第二)への継承を、女系ではなく男系だと主張するのは、皇室へ「不敬」であると言わざるを得ない。というのも、皇統譜を見返せば明らかなのだが、歴代天皇には「妃」の名前が書かれるのに、天照大御神の個所には配偶者である須佐之男命の名前は出てこない。

つまり皇統譜は、天照大御神から天忍穗耳尊への継承に、須佐之男命は入り込まない記述になっており、母から子への女系継承を重んじている。現物の写真があったので転載しよう。

皇統譜(ゴー宣ネット道場より)

男系を重んじるあまり、皇室への尊崇の失うようでは「不忠」であり「不敬」であろう。皇統譜をないがしろにすることは、皇室の権威を失わさせ解体に導くだろう。かつて竹田氏は、保守派がそろって雅子さまをバッシングする中にあって、一人「雅子さまにとって安むことは公務だ」と庇った。私は竹田氏の勇気ある言動に大いに感動したものだ。この時の尊王の気持ちを思い出し、竹田氏が「愛子さま即位」を支持する日が来ることを祈ってやまない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です