「立皇嗣の礼」規模縮小に、紀子さまニンマリ「浮いた予算で衣装の新調も出来ますね」



文/木下聡

「立皇嗣の礼」は規模を大幅に縮小しての開催に

今月9日、政府は閣議にて、秋篠宮殿下が皇位継承順位1位の「皇嗣」になられたことを内外に広く伝える「立皇嗣の礼」を来月11月8日に行うことを決定した。

政府は、閣議決定がなされる前日の8日に、皇位継承に伴う式典委員会を首相官邸で開いた。首相は席上、「一連の式典の最後を飾る立皇嗣の礼が国民の祝福の中で滞りなく行われるよう、感染症対策に細心の注意を払いながら準備に万全を期したい」と述べている。

今回の儀式では、新型コロナウィルスの感染防止対策として、宣明の儀の招待者を約350人から約50人に減らし、祝宴にあたる「宮中饗宴の儀」を取り止める。また、両陛下と秋篠宮ご夫妻を除く参列者にはマスク着用を求め、秋篠宮殿下が皇嗣であることを陛下が宣言される「立皇嗣宣明の儀」に使う宮殿「松の間」はガラス戸を開放して密閉を避けるという。

即位関連の一連の式典の最後を飾る儀式であるだけに、コロナウィルスの感染者数の増加が落ち着き見せる中、政府内には「盛大に儀式を行うのが良いのではないか?」という意見もあったが、今後の皇室行事の予定なども勘案し、大幅に規模を縮小しての開催となったという。

眞子さま“スルメイカ”に「圭くんの臭いがする」の告白 秋篠宮さま「まさかアイツのを…」の慟哭

儀式の規模縮小を容認された紀子さま

週刊誌等のメディアでは、今回の「立皇嗣の礼」の開催に関して、紀子さまは儀式を盛大に執り行うことを要望されており、規模を縮小させて、「出来る限り早い時期に儀式を開催させたい」とする政府の方針との間で意見が対立しているとも報じられた。

実際に、そうした意見の対立は存在し、政府の方針と紀子さまのご意向との間で調整もなされたようだ。とはいえ、調整開始後、紀子さまは思いのほかすんなりと、「規模を縮小して11月に開催する」という政府の方針を受け入れられたという。

「今回の儀式は、天皇家の地位が、現在の天皇ご一家から秋篠宮家へと移ることを国内外に広くアピールするという意味もあり、秋篠宮家にとって極めて重要な儀式です。

そのような儀式ですから、当然紀子さまは盛大に執り行うことを希望されておりました。そのため規模を縮小して開催するという政府の方針を受け入れていただくためには相当な努力が必要になると考えられていたのです。

しかし、実際には意外なほどにすんなりと紀子さまは政府の方針を受け入れられ、“それでかまいません”と仰られました(宮内庁関係者)

紀子さまは、政府方針を認められた際に、ある一つの条件を求められたという。

「紀子さまは、儀式の縮小という条件を受け入れる代わりとして、政府に対し“儀式の規模を縮小しても儀式のための予算は一切減らさないことにして欲しい”とご要望を出されました。

政府はこうした紀子さまのご要望を受け入れたのですが、宮内庁の職員を通じて、この条件が認められたことを知られた際に、紀子さまは大変喜ばれ、“コレで衣装を新調できますね”と仰られました(前出の宮内庁関係者)

紀子さまは、現在、「立皇嗣の礼」のために、新たに十二単を新調されることを望まれているという。儀式のために使われる経費の詳細な内訳は分からないが、当初予定されていた4000万円の予算のまま、招待客を350人から50人に減らし、祝宴のための立食も取りやめることから、大変高価な衣装でも新調することが可能であると思われる。

笑顔の美しい紀子さま

菊のカーテンと、皇室予算のブラックボックス

現在、ネット上では「立皇嗣の礼」の開催に反対する声も上がっているが、その中には、「4000万円もの税金を投入して儀式を行うのは納得できない」といった意見も多い。

まして、今回、儀式の規模が大幅に縮小されることが決定されたにも関わらず、4000万円の予算がそのまま使用されることに関して、Twitterなどのメディアでは疑問を持つ書き込みも多い。

招待客を減らし、祝宴を取りやめにすることで浮いた予算がどのように使われるのか、説明を求める声もあるが、実は、仮にこうした「浮いた予算」が紀子さまのための新しいご衣裳代に使われた場合には、その経費について正確に知ることはほぼ不可能であるという。

「実は、現在皇族方の召されているご衣裳の経費はほとんどが非公開となっております。これは、以前美智子さまが皇后陛下であった時代に、膨大な規模の予算を使い高額のご衣裳を次々に新調されていたことがメディアや国民からバッシングを受けたためです。

週刊誌等のメディアからあまりにも激しいバッシングを受けたために、美智子さまは政府と宮内庁に”皇室で使用される衣装代を非公開とする”ようにと要望を出され、実際に平成のある時期から皇族方のご衣裳にかかった経費は原則非公開となったのです。

ですので、仮に今回“立皇嗣の礼”の儀式の規模縮小により浮いた予算を紀子さまのご衣裳の購入費に充てた場合には、その予算は非公開となり、国民にはそうした事実が一切確認出来ないこととなります」(同前)

紀子さまは、現在、これまで召されていた十二単から、「皇嗣妃として、そして未来の天皇の母として相応しい、煌びやかな十二単」への新調を強く要望されているという。

先の宮内庁関係者によると、こうした紀子さまのご要望が叶えられる可能性は非常に高いという。紀子さまも新たなご衣裳を大変心待ちにされているようだ。

とはいえ、国民の血税によりその生活やご活動が支えられている皇族の紀子さまが、このように身勝手に振る舞われ、かつご自身の満足ばかりを求められていることに関しては疑問を持たざるを得ない。

ご自身の欲望や振る舞いを厳しく律し、皇族として相応しい品性を見せられることで初めて、国民からの尊敬を得ることが出来る。そうした事実について紀子さまは、今より深く認識されるべきだろう。

眞子さま“スルメイカ”に「圭くんの臭いがする」の告白 秋篠宮さま「まさかアイツのを…」の慟哭