眞子さま絶句…小室家「連続自殺」の裏に「借金地獄」の新事実! 親族「結婚してはいけない」の願い



文/佐藤公子

結婚は決定的に

13日の定例記者会見で加地皇嗣職大夫は、眞子さまの“お気持ち”が綴られた2枚の紙をメディア陣に配った。いわずもがな眞子さまの“結婚必要宣言”だ。「結婚は、私たちにとって自分たちの心を大切に守りながら生きていくために必要な選択です」と語られたその文面には、眞子さまの強い意志が込められている。

近現代史の専門家、小田部雄次さん(静岡福祉大学名誉教授)は、今回の文書について「ずいぶんとステレオタイプな『お気持ち』だなと感じました。『とにかく結婚します』『諦めません』というのは結構ですが、国民が知りたがっている小室さんのお母様の金銭問題については、何ら説明はありません」と語る(週刊新潮2020年11月20日号)。

秋篠宮殿下は2018年11月の誕生日会見で、“納采の儀”を執り行うためには「それ相応の対応」を通して「国民の祝福」が得られている必要があるという見解を出された。だが今回の文書中では、この「それ相応の対応」についてはは触れられず、「国民の祝福」について眞子さまは「様々な理由からこの結婚について否定的に考えている方がいらっしゃることも承知しております」と述べられている。

元宮内庁職員の小内誠一さんは語る。

「秋篠宮殿下が出された“宿題”は終わっていません。ですから宮家として“納采の儀”を執り行うことは難しいのではないでしょうか。かといって宮中儀式を経ないで結婚を強行するというのは前代未聞で、それこそ秋篠宮家の威信にかかわります。皇室は少女漫画ではありません。三十間近の男女が駆け落ちしても、世間がこれを称賛するとは考えにくいです」(小内誠一さん)

恋する乙女は無敵。眞子さまの美しい笑顔が記憶に新しい。

秋篠宮さま“誕生日会見”「結婚を認めるが、婚約は認めない」のご発言!眞子さま「婚姻行事せずに降嫁」へ

小室圭さん父の一件

秋篠宮殿下が仰った「それ相応の対応」とは、小室圭さん母・佳代さんに起きた「金銭問題」を円満に解決することだ。だが、元婚約の代理人に話を伺うと「お話しできるような進展は今のところありません」という。話し合いが始まらない理由について、さるベテラン皇室ジャーナリストは次のように推測する。

「小室家は父・敏勝さんが亡くなられてからお金に苦労してきたので、『支払う』ということに人一倍敏感なのでしょう」(皇室ジャーナリスト)

小室家からは3名の自殺者が連続して出ている。一人は小室圭さんの父・敏勝さん、そして父方の祖父と祖母だ。今回の記事は、敏勝さんと借金の関係について焦点を当てていきたい。

小室圭さんの父・敏勝さんは明治大学理工学部建築学科を卒業したのち、1988年から横浜市役所に技術(建築)吏員として入庁した。職場の同僚は、当時の敏勝さんについて次のように語る。

「小室(敏勝)さんは明るい方でした。精神的に病まれ休職中でしたが『亡くなられた』と知らせを受けたときには驚きました。もちろん死因の仔細ついては職場内で発表はありませんが、自殺であるということは暗黙の了解でした。

葬式には私も含め同僚たち4人が出ました。佳代さんは冷静にされていましたが、圭さんは泣きじゃくっていたのを覚えています。圭さんは当時まだ小学生でしたから当然でしょう」(敏勝さんの同僚)

敏勝さん自殺の理由は「借金」か

小室佳代さんと敏勝さんの華やかな結婚式。幸せに満ちた未来を想い描いていたに違いない。

敏勝さんが自殺した原因は、精神的に病んでいたからであることはよく知られる。だがそうなった原因についてはあまり知られていない。これについて、職場の同僚は次のように語る。

「敏勝さんは、まだ元気なころ、お酒の席で『私立学費に、バイオリン教室のレッスン代に、習字に水泳にソロバンに学習塾にって大変だよ。実家によく借りに行っているよ』と冗談交じりに言っていました。金銭的不安が敏勝さんの精神に負担をかけたのかもしれませんね」(同前、敏勝さんの同僚)

佳代さんは教育熱心であり、3歳から圭さんにヴァイオリンを習わせたり、私立の小学校に通わせるなど、公務員の給料ではかなり厳しい家系事情だったろう。

敏勝さんが自ら命を絶ったのは2002年3月5日のことだ。この前後から、敏勝さんが金策に走っているという証言が得られた。

小室敏勝さんの近縁者が次のように語る。

「亡くなる前の年の秋のことです。敏勝さんから突然連絡があり、近くの喫茶店で会いました。すると『10万円貸して欲しい』と突然の土下座。さすがに驚きました。お盆にはアウディに乗って本家に帰ってくるし、子供は私立に通わせて、ずいぶん羽振りがいいと思っていたので驚きました。

事情を聴くと『 妻(佳代)は使うばかりで、向こうの両親の生活費まで面倒を見ている。住宅ローンの返済も滞っている。借金地獄だ』と。ご両親や、本家の方に借りるように言ったのですが、両親からは『佳代と離婚しなければビタ一文渡せない』と言われていたようです。

精神的に参っていたようで『どうすればいいのか』と何度も何度も。敏勝さんが自殺しのは借金苦で精神を病んだからでしょう。苦しい思い出です」(敏勝さんの近縁者)

またマンションの近隣住民も次のように語る。

「小室さんところは外車に乗ったり、いろいろ派手でした。息子さんを私立の通わせ、片道1時間半以上かかるので、都内にマンションをもう一つ借りていた時期もあるそうです。

ですが敏勝さんは、亡くなる少し前から、外車を手放したり、金策に走っているようでした。その時期、佳代さんと何度かお茶会をしたことがあるのですが、お金を払わないでいつも途中退席でした」。相当、お金には苦しんでいたと思いますよ」(小室佳代さんの友人)

強い絆で結ばれた親子愛。高校時代の友人の話では「理想の彼女は?」の問いに圭さんは「美しいママが理想!」と語っていたそうだ。

不動産登記簿から見る小室家の金銭状況に、眞子さま「絶句」

小室圭さんの父・敏勝さんが精神的に病んでしまい、自殺に至ったことは知られる。今回の取材で「住宅ローンの借金苦」があったことが明らかになったが、これが敏勝さんの心を病ませたのであろうか?

これを確かめるべく不動産登記簿を入手し分析した結果、驚愕の事実が明らかとなった。小室一家が住まう横浜の分譲マンションは1994年に購入されたものであるが、多額のローンが組まれている。抵当権の欄から少なくとも三社から借りていたことが解る。

  1. 富士銀行(住宅金融公庫) 2,450万円(利息:1250万円に年3.60%、1200万円の年3.75%)
  2. 横浜市建築助成公社 1,180万円(利息:当初10年3.60%、11年目以降3.75%)
  3. 日本ハウジングローン 200万円(利息:年5%)

合計すれば3,830万円の借金だ。

当初の分譲価格はおよそ4,000万円であったから、ほぼ全額を借金して購入したことになる。1994年の住宅ローンの平均利息は年4%程度なので、平均的な利息で借りている。固定金利で借りており、平成不況の入り口で借りてしまったことから、3,830万円の負担はかなり大きいものだったろう。

一年目は利息だけで142万円。公務員であった敏勝さんの手取りは400万円ほどであったと推測されるから、返せない額ではない。だが、返済は滞っていた。

それが解るのは借入❸「200万円、利息:年5%」の仔細からだ。これを弁済し終えたのは、不動産登記簿によれば「2001年12月12日」あり、7年半(90か月)ほどかかっている(総額240万円弱ほどの返済)。

ほかの❶❷の債務は❸と同額弱(最も金利が高いものから優先して返済していたと考えられる)ほど弁済していたとするならば、7年半(90カ月)ほどかけて700万円程度しか、言い換えれば一月あたり8万円弱程度しか返せていなかったことになる。1年目の利息が142万円だったことを考えると、小室家の借入総額は7年半前からほとんど減っていなかったと推測される。

登記簿の一部(加工済み)

以上の関係者の証言と、登記簿の記録から、小室圭さんの父・敏勝さんが借金苦に悩みぬいた末、自殺してしまったという仮説は俄然説得力を持つだろう。佳代さんの贅沢三昧の生活が、小室家の財政事情を悪化させていたことは容易に想像がつく。眞子さまも絶句されるに違いない。敏勝さんが亡くなられた時、小室家の本家筋から佳代さんは「あなたが殺したようなものだ」と言われたそうだが(週刊文春2018年5月3・10号)、その真相に光を照らす結果になったのではないだろうか。小室本家の親戚筋は次のように語る。

「眞子さま、小室佳代さんに関わってはいけません。圭さんとだけは結婚してはいけません。皇室が乗っ取られます」

秋篠宮さま“誕生日会見”「結婚を認めるが、婚約は認めない」のご発言!眞子さま「婚姻行事せずに降嫁」へ