2022年4月

眞子さま

眞子さんと小室さんだけじゃない…「国民の理解と納得」の外ですでに多様化している“現代皇室の真実”

眞子内親王は、年収や地位や出自ではなく、ただ一緒にいて居心地がよいとの理由で、小室を選択したように見える。小室はかけがえのないパートナーであるはずだ。  かつての皇室は、近代家族化のシンボルであった。その恋愛と結婚は、人...