美智子さま「雅子さんたちに伝統の大切さは分かりませんから」 前例踏襲せぬ陛下に慈愛の許し



文/木下聡

天皇陛下 “新型コロナ”言及で異例の追悼式に

今月15日、戦後75年の節目を迎えたその日に、政府主催の全国戦没者追悼式が、開催され天皇皇后両陛下もマスクを着用して臨席された。

今年は、新型コロナウイルスの感染対策のため規模を縮小して開催された。昨年は約6,000名いた参列者を今回は540人と人数を制限。戦後初めて規模を縮小しての全国戦没者追悼式となった。

天皇陛下はおことばを述べられたが、昨年とほぼ同様の内容の中に、「私たちは今、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により、新たな苦難に直面していますが、私たち皆が手を共に携えて、この困難な状況を乗り越え、今後とも人々の幸せと平和を希求し続けていくことを心から願います」という新型コロナウイルスについての言及を加えられた。

かつて上皇陛下は、戦没者追悼式のおことばを述べられる際に、東日本大震災さえも直接触れなかったことをことから、こうした問題について言及されるのは異例のことであるとして多くの注目を集めた。

信子さま「週刊誌に情報を売ったのはアナタ?」 黒幕はやはりあの人…

両陛下のご臨席に感動する参列者

今年の春以降、天皇皇后両陛下はコロナウィルス対策のため外出を控えられており、戦没者追悼式についても「参加は難しいのではないか」といった声が政府関係者の間で上がっていたようだ。

「コロナウィルスの大変な時期ではありますが、両陛下が追悼式に参加されたのは、まさに戦没者への慰霊と平和の希求に関して特別な思いを抱かれているからに他ならないでしょう。

ご体調に波があるため、普段の公務では、直前まで出席するかどうかをお決めにならないことも多い雅子さまですが、今回の追悼式に関しては、2ヶ月ほど前から関係者らに“出席の意向”をお伝えになられていたようです」(全国紙社会部記者)

戦没者追悼式に天皇皇后両陛下が臨席されることは国民にとって大きな意義を持つ。昨年、追悼式に参加し兵庫県代表として献花した森本堅介さん(79)は、『週刊女性PRIME』の取材に答え、陛下がご臨席されることの感動について次のように述べている。

「昨年は献花という重責を感じながら参加させていただきました。しかも、ちょうど両陛下の目の前の席となり、手足が震え、言葉に言い表せないほどありがたい体験で、献花した際には涙が出ましたね。

 上皇ご夫妻は平成時代、世界各地の戦争地にまで足を運んで慰霊され、戦争体験を語り継がれました。われわれも同じように親から子、子から孫に、戦争の悲惨さを絶対に語り継がなければなりません。今後も両陛下には、追悼式へのご出席を通じて、平和の大切さを国民に伝えていただきたいと思います」

『週刊女性PRIME』(2020年8月20日)

また、今年は、コロナウィルスが蔓延する大変な状況にあっても、天皇皇后両陛下が臨席されたことに関して、多くの参列者が特別な感謝の想いを抱いたという。今年の式で献花した岩手県に住む浦川福一さん(75)は両陛下へのご臨席に関して次のように述べた。

「私の父親は’45年の2月に、フィリピンのルソン島で22歳の若さで亡くなりました。私はこの年の4月生まれなので、実際に父と会ったことはありません。父は家族に“今度会うときは『靖国神社』で。天皇陛下万歳”と伝えて逝ったと聞いています。

 つまり、両陛下に式典に出席していただくこと自体が、遺族にとってはありがたいことなのです。コロナ禍で大変な時期にもかかわらず、参加していただきうれしい限りです。“もう2度と戦争はしないように”という、上皇ご夫妻や両陛下の決意が感じられます」

同前

上皇職からは、前例踏襲せぬ陛下に不満の声も

このように、両陛下のご臨席と、天皇陛下のおことばは多くの参列者に深い感動を与えたが、実は、今回の陛下の“おことば”に関して、上皇ご夫妻に仕える上皇職の一部からは不満の声も上がったという。

「今回の戦没者追悼式にて陛下の述べられたおことばは新型コロナウィルスについても言及されるなど、これまでにない異例の内容となりましたが、この点に関して、一部の上皇職の間からは“これまでの前例を踏襲しないおことばは上皇ご夫妻への敬意を欠いている”として不満の声も上がっているようです。

陛下は、皇太子であった平成の時代から上皇陛下に対して批判を述べられることもありましたが、代替わりが行われて以降は特に、上皇職の間で、“年長者に対する礼を欠くのではないか”と上皇軽視に対する懸念が広がっているのでしょう」(宮内庁関係者)

天皇陛下が新型コロナウィルスについて言及されるなど、これまでと違った内容のおことばを述べられたことは、「新しい時代への変化の兆し」として、週刊誌等のメディアからは好意的に取り上げられたが、上皇上皇后両陛下を心から尊敬し仕えている上皇職の一部からは違った意味で受け取られてしまったようだ。

しかし、実は、こうした上皇職の不満を和らげたのは、ある美智子さまのご発言であったという。

「こうした上皇職らの不満を察知された美智子さまは、憤る職員らに対して“雅子さんたちに伝統の大切さは分かりませんから”と述べられ、上皇陛下の前例を踏襲されなかった天皇陛下のおことばは必ずしも上皇陛下に対する敬意の欠如ゆえのものではないと説明されたのです。

もちろん、こうした説明に納得のいかない職員もいたようですが、多くの職員は“美智子さまがそう仰られるなら”ということで、憤りの感情を静めることが出来たようです」(前出の宮内庁関係者)

美智子さまは、こうした天皇陛下の新しい取り組みに対して、「自分たちのやり方が否定された」と憤るのでなく、むしろ、新しい時代を担うための新たな取り組みとして高く評価されているという。

こうした寛容さと柔軟性を見せられることが出来るのも、ひとえに美智子さまの無私と慈愛の精神の賜物であるといえるだろう。

信子さま「週刊誌に情報を売ったのはアナタ?」 黒幕はやはりあの人…


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です